コーキング

最近ヤバさを感じる主婦の戯言

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

暴れんボーン in 図書館

2006-02-16 15:51:05 | Weblog

欲しい本がある

先週、病院の待合室で読んだ

別冊ティーワン 三河であそぼ!

子供がいる西三河在住の母親なら

きっと欲しくなる1冊

 

託児所付き美容院ガイドやら

子供が喜びそうな公園ガイドやら

食事所などの情報が満載

 

しかし、この本

発売されたのが2002年と古い為

発売元にもバックナンバーは残っておらず

市内、数件の本屋や古本屋にも

電話で聞いてみたが

何処も答えは、「ありません」

 

電話をしている内に

ある一軒の本屋の本音を聞く事が出来た

「そんな古い本、あるわけないじゃん」と・・・

 

無いのは承知ですともっ!

どうか、どうか!電話中は保留ボタンを

押して下さい

気の弱いハートが痛みましたとも

 

さて、物欲の塊と化してしまった

カメチの暴走は続きます

 

本屋、古本屋、ネット上の本屋

どこにも無いなら

あった所にダメ元で聞いてみようかな・・・

 

でも、普通 「本を譲って下さい!」なんて

言えないよぉー!

まっ!いっか!どこの誰からの

電話かわかんないしぃ~!

と、医者に電話したが、あえなく惨敗

これで、物欲の塊 & 恥の塊 となりました

 

 

さてさて

インターネットで本を検索している内に

幸田町民図書館が所有している事が

わかりましたが、現在貸出中

しかし

次 私借りるんだもんねー!と

宣言(予約)が出来るらしい

 

図書館とは長年疎遠だった私

変わった物だなぁ

 

 

翌日、ワクワクしながら

コー様と図書館に・・・

 

目的は

1.図書利用カードを作る事

2.三河であそぼう!の予約をする事

3.せっかくなので、コー様の本を借りる事

 

借りる本があった方が

カウンターに行きやすいので

まずコー様の本を、品定め

 

 

・・・・・。

 

少しは大人しくしろっ!

本を手当たり次第に出し

床に落として行くので

それを仕舞いながら追いかける母

 

そんな事は知るかと言わんばかりに

ウキャウキャ館内を舞う息子

 

後始末しながら、なんとか3冊の本を手にし

目的を果たすべくカウンターへ向かう

 

受付のおねへさんと

やり取りをしていると

コー様が脱走を

図ろうとしているのがわかった

 

させるものかっー!と一歩踏み出した

母の足につまづき、床に倒れる

 

静寂な館内が、一転

泣き声で騒がしくなる

あぁー! ゴメン・・・

母はそんなつもりじゃーなかったでゴザルヨ

 

おはなしの部屋なる物に駆け込むと

そこで、猿の様に暴れだすコー様

元気で何よりです

 

母は目的を、息子は大暴れする事が出来

大変よろしゅうございましたが

今度は誰かと3人で行きたいと思います

コメント

おかみさーん!事件ですよ

2006-02-13 16:06:56 | Weblog

子供の頃、探し物をしながら

よくこんな想像をしてた

 

「私は、ココよ!早く見つけて!」

「違うよ!そんな方に行ったら

どんどん離れていっちまうじゃねーかぁ!」

と、訴える探し物の図

 

大人になるにつれて、想像力は

乏しくなり、こんな想像は

もうしなくなってしまったけど

無くした物が、居場所を教えてくれたり

持ち主の所まで帰って来てくれたら

どんなに良いか…

 

 

今日の昼 事件は起きた

行方不明物 じーちゃんの携帯

 

友達とお昼御飯を食べていた

カメチ親子の元へ

ばーちゃん刑事が、聞き込みに来たが

良い情報は持っておらず

横に首を降る事しか出来なかった 主婦カメチ

 

その後も、じーちゃん刑事(被害者か?)と

ばーちゃん刑事の2人体制で捜索は

続けられたが、手掛かりはつかめず…

 

その時!

主婦カメチの携帯が鳴る

相手はピーちゃん情報屋

 

ピ:「じーちゃんの携帯無い事ない?」

カ:「無いって言ってた」

ピ:「鞄の中を見たらじーちゃんの

    携帯が入ってたんだけど…」

 

捜査線上に犯人像が浮かぶ・・・

コー様の仕業か!?

