静岡から なんだかんだと 発信します 

静岡市のおじさん税理士「かんべ」です
見たこと、聞いたこと、経験したことなど 
おじさん視線で書いています

対岸の火事で終わるのか・・渦中の人になるのか・・年金情報漏えい

2015年06月16日 | テレビや新聞の話題
☆ 自分の情報は漏れたのか? 漏れていないのか? ☆

日本年金機構の個人情報流出問題
情報流出が発覚してからかなりたつ
情報流出データは125万件にのぼる
その内訳は、ニュースなどによると
基礎年金番号・氏名・生年月日・住所の4情報が漏れたのは・・5万2千件
基礎年金番号・氏名・生年月日の3情報が漏れたのは・・116万7千件
基礎年金番号・氏名の2情報が漏れたのは・・3万1千件
合計で125万件だという

実際の該当者はもっと少ないらしい
ということは重複する情報がかなりあるということなのか・・
また既になくなっている人の情報も含まれているようだ・・

4情報が漏れた該当者は1万5千人だとのこと、そして3情報・2情報の該当者は50万人強とのことだ

だが・・
現時点で情報流出の事実と謝罪の文書を発送したのは4情報の1万5千人だけ・・

いまや日本中で
自分の情報は流出したのだろうか?しなかったのだろうか?
そのように思い心配している人がたくさんいると思う

先日この件を流用した詐欺が発覚したというではないか・・
早く全員に知らせるべきだと思う

それと合わせて
情報流出者のホローを各市町村に委託すべきだ
お年寄りの場合、いきなりそんな手紙を受け取ったら・・パニックになるの違いない
まずは、市町村におろし、市町村担当者が直接訪問して説明しながら手渡すべきじゃあないだろうか・・

第二第三の犠牲者が出ないうちに早く対応してほしい



ところで・・
自分の情報はどうなんだろう・・・・・?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 初宮参り | トップ | 運命の1秒だよね・・北海道... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

テレビや新聞の話題」カテゴリの最新記事