ラーメンの優しい食べ歩き

元ラオタのゆっくりなラーメン食べ歩きブログです。

大陸麺本舗(芝麻汁なし涼麺)@溝の口に行きました。

2019年05月26日 15時50分27秒 | ラーメン 神奈川県
今回は食べやすい大陸の味について考えてみました。


現地の食べ物は良い意味でクセが強いことがあります。


それは日本人のソレに合わないこともあったりします。



今回のお店はこちらです。


大陸麺本舗と書いて「たいりくそばほんぽ」と読みます。


5/24オープンの新しいお店です。


担々麺ベースのお店です。辛くないメニューもあるのも魅力的ですが



ここは汁なしで決めてみよう。


奇しくも本日は北海道で39度台を叩き出す五月晴れ


辛いメニューで汗かいてサッパリしようじゃないかってことで



具は水菜、ゆで卵、蒸し鶏


麺の味付けが辛く強いので具は淡白となっているようです。


このあたりのバランス感はイイですね。



麺は太麺。細麺はかなりの細さを連想させます。


しっかりと味付けが絡まっているので、食べるときはいきなりステーキばりにいきなり食べてイイっていう親切設計


卓上にはラー油と黒酢があります。先に言うと黒酢は後半から入れると味が引き締まって美味しいです。


で、味は痺れ系強し、干しエビの旨みがシッカリしているので辛いが美味いが辛いと言う辛さ先行ながら食べやすい仕上がり


辛さの先にはある微かな甘みにホッとした瞬間、額から汗が吹き出す辛さ耐性がお子ちゃまレベルの私です。


それと涼麺とありますが、冷やしではありませんでした。


温かみある麺との絡みが美味しかったです。


そして中華特有のクセは抑えめといった感じ


例えて言うなら「八角」のようなクセはありません。個人的には好きな風味ですが苦手な方は苦手なアレ


そして、パクチーは追加トッピングでありますが、デフォルトでは乗りません。


中華風に言えば香菜(シャンツァイ)


近年バズった食材でありますが、入れりゃイイってもんじゃないって個人的には思っています。


が、このお店の担々麺は皆さんが想像する担々麺より大陸より、大陸の本格派より日本人向け


ソレぐらいがちょうどイイ、溝の口っていう街柄にも合っている気がします。


今度はスープのあるタイプを食べてみよう。



ごちそうさまでした。


ラーメン屋に限らない飲食店激戦の溝の口


他のお店との差別化は出来ているので定期的に通いたいと思うお店でした。


それじゃ、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。See You!

コメント   この記事についてブログを書く
« 令和最初に自慢亭(タンワン... | トップ | ブルドック(ビーフカツ・オ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ラーメン 神奈川県」カテゴリの最新記事