うっTと植物たち。

ただいま原稿、執筆中・・

スリットどんだけ~。

2007年11月18日 17時37分15秒 | ミント
                 

 毎年恒例のミントの植替えを行いました ^-^。今年は新たに10品種程度も増えたために、置くスペースが厳しくなってきました。。さてどうすっべかなぁ・・同じスペースに沢山の鉢を置こうと思うと、鉢のサイズをダウンさせる以外方法はありません。

 そこでスリット鉢の導入です。ミントはかれこれ16年間も維持しているため、ここで絶やすわけにもいきません。ですがスリットの効果を試している暇もないので、即採用です。

 綺麗でも何でもない、茂ったらまるで雑草のよう・・遊びに来た友達には「何これ?」とか「全部一緒やん・・」なんて;確かにな~、何で集めてんだろ・・でもそんなの関係ねェ~×3。ウェー。

 これがスリット鉢です。しかも新開発の6角形型。「とんでもないポット」という商品です。とんでもない効果を期待してますよ~♪

                 
 
 ちなみにお値段のほうはとんでもありません;通常の5号鉢に比べると高いです。そして薄っぺらなので耐久性のほうも気になります。

                 

 右がこれまでミント栽培に使用していた6号プラ鉢。左のが今回採用の5号スリット。ちなみにこの5号スリットは通常の5号鉢に比べても上部の直径は変わらないものの、特殊な形状のためにさらに小さくなっています。6号鉢でも窮屈だったのに、大丈夫なのか・・;

 メーカーさんの説明によると、ようは特殊な形状とスリットで根のサークリング現象(ルーピング)を抑制して、通常のポットでは30%しか活用できない用土をスリットでは90%以上も活用できるというもの。だとすると↓

                 

 それぞれのポットに入る土の量はこうです。6号のほうが当然多いですが、植物が使用できる用土は30%でスリットは90%というメーカーさんのうたい文句が確かであれば

                 

 こんな感じでこれまで使用してきた6号鉢よりも勝っているということになります。サイズダウンができて、さらに植物の生育が良くなるということになりますね ^-^。期待♪

 ですが心配なこともひとつ。

                 

 スリット部分からランナーが出てしまっています(殆どの鉢で・・;)これは通常のポットではあまり見られないことです。通常のポットではルーピングしてランナーもグルグル巻きになっているのですが、このスリット鉢ではルーピングすることなく、根もランナーも下に伸びてくるため、ランナーが飛び出してしまったのではないかと考えています。

 ミント栽培にこのポットはちょっと向かないかもしれません;

コメント (8)