隠れ茶を守る会 グリーン・コネクションズ

茶処静岡の安倍川最上流、幻の銘茶の産地「梅ヶ島」の荒れゆく茶畑を・茶業を・景観を守るために活動を始めました。

’マルケをカバンに詰め込んで’のロベルトさんをお迎えしました。

2018年04月10日 | 最新ニュース

イタリアでもあまり知られていないマルケ州。
実は、おいしいものや美しい景色、あたたかい人々……素朴で優しい魅力にあふれたステキな所。
ロベルトさんはそんなマルケを知ってもらうべく、”マルケをかばんに詰め込んで”、世界を旅しています。

ーロベルトさんの活動を応援されているyoko moriyamaさんのFacebookより引用ー

 

今回の来日は、大阪・鎌倉・東京でのイベントを通して、マルケをご紹介するため、とのこと。

そのロベルトさんが、梅ヶ島にお越しくださいました。

ハーブのスペシャリストでもあるロベルトさんは、ワサビやお茶にもご興味があるとのことで、有東木のワサビ・梅ヶ島のお茶畑をご案内させていただきました。

   

いつも暖かく迎えてくださる有東木にある’うつろぎ’でわさび田を観ながら美味しいお蕎麦を。

 

 

例年に無い寒さで凍ってしまった「隠れ茶」の畑や、葉色が黄変してしまった我が家の前の「もと放棄茶畑」を見学。

 

ロベルトさんは、マルケでB&Bを経営されており、お料理もお得意。世界各地で、マルケの食材やオリーブオイルを利用してマルケ料理をマルケのワインと共にご提供しながらマルケの魅力をご紹介するイベントを開催されているそうです。

このイベントに参加された方々は、マルケやロベルトさんに魅せられて、「いつか訪れてみたい~♡」とfall in loveになるようです。

梅ヶ島をご紹介するのに、ロベルトさんのように「食」を通してご紹介できたらこんなに素敵に、より身近にご紹介することができるんですね。

梅ヶ島には、ワサビ・お茶・椎茸・ジビエ・在来作物・・・魅力的な食材がそしてそれらを生み出しながら存在する素晴らしい景観があります。これらを活用した「梅ヶ島ご紹介」ができたら素敵です~♡

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 放棄茶畑再生@草木平 3/25 | トップ | 日本茶・中国茶・紅茶・微生... »
最近の画像もっと見る

最新ニュース」カテゴリの最新記事