 

二人の刑事の元に

ブツが見つかったとの連絡が入り

捜索は打ち切られた

 

その夜、返却されたじーちゃんの携帯を

ぴーちゃんの鞄の中に入れてる

コー様の姿が目撃されたのでした

 

子供は侮れませんのぅ・・・

コメント

カメチの大冒険

2006-02-10 15:40:27 | Weblog

セントレアのスカイデッキで

ウキャウキャ言いながら

ルンルンで走っていた子供が

風に煽られ転び

さらに風に押し流される様子を

目撃したカメチです

 

子供の体重10kg程です

なぜ、体重までわかるのか?

それは

風に運ばれた子供は

コー様だからです

 

 

風に乗った少年は

相変わらず元気で

日に日にワンパク度が増し

家族全員、手を焼いてます

 

そんなワンパクボーイ

コー様のリクエストで

先日、ベビーカーで近所を回ろう

ツアーが開催されました

 

参加者は母1名 子1名

 

外は寒い、寒い 冬 真っ盛り

母は、「えぇ~ヤダー」なんて

抵抗してみたものの

そんな言い訳が通る訳もなく

ツアーへの強制参加となった訳です

 

この日は、天気がおかしく

お天気自動販売機(歌)で

らくだと白鳥とカエルとペンギンが

それぞれのお天気を買ったのか?

という天気

 

晴れるのか曇るのか雨が降るのか

はたまた雪になるのか

ハッキリせいっ!といった天気です

 

出発時、雲行き怪しく

でも、すぐに帰るから雨具はいらないと

まずここで第一の選択ミス

 

近所をフラフラ歩いてみた物の

目的も無く歩くのは、少々辛く

近所のスーパーまで足を延ばしたのが

第二の選択ミス

 

そして、スーパーから

出てきた頃には、雨がパラパラ

∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!

 

むぅーん、ドウスルアルネ・・・

コマッタヨ・・・

ソウダっ!バスがアルネ!

 

町内、高齢化が進み

数年前から

バスが町内を循環運転している

 

バスに乗る事にした物の

全く、バスに興味が無かった私

どうゆう順路で回ってるのか、

1時間に何本出てるのか

さっぱりわからない

 

バス停に行くと、おばーちゃんに

「あんた、バスに乗るのかい?」と話しかけられ

そこから話がはずみ、おばーちゃんから

このバスはありがたい!という話から

もうすぐバスが来るよとか

バスについて

いろいろ聞く事が出来た

 

そして、もう一つ知りたかった

バスの循環順路

 

おばーちゃんの説明では、

私とは関係の無い建物方面

そして、隣町へ行くという・・・

 

これ乗ったら

私、どこに行ってしまうんですか?

 

家の近所

バスが走って行くところは目撃したけど

バス停っちゃーあったかしらん?

興味が無い事なんて、こんな程度

 

くぅ~、もっと日頃から注意深く

生活していればっ!!

 

そうこうしている内に、バスが来た

 

えぇーい!乗ってしまえっ!

 

いつも行き当たりバッタリな私

 

ドギマギしながらバスに乗り込み

家の近所を通ります様に!

家の近所にバス停があります様に!

なんて、願いながら

落ち着かないので

めちゃめちゃ揺れるバスの廊下で

安定感の無いベビーカーをつかみ

立ちっぱなしの私

 

願いが通じたのか

家の近所にバス停発見!

 

ここぞとばかりに人差し指が

降りますボタンを押す

 

無事、停車

運転席横の料金ボックスにお金を

払い、前から出ようとすると

後ろの方が広いからと

親切な運転手さん

 

狭い通路を、ベビーカーを引いて

後ろから降りようとすると

さっきの、おばーちゃんが

「あんた、一人で降ろせるかい?」と

心配してくれた

 

大丈夫!大丈夫!

ありがとう!と言いながら

ベビーカーを抱え、後ろの広い

出口から、降りた

 

ふぅ~、やれやれ

無事、家に帰れそうだわい

 

 

外は、雨がやんでいた

そして

足元には犬のウンチが・・・

 

 

!!!

 

だれか、踏んでますよ!

 

恐る、恐る、靴の裏を見ると

悲しい茶色

 

20年ぶりぐらいに踏んだよ

犬のウンチ

コメント