パーティーにて
現地時間6/10(木)、オーナーのポールとその家族・友人をビバ!ハウスに招待して、ウェルカムパーティーを開いた時のお話。
この日はビバ!ハウスの日本人も入れて総勢20人以上。ビバ!ハウスのシェフがてんてこ舞いになりながら、美味しい食事を作ってくれたでござる。拙者も微力ながらお手伝いしたでござる。
メニューは、生ハムサラダ・フィラデルフィアロール(クリームチーズとサーモンの巻き寿司)・生春巻き・お好み焼き・3種のチーズプレートなど盛り沢山。拙者はお好み焼きを担当したでござる。
料理中にポールの娘さんと友達が見学に来たので、お好み焼きのひっくり返しにチャレンジしてもらったでござる。二人ともなかなかの腕前で、見事にひっくり返したでござる。
最後にお好み焼きの説明をして(日本の西にある大阪CITYで、もっとも人気のある食べ物)、忍者の料理教室は終了。これがきっかけで、もっと日本に興味を持ってもらえたら嬉しいでござるな。
美味しい料理とお酒で盛り上がり、お互いの国について語り合う。パーティーは予想以上に大成功でござった。




左ランドリン14歳、右ゼリカ14歳。


何年目?
このパーティーの席で面白いエピソードがあったでござる。日本のアニメが大好きというミシェル19歳との会話。
何か忍者の技を見せて欲しいと言われたので「今は出来ない、危険な時しか忍術は使わない」と答えると、「じゃあ今から俺と戦おうぜ」とミシェル。「師匠から素人相手に忍術を使ってはダメだと教えられた」と忍者が言うと、「お前ホントは忍術使えないんだろ」とニヤリ顔のミシェル。ちょっとめんどくさくなってきたので「拙者はまだビギナーの忍者でござる。でも拙者の師匠はプロフェッショナルだから、凄い忍術を使えるでござる」と言うと、「お前は忍者になって何年だ?」と真顔で聞いてくるのでござる。拙者、ちょっと面白くなってきたので、「約4年でござる」と答えると、「それじゃあ使えなくてもしょうがないなあ。忍術は難しいからなあ」と納得したのでござる。彼の中で拙者は日本からやって来た本物の忍者で、上級忍者は全員映画の様な忍術が使えると、本気で思っているのでござる。
実はボツワナに行った時も、60歳位の女性に「あなたは忍者になって何年目なの?」とか「忍者の試験は難しいの?」とか「あなたの段位は何段目なの?」といった質問をされたでござる。
アフリカであった、ウソの様なホントの話。
ニントモカントモ。


一番左がミシェル19歳。


忍者とビバ!ハウスの面々。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ~南アフリカ... ~南アフリカ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。