かめちきの 風に吹かれて

あと3回走れば赤星に並ぶ

バイブルangle

2018-04-01 | つれづれ

神保町の春の古本まつり。甘酒のおふるまいを

いただいてスタート。といってもうららかなお日和の

活字浴な感じ。

 

のはずが。久しぶりの東京堂で罠にかかった。

それにしても『あのころangle 街と地図の大特集

1979』とは。この手書きのナール体。ページを

繰ると精一杯背伸びをしていた私が零れ落ちる。

テープで補修して、本当にぼろぼろになるまで

読み込んだっけ。私の街歩きの原点。

この他、娘に連絡して『日本現代怪異事典』。

娘も本の話の時だけは返事が早い。

というわけで、大盤振る舞いの供養になった。

『煙草について』は早速仏前に供えてやろう。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« カメ、サクラ、カメ | トップ | めっけもん »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
バイブルangle (cogakyan)
2018-04-02 07:53:32
「あのころangle」とは良いものをお求めに。よろしければ、今度拝見させてくださいませ。大学の界隈なんかもすっかりお店変わっちゃたんだよねえ。
cogakyanさま (かめちき)
2018-04-03 20:19:48
4月2日に発売ホヤホヤだったようです。
地図が細かくて老眼では見えないのも流れた歳月のスパイスかと。
標本みたいなものなのでお貸ししますよ。
標本…そう、angleの地図って街の標本化でした。
私が今、同じ街に何度も通っているのはその街の標本化に
魅せられちゃったからなのかもしれません。
バイブルangle (cogakyan)
2018-04-04 07:40:18
おお、ありがとうございます。よろしくお願いいたします。個々のお店とかピンポイントの記憶はあるのですが、街全体のレイアウトはあやふやなものですから(←今さら言う・笑)。標本でクリアに俯瞰出来れば何より♪

コメントを投稿

つれづれ」カテゴリの最新記事