掛川レインボー

2018年7月発足したボウリングリーグ戦の戦績や注目点、更には各メンバーの課題や情報交換をするブログ

6シリーズ順位決定戦終了。 優勝は

2021-03-29 | 第6シリーズ
桜満開のニュースがあちこちから届く3月26日(金)、レインボーリーグの最終戦、順位決定戦いわゆるポジションマッチがいつものセンターで行われた。
前回までの順位と獲得ポイント数を確認すると
第9戦迄は
という事で最終戦を迎えたのですが、大波乱というか順位が面白いほどゴロゴロと音を立てて入れ替わったのです。最終戦は上の9戦迄の順位表での1位対2位、3位対4位、5位対6位・・・というような対戦でした。
 その最終戦を終えてみると
1位だった山本が3位に。
4位だった縣が6位に。
二人共前回までの獲得ポイントのまま、つまり最終戦ではポイント獲得がなかったという事です。
いったい何があったのでしょうか。

 山本は389、縣は438。特に1位だった山本、AVR130では失礼ながらポイントを獲得できない。何があったのか首位陥落インタビューは後ほどに。
 最終戦ながら欠席も3名出たので4ポイントか0ポイントと獲得差が大きく、順位も大きく動いた。

改めて今回の対戦相手を確認すると

ポイント状況は

山本と縣は同じパターンで陥落している。
ポイントを獲得できず2つ下の順位へ陥落でした。
一方、初優勝だという広岡と溝口は最終盤の追い込みは見事でした。

今回の第1戦からの各人の成績を詳しく見ますと
 2段書きの上の段はハンディ、下はハンディ込みのアベレージ。
平均は上の赤字がハンディの平均、下はアベレージの平均(おかしな表現ですが)です。最大最小は今回のシリーズでのアベレージの最少スコアと最高スコアです。
 基本メンバーそれぞれがAVR145~150(3Gで450)になるようなハンディを貰ってい折ることになるので、150~160位でポイントを争うようになるのが理想的です。
 今回最終戦でトップから陥落した山本に話を聞くと、「言い訳になりますが」との前置きで、「リスタイを購入して3回目、投げ難さがまだあります。リスタイを付けたり外したりの迷いの中で投げる事になってしまった」と完全に”言い訳”でしかない、話をしていました。
対戦表と成績を確認します。


 広岡は今回のシリーズで初優勝。おめでとうございます。
 広岡は、福豫・松浦には苦戦したモノの、笹本・山本・縣・溝口など男性陣からはしっかりポイントを得ています。特に山本とはPM戦含めて7勝1敗と大きく勝ち越し、お得意さんにしている様子が判る。
 溝口の戦績を見てみよう。比較的順当に4を獲得しているが、広岡・縣・山本にはポイントを献上している。縣とは最終戦でリベンジを果たした。注目は山本戦だ。溝口・山本戦は溝口が1.5、山本が2.5でポイントを分けた。特に合計ポイントが両者とも449p同点でポイントが端数になっている。最終的に2位溝口と3位山本のポイント差は1ポイント。たらればで恐縮だが、あの時に山本が合計点数で450点と1点でも多ければ獲得ポイントは1p、3pとなる。最終ポイントは27点となり同点だ。ポイント同点の場合はハンディ込みの総合計点で比べる事になる。最終総得点は溝口4,565点、山本4,648点で溝口の2位と山本の3位は逆転していた。溝口対山本の試合で溝口の取った点数、1点でも少なければ、つまり倒したピンが1本でも少なければ結果は逆転していたかもしれない。「たら・れば」の話ですが、0.5でもポイントをおろそかにしない方がいいという教訓でもある。
 また新しいシリーズが始まりますが、だれが次のシリーズを制するか、楽しみです。



コメント

暫定順位決定 リーグ戦9戦目

2021-03-15 | リーグ戦第3シリーズ
 見出し画像は今回3月13日の第9戦を終わってのリーグ戦成績です。10人のリーグ戦のために第9戦で全てのメンバーとの対戦を終えた成績です。これを見ると相性の良いメンバー、悪いメンバーがいるモノです。
 苦手意識を持たないようにしないといけませんが、山本は広岡と縣からは1pしか取れませんでした。対縣戦ではハンディ込みで370ですからポイント取れなくて当然ですが、対広岡戦ではスコア461での1pは残念です。
 見出しの成績表、最終PMの列、ポジションマッチの略です。総当たりを終えて仮順位がでましたので、次回第10戦は1位対2位、3位対4位、5位対6位というように、隣合せの順位のメンバーと対戦して最終順位を決定します。同じ色のメンバー同士で対戦することになりました。対戦相手を対戦表で確認すると下の表、10回目の相手と対戦します。そしてその際のハンディです。 

