うだるありぞな
熱いアリゾナの四人姉妹サイト











 



今回は、1974年の「サブウェイ・パニック」のリメイク「The Taking of Pelham 1 2 3 / サブウェイ123 激突





ランキングに参加してます。 クリックお願いします。
  


午後2時、ニューヨーク地下鉄運行司令部で働くガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ペラム発1時23分の電車が緊急停止したことに気付く。
しかも、その電車はなぜか1両だけほかの車両と切り離されて停止していた。
胸騒ぎを覚えたガーバーが無線連絡すると、ライダー(ジョン・トラヴォルタ)と名乗る男が人質19名の命と引き換えに、残り59分で1,000万ドルを市長に用意させるよう要求してくる。...(シネマトゥデイより)

     
     最近少しお腹の出ている役が多い気がするが。

     
     何か胡散臭いメキシカンの親玉のよう

     
     この人は、犯人以上に怪しい


1974年の「サブウェイ・パニック」のリメイクだそうだ。

いつも言うが、邦題を何とかして欲しい。
先ずなんて読むんだ。 「サブウェイ いち に さん げきとつ」だと、かなりリズムが悪い。 いっそのこと、「サブウェイ げきとつ いち に さん」にしたほうがいい。
そんなに日本語にこだわるなら「サブウェイ パニック」でいいと思うのだが。
配給会社に暇な奴がいるに違いない。

監督は、あの「トップガン」のトニー・スコット。
この人は、最近「デジャヴ」、「マイ・ボディガード」といった作品で、主演のデンゼル・ワシントンと組んでいるので気心知れた仲なのだろう。
もう一人の主役は、ジョン・トラヴォルタ。
最近コメディーづいていると思ったら、今回は狂気の悪役を熱演。
脇に、「トランスフォーマー」でおなじみの、狡賢い役が得意なジョン・タトゥーロ。
それなのに、この人は警察関係の役が多い。
そして顔だけは、根っからの悪人のルイス・ガスマン。

オリジナルのキャストを見てみたが、これがすごい。
ウォルター・マッソーとロバート・ショウの共演だ。
渋い役者のキャストだったようだ。


     
     これがペラム123

     
     私が王様です!!

     
     人ごみにまぎれても怪しい

     
     こんなところに抜け穴が


強奪した地下鉄車両にいるジョン・トラボルタと、地下鉄のコントロール室にいるデンゼル・ワシントンとの謎の掛け合い、解き合いがこの作品の全てと言ってもいいだろう。
そういう面では自分的には大うけ、ただしアクションへの展開がイマイチ。

デンゼル・ワシントン演じるガーバーは、自分の仕事とは全く関係のない責任を負わされて犯人と対峙しなくてはならない。
ジョン・トラヴォルタのライダーは、頭の切れのいいガーバーを交渉相手に選び、交渉を有利に進めるために、関係のないガーバーの過去まで暴き立てる。
ガーバーの事件に巻き込まれたことへの戸惑い、自分の会社での立場や自尊心をズタズタにされる仕打ち、がむしゃらに犯人に食らいつく心からの正義、この辺の意識の変化をデンゼル・ワシントンはとても上手く演じている。

そして、昔のエリートからの没落、自己中心的な理由からの社会への復讐心、結局金が目的の高慢な狂ったハイジャック犯は、最近見かけなかったがジョン・トラボルタが得意とする役柄だと思う。
思わず、「フェイス/オフ」を思い出した。

デンゼル・ワシントンとジョン・トラボルタの2人芝居にはかなりの緊張感があったが、カーアクションシーンはあまりにも強引なこじつけでちょっとしらける。
もう少し脚本を工夫して、ストーリーの流れがスムーズになるように出来なかったのか。

最後の場面では、会話の中で生まれた不思議な男の友情みたいなものを持ってきたが、これは結構日本的な心情なのではないか。
コンピューター、携帯等の最近の小道具をふんだんに盛り込んでいるので、原作とどう違うのか是非比べてみたい。

     
     タイ・リースが珍しくうれしそう

     
     何か隣にいる人も含めて、怖い

     
     お前は何をしてるんだ


トリビア
オリジナルでも、日本の鉄道企業との賄賂のくだりが入っている。ただし、金銭ではない。


オリジナル


コメント ( 5 ) | Trackback ( 24 )


« フラフープ  »
 
コメント
 
 
 
こんばんはー^^ (KLY)
2009-09-06 00:52:03
全く邦題が適当ですよねぇ。私は激突とか要らないと思いますもん。そもそも激突はストーリーの本線じゃないじゃないですか。(笑)
とはいえ、PVぽい映像が大好きな私としてはオープニングからずっと引き込まれてたんですけどね。中だるみしそうになるとライダーが切れてカウントダウンしてくれるし。^^;
最近の小道具を一杯使っていたのは確かなんですが、いま一つ滑ってたというか、効果的な使われ方をしてなかったようには思いました。
 
