初めてづくし
ご無沙汰の下の巻きでござる。
1.初のアフリカ大陸開催
2.初のヨーロッパ大陸以外でのヨーロッパ国の優勝
3.初の開催国のグループリーグ敗退
4.初の海外ワールドカップでの勝利(日本代表)

初の開催国のグループリーグ敗退
初の開催国のグループリーグ敗退。これは大きな出来事でござる。しかし1勝1敗1分けの勝ち点4・得失点差での敗退は、単なるグループリーグ敗退で片付けるには忍びない成績でござる。(ちなみに2002年の日韓大会では勝ち点4の得失点差同じ、総得点差1で敗退)
何よりも拙者が印象的だったのは、「確かにグループリーグ敗退は悲しい。でもフランスに勝ったんだ(ワールドカップの優勝経験国にワールドカップで)。最後の試合に勝ってワールドカップを終われるチームなんて、幸せじゃないか!!」と言っていた黒人さんの言葉。彼らの明るさやポジティブシンキングは、この後も続いた大会期間中も変わらなかったでござる。敗退という結果は残念でござるが「南アフリカでやったからこそ盛り上がった」という部分が確かにあり、拙者はこちらの方に注目するべきでは? と思うのでござる。ワールドカップはサッカーが全てではないのでござる。


初の海外ワールドカップでの勝利(日本代表)
素晴らしい瞬間に出会えたでござる。一生忘れる事のない、大切な宝物でござる。拙者の友人達も同じ様に思う人が沢山いたでござる。
そして学んだ事。
「ワールドカップの初戦で勝つ事が、いかに重要か」
何を今さら? と思う人もいるでござろう。拙者もそんな事は百も承知のつもりでござった。しかし今回初めて初戦勝ち点3を開催地で経験してみると、今まで拙者が考えてきたことはなんて軽いんだと思える位、説得力があったのでござる。
6/14の試合が終わった瞬間から、6/24のデンマーク戦までの、何と楽しい事か。気分がとても楽で日々が楽しいのでござる。オランダに負けたって大丈夫。だって三戦目があるから。2006年のドイツ大会の時とは違い、グループリーグ三戦目まで現実的な突破の可能性があるのでござる。
サポーターというものは、自分の応援するチームには勝って欲しい、良い結果を残して欲しいと考えるでござる。それがどんなに困難で低い確率だったとしても、可能性がある限り信じる、信じ続ける。その間の何と苦しい事か。経験した事のある方ならわかって頂けるのではないでござろうか?
その切ない時間を過ごす行為は、まるで報われない恋みたいなものでござるな。
ニントモカントモ。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ~総括の章~...   
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。