 9戦のスコアを確認できます。
 今回の対戦は明暗がはっきりし過ぎた会だったように思います。同じ色で塗りつぶした相手との対戦でした。笹本・藤島組のみで1p・3pとポイントを分けていますが、あとはリタイヤしてしまった松浦・清水組を含め他の4組は4p・0pの結果でした。
 ポイントの獲得は対戦相手の調子もあり、運不運もあります。重要なのはハンディ込みのスコアで450(アベレージ150)以上を取れているかです。スコアを見ると清水は412で4p獲得はラッキーだったと云えます。
 一方で笹本・藤島組は接戦だったと云えます。1G・3Gはちょっと差がありますが、2Gは1ピン差、合計は4p差という僅差を演じました。お互いに450を超えていることもあり、お互い善戦したと云えます。
 ポイントを難点獲得した、も重要ですがスコアがハンディ込み450を超えるようにしたいものです。

 さてポイント獲得結果を見てみますと

 今回はいつもとグラフが少し違う。
 次回、第10戦の獲得ポイントを試算しているのが、グラフの斜線部分です。次回対戦する杉浦・松浦組以外のメンバーには4pを加算しています。途中リタイヤしてしまった松浦は9戦迄のポイント数を、次回は不戦勝扱いとなる杉浦には4pを加算しました。

 上位3名を見ると次回のポイント状態でこの3人の中で順位が動く可能性があります。誰でも1位から3位になる可能性があり、溝口は4位になる可能性もあります。山本・広岡は4位になる可能性はない。
 逆に溝口が優勝するには、山本が0.5p、広岡が3.5p。更に溝口が4p獲得した場合だけですが、優勝の可能性は残っています。
 広岡が優勝のためには現在のポイント差が2ですので、山本から4pを取れば優勝。3p・1pと分けた場合は獲得ポイントが並び総スコア判定です。現在総スコアは42ピン差ですので、広岡が3ポイント取る流れであれば広岡優勝でしょう。2pずつ分けた場合は山本優勝かな。
 今回は順位・ポイント獲得状況は以下の通り。この表もいつもと少し違います。右側に次の結果次第での順位が記入してあります。

上の検討通り、山本・広岡は1~3位までの可能性。溝口は1~4位の可能性。縣は3~7位の可能性となり、1~2位に入る可能性は現時点でなしという事です。
 上で書いたように、杉浦は4p獲得で22p、松浦は18pが確定していますので4位~7位は縣・清水・福豫・杉浦で第2集団を形成している状態です。19pの清水以下は4p獲得しても24pにしかならず、既に23.5pの3位以上には喰い込めない事は決まってしまいました。第2集団は4位を目指してください。
 8位松浦・9位笹本・10位藤島は第3集団。松浦はポイント加算はないとして考えると10位笹本が4p加算しても18pの7位以上には上がれない、つまり3人で8位を争う形です。3人はどうしてもリーグ戦お休みの際のポイント取りこぼしがどうしても影響しましたね。
 いずれにしても次の第10戦次第です。対戦相手に勝つだけではなく、上下の対戦結果によっては順位もガラッと入れ替る可能性があり、最後までハラハラドキドキのレインボーリーグです。
コメント

第8戦の結果出る!あと残すところ9戦と最終ポジションマッチのみ

2021-03-01 | リーグ戦第3シリーズ
 2月末、26日にレーンボーリーグの第8戦が行われ、見出しのようなメンバーの成績でした。上段はスクラッチ、下段はハンディ込みのスコアです。
 基本はハンディ込みで450になるようにそれぞれハンディが付いています。450を大きくオーバーすれば普段の力以上のスコアだった、また大きく下回るようではちょっと力が発揮できていないと見るべきでしょう。
 第8戦、スクラッチでの最高は広岡の481、AVE160で、ハンディ込みは541。ハンディ20でしたのでこのところのレベルからは極端に調子が良かったといえます。
 ハンディ込の2位は杉浦の497、ハンディ29込みで497、これもお見事でした。次は489,485の山本・溝口と続き、更に縣448、笹本445、清水442と続く。このあたりにメンバーが普段の力程度でしたが、相手の出来にやられ、獲得は1ポイント、0ポイントとポイントに恵まれていない。今回は休みの人を加えても、4ポイント獲得が3名とポイントが大きく動いた事もあり、順位も結構大きく動いた。
 ご覧のように山本・広岡・福豫が順位を上げ、縣・清水が順位を落としてしっまった。とくに縣は首位からの転落でした。あと2戦あるので今後の巻き返しを期待したい。またトップ山本とから4位溝口までは3ポイント差。あと2戦あることを考えに入れると溝口まではまだ優勝の可能性を残しているといえる。
 ポイント獲得状況は以下の通り。

 優勝の行方は次回、第9戦の戦績である程度絞られてくることになりそうだ。次回の組み合わせと対戦相手の銚子市だというところか。

 次回9戦の対戦相手は以下の通り。
 優勝に絡む好対戦は広岡・縣の対戦組合せでしょうね。0.5ポイント差の2位と3位です。スコアが拮抗して2ポイントずつに分けると、山本次第ですが優勝も見えてくるかもしれない。ただどちらかが4ポイント獲得するようであれば、一気に山本との差を縮めたり、逆転する事があるかもしれない。この対戦は見逃せない1戦だ。
 
第8戦迄の対戦成績、個別成績はこちら。

コメント