初めてづくし
ご無沙汰の下の巻きでござる。
1.初のアフリカ大陸開催
2.初のヨーロッパ大陸以外でのヨーロッパ国の優勝
3.初の開催国のグループリーグ敗退
4.初の海外ワールドカップでの勝利(日本代表)

初の開催国のグループリーグ敗退
初の開催国のグループリーグ敗退。これは大きな出来事でござる。しかし1勝1敗1分けの勝ち点4・得失点差での敗退は、単なるグループリーグ敗退で片付けるには忍びない成績でござる。(ちなみに2002年の日韓大会では勝ち点4の得失点差同じ、総得点差1で敗退)
何よりも拙者が印象的だったのは、「確かにグループリーグ敗退は悲しい。でもフランスに勝ったんだ(ワールドカップの優勝経験国にワールドカップで)。最後の試合に勝ってワールドカップを終われるチームなんて、幸せじゃないか!!」と言っていた黒人さんの言葉。彼らの明るさやポジティブシンキングは、この後も続いた大会期間中も変わらなかったでござる。敗退という結果は残念でござるが「南アフリカでやったからこそ盛り上がった」という部分が確かにあり、拙者はこちらの方に注目するべきでは? と思うのでござる。ワールドカップはサッカーが全てではないのでござる。


初の海外ワールドカップでの勝利(日本代表)
素晴らしい瞬間に出会えたでござる。一生忘れる事のない、大切な宝物でござる。拙者の友人達も同じ様に思う人が沢山いたでござる。
そして学んだ事。
「ワールドカップの初戦で勝つ事が、いかに重要か」
何を今さら? と思う人もいるでござろう。拙者もそんな事は百も承知のつもりでござった。しかし今回初めて初戦勝ち点3を開催地で経験してみると、今まで拙者が考えてきたことはなんて軽いんだと思える位、説得力があったのでござる。
6/14の試合が終わった瞬間から、6/24のデンマーク戦までの、何と楽しい事か。気分がとても楽で日々が楽しいのでござる。オランダに負けたって大丈夫。だって三戦目があるから。2006年のドイツ大会の時とは違い、グループリーグ三戦目まで現実的な突破の可能性があるのでござる。
サポーターというものは、自分の応援するチームには勝って欲しい、良い結果を残して欲しいと考えるでござる。それがどんなに困難で低い確率だったとしても、可能性がある限り信じる、信じ続ける。その間の何と苦しい事か。経験した事のある方ならわかって頂けるのではないでござろうか?
その切ない時間を過ごす行為は、まるで報われない恋みたいなものでござるな。
ニントモカントモ。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




初めてづくし
 前回の続きでござる。
1.初のアフリカ大陸開催
2.初のヨーロッパ大陸以外でのヨーロッパ国の優勝
3.初の開催国のグループリーグ敗退
4.初の海外ワールドカップでの勝利(日本代表)

初のヨーロッパ大陸以外でのヨーロッパ国の優勝
拙者の予想は南米国の優勝でござった。南米の優勝候補といえば、ブラジル・アルゼンチン。この両国の代表選手の大半はヨーロッパのクラブでプレーしているでござる。そして自国の代表戦などで長期の移動も多々あり、環境の変化に対する順応性が高い(高くなる)。それに対しヨーロッパ出身の選手はほとんどが自国でプレー、海外での代表戦も比較的近い国が多いし、移籍先もほとんどヨーロッパ。
ワールドカップで優勝するには、自分が慣れ親しんだ環境とは違う場所で1ヶ月以上の団体生活をしなければならず、故に環境の変化に対する順応性・適応能力が必要。この理由が、過去のワールドカップにおいてヨーロッパ国の優勝は全てヨーロッパ大陸での開催大会、という結果になっていると思ったからでござる。
そして次に考えたのが日程的問題。過去の大会の結果をみても、日程が厳しくなるF・G・Hグループの優勝は無いと思ったでござる。トップレベルの戦いにおいて、一番大事なのは実力。しかしワールドカップで優勝するには実力プラス運が必要だと思うでござる。その運の部分で重要なのが、組合せと日程だと思うでござる。その考えから出した答えが「アルゼンチン優勝」でござった。
しかし結果は大ハズレでござった。アルゼンチンが負けた理由・ヨーロッパとHグループのスペインが優勝した理由については、専門家の皆様に任せるでござる。
拙者はサッカーのシロウトなのでドロンするでござる。ニントモカントモ。




