晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

銘菓「源氏窓」

2010年10月26日 23時01分38秒 | 近江路・歴女ブロガー旅紀行
亀屋廣房
銘菓「源氏窓」

『亀屋廣房』公式サイト⇒http://www.e510.jp/kame1623/




滋賀県大津市の旅の途中、亀屋廣房(大津市本丸町3番7号)で購入した銘菓「源氏窓」のご紹介です。
※一緒に買った「兼平餅」についてはこちらでご紹介しています。





銘菓「源氏窓」 6個入りの箱はこんな感じです。
(6個入り・12個入り・24個入り があるようです)




包装紙には『源氏物語』の作者、紫式部の後ろ姿や連子窓(れんじまど)と月が描かれています♪





箱を開けたところ。




銘菓「源氏窓」は、石山寺の本堂にある“紫式部 源氏之間(げんじのま)”にちなんで作られたお菓子です。
“源氏の間”の連子窓(れんじまど)を思わせる姿ですね。

最上級の「阿波和三盆糖」や吉野の本くずを木型にいれて作られた干菓子。


口に入れると、上品な甘さで溶けていきます~。
帰宅後、コーヒーと一緒においしくいただきました。
(私はコーヒー好きです/笑)


*☆*―――――――――――――――――――――――――――*☆*

■今回の旅で撮影した石山寺「紫式部 源氏之間」の様子でーす。





紫式部は石山寺に参篭中、『源氏物語』の着想を得たと伝わります。


*☆*―――――――――――――――――――――――――――*☆*



近江路・歴女ブロガー旅紀行(ブログ「晴れのち平安」編) INDEXに戻る




web拍手を送る blogram投票ボタン


HP『花橘亭~なぎの旅行記~』に戻る> <コメントをくださる方は掲示板へ
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 【情報】宮城県塩竈市「源氏... | トップ | 【サイト更新】「平安時代好... »
最近の画像もっと見る

近江路・歴女ブロガー旅紀行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事