 
 
KLYさん、 (かめ)
2009-09-07 09:52:37
こんにちは、
邦題は配給会社の人たちが、要らぬ仕事をしているように思えてなりません。
どうせ仕事するなら、もう少し質のある仕事をして欲しいですね。
 
 
 
ひゃくにじゅうさん (たいむ)
2009-09-14 15:50:41
こんにちは!
最近は特にネタバレ予告とセンスのない邦題が多くって困りますね。
そして今作に「123」は「いち に さん」ではなく「ひゃくにじゅうさん」なのだそうですよ(^^;私もよそ様のブログで知った時は「いずれにしても意味あんの?」って思いましたし(^^;

とはいえ、結構名優対決に引き込まれて見てました。あっけないラストだったけれど、そこはミルクが本当の〆ということで、気持ちよく退席です!
 
 
 
こんばんは (はらやん)
2009-10-06 19:47:48
かめさん、こんばんは!

アクションシーンはこじつけっぽい感じがありましたねー。
ガーバーとライダーの息詰まる会話だけっていうのもおもしろかったと思うんですけれど、やはりトニー・スコットは派手なシーンを入れたくなっちゃったのかな。
確かに邦題はセンスがないものが多いですよね。
僕も窓口で「サブウェイ」としか言わなかったですもん。
 
 
 
はらやんさん、 (かめ)
2009-10-08 15:04:35
コメントありがとうございました。
2人の会話でのやり取りには、引き込まれるのですが、どうもそれ以外のストーリーが空回りしているような気がしました。
カーアクションは、ちょっと動機が強引でしたし、最後も何かその前のストーリーとの繋がりが不自然だったような気がします。

ファンであるデンゼル・ワシントンが主演なので見る前から、期待度が高かったのも理由だと思うのですが。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
「サブウェイ123 激突」オッサン2人…激突! (シネマ親父の“日々是妄言”)
記事投稿日時 2009年8月27日0:30 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ豪華共演!そして監督はトニー・スコット!!何とも豪華な顔合わせだこと。「サブウェイ123 激突」(ソニー・ピクチャーズ ...
 
 
 
サブウェイ123 激突 / THE TAKING OF PELHAM 123 (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 1974年の『サブウェイ・パニック』を 『トップガン』他数々の名作&大作を送り出してきた名匠、 トニー・スコット監督(65)がリメイク! (兄はリドリー・スコ...
 
 
 
サブウェイ123 激突 (LOVE Cinemas 調布)
『アメリカン・ギャングスター』のデンゼル・ワシントンと『ヘアスプレー』のジョン・トラボルタという豪華2大スターが共演!1974年の『サブウェイ・パニック』を監督は『トップ・ガン』のトニー・スコット、脚本を『ボーン・スプレマシー』、『ミスティック・リバ...
 
 
 
映画 【サブウェイ123 激突】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「サブウェイ123 激突」 1974年の『サブウェイ・パニック』をトニー・スコット監督がリメイク。 おはなし:NY地下鉄、1時23分ぺラム発の列車の一両目がハイジャックされた。ライダー(ジョン・トラヴォルタ)と名乗る男が人質19名の命と引き換えに、残り59分...
 
 
 
『サブウェイ123 激突』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
昨日の夜は、新橋・ヤクルトホールでの『サブウェイ123 激突』の試写会に行ってきました。 開場して10分くらいで会場に到着したら、結構席がもう埋まっていて、後ろの方の空き席を探すのが大変でした。 これだけお客さんが入るってことは期待値のあらわれかもしれな...
 
 
 
サブウェイ123 激突 (だらだら無気力ブログ)
1974年の『サブウェイ・パニック』をトニー・スコット監督がリメイク。 ニューヨークの地下鉄をハイジャックした犯人と身代金の交渉役を務める ことになった地下鉄職員との緊迫感溢れるやりとりを描く。 ハイジャック犯をジョン・トラヴォルタが、犯人と交渉することに...
 
 
 
サブウェイ123 激突 奥さんの云うことはちゃんと聞きなさい! (労組書記長社労士のブログ)
【 44 -10-】 大阪労働大学に行きだしてから、週に2日(たまに3日)が潰れてしまうので、その他の日に仕事や用や飲み会やらが押し込まれてしまってなかなかフリーな日がない。 たまに友人から「飲みに行こうよ、いつが空いてる?」って聞かれて、「えーっと2週間後の・・...
 