マタドールと忍者の中身の人。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




初めてづくし
今回の大会を「初めて」で振り返ってみるでござる。
1.初のアフリカ大陸開催
2.初のヨーロッパ大陸以外でのヨーロッパ国の優勝
3.初の開催国のグループリーグ敗退
4.初の海外ワールドカップでの勝利(日本代表)

初のアフリカ大陸開催
振り返ってみると、開催前は不安を抱かせる情報が多かった様に思うでござる。スタジアム工事の遅れ・治安問題とそれに伴う移動手段の不便さに観客の減少など。
その結果、今回のワールドカップはあまり期待できないのではないか? 行かない方が良いのではないか?などなど。
しかし終わってみると懸念された大きな問題はほとんど無く、今まで通りの楽しいワールドカップでござった。問題があったとすれば、移動手段の不便さを少々感じた程度でござろうか。
今回初めて南アフリカに来たという人は多いと思うでござる。特に日本人はアフリカ大陸自体が初めてという人も多いでござろう。拙者もワールドカップが無ければ、一生来る事も無かったかもしれないでござる。
拙者が会った人達は(主に日本人・外国の方少々)南アフリカワールドカップに来て良かった、楽しかった、意義があったと言っていたでござる。
拙者は南アフリカワールドカップに来てみて、南アフリカの人達のサッカーの楽しみ方を知る事が出来たのが良かったでござる。拙者の友人は、人権問題や経済格差について改めて考えさせられたと言っていたでござる。自国の活躍に立ち会えて幸せだったという人もいたでござる。開幕前に色々言われたマイナス要素はほとんど聞かれなかったでござる。
そして拙者が今大会の意義を聞かれたとすれば、「ワールドカップは世界のどこででも開催出来る事が証明された」と答えるでござろう。
どこでやってもワールドカップは楽しいのでござる。
ニンニン。(初めてづくし・中の巻きへ続く)














コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




勝てば官軍
ワールドカップもベスト8が出揃い、いよいよ終盤へ。我らが日本代表もベスト16という結果を手に日本に帰国。ニュースやワイドショーで連日取り上げられ、凄いフィーバー振りでござるな。
でも開幕前を振り返ってみると、まさかこの様な結果が出るとはとても思える空気では無かったでござる。2006年のドイツ大会時の様な盛り上がりとは明らかに違ったでござる。
しかし勝てば官軍、プロは結果が全て。逆境とも思える中でベスト16という結果を出した日本代表に、改めて敬意を表したいと思うでござる。
そして今回のテーマは勝てば官軍にかけて、「やれば官軍」でござる。

スタジアム探検
現地時間6/22(火)、アルゼンチンvsギリシャ戦を観戦しに、ポロクワネにあるピーター・モカバスタジアムに行ったでござる。


開始3時間半前にスタジアムに着いた拙者は、ビバ!ハウスのメンバーの松井君とファンブースを探していたでござる。ここで問題が発生。何とファンブースがセキュリティゲートの外にあり、すでにセキュリティゲート内に入りチケットの半券をもぎられた拙者たちは行けないと係員に言われたのでござる。今回は会場毎に設置場所が様々なので、これから南アフリカに観戦に行かれる方は注意でござる。(ダーバンのモーゼズ・マビダはセキュリティゲート内、ヨハネスブルグのエリスパークはチケットゲート内)。
仕方がないので、松井君とスタジアム内部を探検する事にしたでござる。拙者、もともとこのスタジアムに興味があったので、ゆっくり見て回る事が出来たのは怪我の功名でござった。
何に興味があったかというとこのスタジアム、総工費約140億円をかけて建設されたのだがワールドカップで使うのは全4試合で、大会後の利用の仕方が決まってないというのでござる。そんな新設のスタジアムはどんな造りなのかと興味津々だったのでござる。

やれば官軍
松井君と二人で30~40分程探検して物凄く気になった点が二つあったでござる。それはトイレとスタジアム照明でござる。
まずトイレ。横幅約10㍍ほどの壁に小便器が4つしかない。その倍は設置出来るスペースがあるのに。そして少し奥まった所に姿見用の鏡が1枚。これ、ここに要るかな? なのに手を洗う水道の前には鏡は1枚も無し。ここに姿見用の鏡を横に設置すればいいのに。




