万華鏡の楽しみ ガラス色の幸せ

万華鏡の魅力、ガラス色の幸せを伝えたいと思います

偏光万華鏡を究める人

2018-06-18 23:31:57 | 万華鏡ブログ

東京、銀座で開催中の細野朝士さんの個展に伺いました。 ご存知のとおりシンプルでスマートなステンレス製の筒の中に驚くほどの多彩な色世界を生み出す作家さんです。

作家歴20年目となる今回の個展だそうですが、偏光万華鏡とテレイドスコープだけを作り続けてきて、覗く人に感動を与え続けていることのすごさを感じます。 いつまでも覗いていたくなる色模様の美しさ、モダンな映像デザイン、光と遊ぶような楽しさ、そんな魅力がいっぱいの作品が並びました。

筒のデザインは同じでも、ミラーの組み方と偏光フィルターの使い方、オブジェクトの形、背景の素材によって、種類は多岐にわたります。 そして同じ種類でさえ、自由なオブジェクトがオイルの中を自由に動き(ーもちろんその自由さも細野さんの手による仕掛けですがー)一点ずつ異なった映像が見えるのですから、たくさん覗いてお気に入りを探すのも楽しいです。

偏光万華鏡のオブジェクトは、無色透明なプラスチック素材です。それが偏光フィルターと光の作用で鮮やかな色が生み出され、ミラーの反射で美しい模様となります。今回、初の試みとして黒いオブジェクトも入れてみたとのこと、上の写真で黒いラインになって見えているところです。

3ミラーシステムの広がりのある世界も、3種類のミラーシステムから全く違った映像が生まれます。下の映像は、そのうちのひとつ、二等辺三角形に組んだ3ミラーシステムから生まれるものです。

細野さんの作品が素晴らしいのは、その色合いです。どうやったら美しい色が生み出されるのか伺ったところ、素材のプラスチックに手を加えて自分の気に入った色を”探す”、そして”創り出す”とのこと。
偏光万華鏡の色の想像を超える映像は、ヴィヴィッドなものからソフトなものまで展開し、細野さんの世界を見せてくれます。

この上下の映像が同じ作品から生み出されるなんて、びっくりしませんか?

Fシリーズの万華鏡です。 細野さんの光と色の世界を味わいたい方は、ぜひ個展に足を運んでくださいね。20日までですが。

つかう たのしむ + ノーション
中央区銀座6-4-13 銀座ヤマザキビル2F
03-3575-4030

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 両目で見るテレイドスコープ | TOP | 注目のコラボレーション作品 »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 万華鏡ブログ