晴れのち平安

源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪
webサイト『花橘亭』の更新記録も。

【京都・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~】 2012年6月撮影 明石姫君の入内

2016年04月12日 12時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

2012年6月に
風俗博物館を訪ねて撮影した展示の様子です。

寝殿において
『源氏物語』<藤裏葉>より
「明石姫君の入内 ~姫君の通過儀礼・婚礼~」
の場面が展示されていました。



<博物館レジュメより>
源氏39歳の4月20日頃(旧暦)、愛娘の明石の姫君が11歳で東宮のもとへ入内した。この年の2月11日の“裳着(もぎ)の儀”より様々な贅美を尽くした準備が盛大に進められ、ようやく迎えた入内であった。明石姫君入内の夜は、源氏の北の方として紫の上が付き添って参内し、入内の儀式で最も重要な婚礼の三日間を姫とともに過ごし、その後、紫の上は宮中を退出した。”


寝殿南廂にいる紫の上:唐衣・裳姿



写真中央:紫の上
手前の女性:紙燭をかざす下仕の女房







牛車の一種・糸毛車(いとげのくるま)に乗る明石の姫君。
そばにいるのは源氏。

明石の姫君:唐衣・裳姿



源氏の後ろ姿



糸毛車に乗る明石の姫君。別の角度から。



糸毛車と車副(くるまぞえ)





唐車と糸毛車



唐車



牛飼と牛



網代車




2012年から2015年までの展示において
透渡殿(すきわたどの)の下がくぐれるようになっていました。






 明石姫君の裳着~姫君の通過儀礼・成人~ へ続きます。






<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 【京都・風俗博物館~よみが... | トップ | 【京都・風俗博物館~よみが... »
最近の画像もっと見る

京都・風俗博物館」カテゴリの最新記事