次にスタジアム照明。両ゴール裏のスタンド最上段に設置してある所。両脇の2基づつしか点灯してないのでござる。光量が足りているからかな?と思ったのでござるが、点灯してない場所を良く見ると、照明器自体が設置してないのでござる。ちなみにバックスタンドの両隅にある鉄の枠組みも、何にも付いてないのでござる。


そこで拙者が思った事。「あれ? このスタジアム未完成?」
いやまさか。スタジアムは2010年1月に完成してるから工期が足りなかった訳でもないし、建設費も140億円あるからお金が足りなくて途中で止めた訳でもないだろうし。
このスタジアムはバオバブの木をイメージしたデザインが取り入れられてるから、そのデザイン性かな?
きっとそうだ、そうに違いない。まさかワールドカップの会場が未完成だなんてそんな事ある訳ない。
拙者がどんな事を思おうが、このスタジアムでワールドカップの試合は行われているのでござる。(未完成?でも)やれば官軍なのでござる。
ニントモカントモ。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




キンダーガーデン
現地時間6/28(月)、バイロンの妹のターシャに招かれ、キンダーガーデン(幼稚園)に行って来たでござる。バイロンとターシャのお母さんのヴィラがオーナーで、ターシャは先生をやっているのでござる。
拙者が招かれた事をビバ!ハウスの面々に伝えると、同宿しているカメラマンの今井殿と水谷殿が同行を申し出たので、三人で行って来たでござる。
こちらのキンダーガーデン、0~3歳のお子さんが総勢20人程、先生が6人程で、日本で言う所の保育所の大きい版の様な感じでござった。
忍者を初めて見た子供たちは、ほとんどがキョトン顔。泣き出す子はいなく、ただキョトン。ハローと挨拶をしてもキョトン。先生たちが「ニンジャが来たよー」と言っても遠巻きからこちらを見るだけなのでござる。どうしようかと考えているとターシャが拙者に飴玉を渡して、「ニンジャが飴をくれるよー」と言ったのでござる。
すると一斉に襲い掛かる様に拙者の元に来るのでござる。飴玉は飛ぶように売れ、拙者もみんなと仲良くする事が出来たのでござる。ターシャの人心掌握術に感服した拙者、ここぞとばかりに手裏剣名刺プレゼントの術に出たのでござる。これもまたまた大人気。拙者、一躍人気者になったのでござる。


カメの甲より年の巧
プレゼントの術を覚えた拙者が上機嫌になっていると、後ろから楽しそうな気配が。見てみると、いつのまにか今井殿が子供たち5人に囲まれて人気者になっているのでござる。しかもプレゼント無しで。いったいどんな術を使ったのか観察してみると、子供たちをデジカメで撮ってその場で見せているのでござる。自分や友達が写ったカメラ画面を見て、子供たちは大喜び。まさかそんな手があったとは。今井殿、やるでござるな。聞いて見ると今井殿には小さい孫がいて、よくあやしているとか。まさしくカメの甲より年の巧でござるな。

この後は、0歳の赤ちゃんたちと記念撮影・最初の子供たちとボールを蹴ったり絵本を読み聞かせたりチャンバラごっこをしたりと、約1.5時間があっと言う間に過ぎたのでござる。
貴重な体験をさせてもらったターシャに感謝するとともに、一緒に遊んでくれた子供たち、快く迎えてくれた先生たちにありがとうと言ってお別れしたでござる。この日会ったすべての人に良い思い出になってくれればと願う次第でござる。

子供の笑顔は世界共通
今回思った事。日本の子供と南アフリカの子供の(今回は白人さんの子供のみ)違いはわからなかったでござるが、逆に子供の無邪気さ、笑顔の可愛さは世界共通だと思ったでござる。そしてその笑顔を絶やさない様にするのが大人の役目だと感じたでござる。
帰りの車で、拙者も子供が欲しくなったでござると言うと隣の今井殿が、「先に相手を見つけないとね」と。
ニントモカントモ。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