 
 
「サブウェイ123 激突」 (てんびんthe LIFE)
「サブウェイ123 激突」試写会 ニッショーホールで鑑賞 トラボルタ大好きなんです。 すべてに見とれる。 「ナイトフィーバー」してる頃、2枚目だか同課は知らないけど痩せてて青臭いトラボルタなんてどうでもよくて、体系の崩れたあごのえぐれたどう見ても?の...
 
 
 
サブウェイ123 激突 (Akira's VOICE)
安全管理は万全に。  
 
 
 
[映画『サブウェイ123/激突』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆母親が、<MOVIX昭島>で、アンケートに答えたら郵送されてきたフリーチケットをくれたので、私が行ってきた^^    ◇  物語は、NY地下鉄の管制官ガーバー(デンゼル・ワシントン)が、地下鉄を乗っ取った犯罪者集団と、心ならずも交渉しなくてはならない...
 
 
 
サブウェイ123 激突 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『123号車、応答せよ─ 要求は何だ? この車両ひとつで、 NYはハイジャックできる。』  コチラの「サブウェイ123 激突」は、1974年にも「サブウェイ・パニック」として映画化されているジョン・ゴーディのベストセラー小説「サブウェイ123」を再映画化した9/4公...
 
 
 
サブウェイ123 激突  ペラム駅1時23分発 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
デンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタが、がっぷりと対決するサスペンス大作だ。地下鉄をハイジャックしたトラヴォルタの冷酷で頭の切れる悪人ぶりもいいし、一見さえない地下鉄職員を演じたワシントンの緩急自在の演技もすばらしい。幾重にも隠されたプロットが明...
 
 
 
サブウェイ123 を観ました。 (My Favorite Things)
予告編につられて、つい観た1本です。原題VS邦題かも?
 
 
 
「サブウェイ123 激突」みた。 (たいむのひとりごと)
これはスゴイ!・・なんて月並みな言葉になってしまうけれど、ホント緊迫感に満ちた約2時間を堪能。≪地下鉄職員VSハイジャック犯、二人の頭脳が激突するサスペンス・アクション≫の宣伝どおり、リアルタイムに進
 
 
 
サブウェイ123 激突!! (銅版画制作の日々)
 原題:THE TAKING OF PELHAM 123 123号車、応答せよ──要求は何だ?この車両ひとつで、NYはハイジャックできる。 もたもやリメイクか~~!と呟いてしまった。何と35年前の作品「サブウェイ・パニック」をリドリー・スコットの実弟であるトニー・スコット...
 
 
 
サブウェイ・パニック~『サブウェイ123 激突』 (真紅のthinkingdays)
 THE TAKING OF PELHAM 1 2 3  ニューヨーク。地下鉄運行管理官のガーバー(デンゼル・ワシントン)は収賄 容疑で告発され、管理職から降...
 
 
 
★「サブウェイ123 激突」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
いよいよTOHOシネマズのシネマイレージ6000ポイントを使って、 1ヶ月フリーパスをゲット。 1ヶ月間観まくるぞーーーって事で、初日は4本観ちゃいました。 その1本目。
 
 
 
『サブウェイ123 激突』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「サブウェイ123 激突」□監督・脚本 トニー・スコット □脚本 ブライアン・ヘルゲランド □原作 ジョン・ゴーディ □キャスト デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タトゥーロ、ルイス・ガスマン、ジェーム...
 
 
 
サブウェイ123 激突 (映画の話でコーヒーブレイク)
公開後初の週末はやっぱり混みますねぇ。久々に満席の映画館で鑑賞。 でもエンドロールが始まると、直ぐに席を立って退場する方が多かったのでちょっと驚きました。 暗い中、階段を下りるのは危ないよ。 あと5分くらい余韻を楽しんで、明るくなるまで待ちましょうよ~。 ...
 
 
 
映画「サブウェイ123 激突」 (FREE TIME)
映画「サブウェイ123 激突」を鑑賞しました。
 
 
 
「サブウェイ123 激突」 ハズレのトニー・スコット作品 (はらやんの映画徒然草)
4度目のタッグとなるトニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンのコンビに、キレた
 
 
 
「サブウェイ123 激突」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
トラちゃんとデンゼルのやりとりは迫力ありでした・・
 
 
 
サブウェイ123 激突 (こんな映画見ました~)
『サブウェイ123 激突』 ---THE TAKING OF PELHAM 1 2 3--- 2009年(アメリカ) 監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タートゥーロ ニューヨーク、午後2時。 地下鉄運行指令室で勤務中のガーバー(デンゼル・ワ...
 
 
 
映画『サブウェイ123激突』を観て (KINTYRE’SDIARY)
9-51.サブウェイ123■原題:TheTakingOfPelham123■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:105分■字幕:寺尾次郎■鑑賞日:9月9日、渋東シネタワー(渋谷)スタッフ・キャ...