料亭稲穂の角館物語

安全無添加食材の角館懐石「料亭稲穂」

西馬音内盆踊りまで 残り24日!!!

2010-07-22 22:32:19 | 女将の独り言


みちのくの小京都角館、料亭稲穂です。

今日のお天気は 晴れのち曇り
最高気温は 32度 最低気温は 22度
まんず毎日朝からあっち日が続きます(毎日朝から暑い日が続きます)

今日の写真は 8月16日17日18日 に行なわれます
「西馬音内盆踊り」 の下見に行ってきました

まずは角館から車に乗り
ナビをセット!大仙市大曲を通り
横手市大森の脇を走り 横手市雄物川の横を通り
1時間ちょっとで羽後町に到着

そして目指すは「西馬音内盆踊り会館」 



その中で1番に目に止まった

「端縫い(はぬい)の着物の写真です」



この「端縫い(はぬい)着物」の特徴は、左右対称に張り合わせるそうです。
見た目では分かりませんが
正絹の着物地を張り合わせにして縫い
中には薄い綿を入れて 縫っているものもあるそうです。

そして着物は他にも
地元浅舞い絞りの浴衣もあり





とにかく細かく 額縁に入った「一枚の絵」のような
「絞りの着物でした!!」

絞りの生地を絞っているところも
赤川呉服店さんで見せていただきましたが
とても若い女性の方が一生懸命ゆかた生地に 糸で絞っておりました。
細かく繊細な作業で驚かされました

そしてこの日 盆踊り会館で盆踊りの踊りの指導をしていらした
阿部恭子さん(西馬音内盆踊り保存会に所属)
踊りのご指導風景を見せていただき
「西馬音内盆踊り」  を堪能してきました

阿部さんは踊りの伝承しながら
この町に生まれ育ち
「和の器&西馬音内盆踊りグッズ 花押」 と言うお店を開いており
こんな面白い物も買ってきました



うちわのケースに入った和菓子の楊枝なのです
これは彼女が一つ一つ手作りをしている物で
コツコツ西馬音内にて西馬音内を生かそうとしている
阿部さんに敬服しました

この日一日で西馬音内の中で出会った方々を
これからの宝物そして刺激にして
がんばって角館で生活していきます

さぁ!西馬音内の盆踊り今年も見に行くぞ



コメント   この記事についてブログを書く
« 角館発 地物産 夏野菜を食... | トップ | 角館発 またまた 駒ケ岳に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

女将の独り言」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事