パーティーにて
現地時間6/10(木)、オーナーのポールとその家族・友人をビバ!ハウスに招待して、ウェルカムパーティーを開いた時のお話。
この日はビバ!ハウスの日本人も入れて総勢20人以上。ビバ!ハウスのシェフがてんてこ舞いになりながら、美味しい食事を作ってくれたでござる。拙者も微力ながらお手伝いしたでござる。
メニューは、生ハムサラダ・フィラデルフィアロール(クリームチーズとサーモンの巻き寿司)・生春巻き・お好み焼き・3種のチーズプレートなど盛り沢山。拙者はお好み焼きを担当したでござる。
料理中にポールの娘さんと友達が見学に来たので、お好み焼きのひっくり返しにチャレンジしてもらったでござる。二人ともなかなかの腕前で、見事にひっくり返したでござる。
最後にお好み焼きの説明をして(日本の西にある大阪CITYで、もっとも人気のある食べ物)、忍者の料理教室は終了。これがきっかけで、もっと日本に興味を持ってもらえたら嬉しいでござるな。
美味しい料理とお酒で盛り上がり、お互いの国について語り合う。パーティーは予想以上に大成功でござった。




左ランドリン14歳、右ゼリカ14歳。


何年目?
このパーティーの席で面白いエピソードがあったでござる。日本のアニメが大好きというミシェル19歳との会話。
何か忍者の技を見せて欲しいと言われたので「今は出来ない、危険な時しか忍術は使わない」と答えると、「じゃあ今から俺と戦おうぜ」とミシェル。「師匠から素人相手に忍術を使ってはダメだと教えられた」と忍者が言うと、「お前ホントは忍術使えないんだろ」とニヤリ顔のミシェル。ちょっとめんどくさくなってきたので「拙者はまだビギナーの忍者でござる。でも拙者の師匠はプロフェッショナルだから、凄い忍術を使えるでござる」と言うと、「お前は忍者になって何年だ?」と真顔で聞いてくるのでござる。拙者、ちょっと面白くなってきたので、「約4年でござる」と答えると、「それじゃあ使えなくてもしょうがないなあ。忍術は難しいからなあ」と納得したのでござる。彼の中で拙者は日本からやって来た本物の忍者で、上級忍者は全員映画の様な忍術が使えると、本気で思っているのでござる。
実はボツワナに行った時も、60歳位の女性に「あなたは忍者になって何年目なの?」とか「忍者の試験は難しいの?」とか「あなたの段位は何段目なの?」といった質問をされたでござる。
アフリカであった、ウソの様なホントの話。
ニントモカントモ。


一番左がミシェル19歳。


忍者とビバ!ハウスの面々。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




安い!!
オーナーのポールに、お昼ご飯で連れて行ってもらったアイリッシュパブにて。スペシャルランチのメニュー(日替わり定食)を見て驚いたでござる。Tボーンステーキ500gにフライドポテト・生ビール1杯がついて、なんと700円!!(55ランド)
安いでござる!
美味いでござる!!
絶対太るでござる!!!
拙者は勿論、牛木さんもステーキにかじりつき大満足でござる。
次の日の朝に行ったカフェでの朝食。トーストにベーコン、マッシュルームにトマトに目玉焼き2つ、食後のコーヒーもついて400円!!(30ランド)
スーパーマーケット、雑貨屋さんにも行ったでござるが、総じて安いでござる。日本より若干高い物もあったでござるが、大体日本の半額位、安い所で3割位の価格なのでござる。有難いでござる。





まだある壁
上記の他にもスポーツショップ、パソコンショップ、バーなどにも行ったでござるが、値段の他にも気になる事があったのでござる。それは店員さんとお客さんでござる。
拙者の行ったお店のほとんどが、店員さんの9割強が黒人さん。お客さんの9割強が白人さんだったのでござる。
ご存知の方も多いでござろうが、南アフリカには「アパルトヘイト(人種隔離政策)」があったでござる。しかし1991年に撤廃され、今は黒人さんも白人さんも法的に平等でござる。
拙者の行ったお店のほとんどが白人さんの居住区にあるお店だった事も関係しているでござろうが、まだまだ乗り越えなければならない壁がある。拙者はその様に感じた次第でござる。
今回のワールドカップが南アフリカのさらなる発展になる事を祈りつつ、今回はここまで。
ニンニン。








