晴れのち平安

源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪
webサイト『花橘亭』の更新記録も。

【山口県防府市】周防国分寺 (2019年4月12日)

2019年04月19日 03時00分00秒 | 日記
平安時代好きブロガーの なぎ です。
2019年4月12日、山口県防府市でのこと。

防府天満宮の次は、周防国分寺を訪ねました。


 周防国分寺

奈良時代、聖武天皇の詔によって天平13年(741年)に
国分寺と国分尼寺が国ごとに建立されました。

周防国分寺はそうした国分寺のひとつ。
現代の伽藍は奈良時代の創建時の位置に建っており
全国的に珍しいのだとか。

境内は国の史跡に指定されています。


かつては
南大門・中門・回廊・金堂・講堂・七重塔など
七堂伽藍があったそうです。
創建当時の御本尊は釈迦如来。


現在は
仁王門・金堂・聖天堂・二の門・持仏堂・庫裏・長屋・土蔵 があります。
現在の御本尊は薬師如来。




仁王門



仁王門から見た金堂


金堂前には桜がまだ咲いていました。


金堂は江戸時代の再建です。
御本尊は、薬師如来坐像(室町時代制作)


仁王門や金堂の姿が美しくて見惚れてしまいました。





次は、周防国府跡を訪ねました。

 周防国府跡へ続きます。

この記事についてブログを書く
« 【山口県防府市】防府天満宮... | トップ | 【山口県防府市】周防国府跡... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事