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




楽しかったでござる
勿論試合結果の事ではござらん。試合が始まる前に過ごした場所、時間の事でござる。試合開始3時間前に、ダーバンのスタジアム横に併設してあるファンブースに行ったでござる。100人は入れるバー、公式グッズを販売しているファンショップ、ダーバンのモーゼズ・マビダスタジアムのパネルの前で撮った写真をハガキにして自分の国に送ってくれるサービス、噴水広場等、お客さんを楽しませる施設が色々あるのでござる。詳しい大きさはわからぬが、サッカー場1面以上の面積はあったでござる。
ここでビールを飲んだり、忍者と記念撮影したり、日本人サポーターとの交流があったりと、とても楽しかったのでござる。そしてそれと一緒位良かったのが、辺りをオレンジに埋め尽くした大量のオランダ人サポーターでござる。

見習うでござる
彼らのフレンドリ-ぶり、対戦国サポーターでも一緒に楽しもうという気持ちが溢れていたでござる。南アフリカの人もそうでござるが、オランダの人々も大らかで優しいのでござる。試合中もエキサイティングして他の人に迷惑をかける事もなかったし、試合終了後も日本人を煽る様な事は一切なく、逆に励ましてくれる人が多かったでござる。
拙者のサッカー学の師匠、牛木さんも「オランダ戦はいいよね。オランダ人の観戦態度も良いし、オレンジの色見も手伝って雰囲気がいいね」と言ってたでござる。
サッカーの強さも見習いたいが、サポーターの態度も見習いたいでござるな。
ニンニン。





















コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




御料理番衆
拙者、実はビバ!ハウスのシェフメンバーの一人なのでござる。シェフは全部で3人。ちなみに拙者のポジションはNo.3。お手伝いさんクラスでござる。
このシェフチーム、もの凄い働きぶりで一日平均40食前後、最大で70食以上作った日もあったでござる。このお話はまたの機会にするとして、今回のお話は買い出しのスーパーマーケット。

生活密着で大歓迎
小さなスーパーマーケット、大きなショッピングモールの巨大スーパーマーケット、何軒かのスーパーマーケットに行ったでござるが、どのお店もワールドカップを歓迎しているでござる。
出場32ヶ国の国旗を飾ったり、店員さんがオリジナルTシャツを着ていたり。スタジアム近辺やスポーツバー・空港だけでなく、こういった生活に密着している所もワールドカップを盛り上げているのでござる。
先日行ったスーパーマーケットでは、出場国の代表的な料理を特集していたでござる。日本コーナーを見ると、やっぱりお寿司だったでござる。やはりお寿司の知名度はワールドワイドでござるな。拙者もあやかりたいでござる。
ちなみにお寿司を作っていた日本人に話を聞いてみたら、実はチャイニーズの方だったのでござる。「(見た目)日本人が作ってる方が売れるから」との事。
ニントモカントモ。












コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




踊る国
ワールドカップが開幕してから、スタジアム観戦・スポーツバー観戦・テレビ観戦をしたでござる。そこで感じた事。
南アフリカの人々の応援方法は大きく分けて2種類あるようでござる。
1.ブブゼラを吹く。(細長いラッパの様な形で大音量)
2.本当に楽しそうに笑顔で踊る。
スポーツバーで南アフリカvsメキシコを見た時。最初は足や腰で軽くリズムを取るだけだったのが、南アフリカのゴールが決まってからの30分位は全身で踊りまくり。拙者たちの隣では、テーブルを回るように15人程のバファナバファナ(南アフリカ代表)サポーターが歌いながらダンスを始めたのでござる。その様子は、火を囲んで踊るアフリカの原住民を連想させるのでござる。
スタジアムで日本vsカメルーンを見た時。日本側ゴール裏を埋めたバファナバファナユニフォームの人々も踊っていたでござる。腕や腰を振りながら同じ列の数人単位で踊るその様は、ブロードウェイのミュージカルを連想させるのでござる。

何で表現するか?
4年前のドイツワールドカップに行った時。ドイツの人々は大きな歌声や手拍子で応援していたでござる。歌を歌う応援がメインだったでござる。日本のスタジアムでは、太鼓の音と歌声が響くでござる。
色んな国の色んな応援。拙者も喜びのダンスを踊りたいでござる。ニンニン。









コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