吾輩は野良である

時雨かな銀杏ひらふ団塊の背においたるやふる里の香を


▼古希

2018年12月23日 | ■日常的なあまりに日常的な弁証法

数日前に満にして齢七十を数えた。若い頃は七十まで生きられれば御の字だと考えていたのだが、いざこの年になってみると欲が出てきたのか九十でも百でも元気ならばどこまでも生きてみたいと思えるようになってきた。願わくば最後まで言語にかかわる脳だけははっきりとさせておきたいし、その他の感覚も多少の衰えは仕方もないが最低限の明晰さは確保して暮らしていきたいと思っている。元来、わたしは計画とか目標とかいう概念が身につかず、なにもかも成り行きまかせで積算や打算を排してきたのも、ようするに無能だったからに他ならず漫然と年月を重ねてきたわけで立身出世はおろか名声を得ることも財をなすこともできずに相変わらずわが身についてはぼんやりとしたままだが、このことで悔やむようなことは全くないのであって案外にこうしたのんびりとした無欲な性格がこの先の自分を善良にして幸福な、まあまあ良い方向に導いてくれるに違いないといふ楽観的な自負のような矜持のようなささやかな確信がある。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« ▼古道具屋の帰り道 | トップ | ▼ゆるやかな徴兵制のすすめ »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
SOFTBANK上場 (今井政幸)
2018-12-27 10:34:56
IPO破産じゃ。さらばじゃ。
白物家電 (今井政幸)
2018-12-29 11:32:57
わたすは、今から半世紀も前の学生(法政夜学)の時、腎盂腎炎になったことがあるから、わたすは腎臓がダメになるとどんなことになるかは体験してる。わたすの場合は、ほぼ一年間入院で、あと一年もの間自宅療養だったね。人間、金がなんぼたまっても、内臓がやられると動けない。すぐに身体がだるくなってダウンしてしまう。人間、生きてるうちが華だというが腎臓をやられてしまうと、学生だったわたすはすぐにも死ぬんじゃないかとおもったもんだ。なので、わたすは人一倍身体の具合に気を使う。

わたすの会社では月曜から昨日の水曜まで、それにわたすの部署は毎晩、労基署から睨まれる午後10時まで残業だった。わたすは家が近いから良いがチーフの女性は、かなり家が遠い上、木曜午後からダウンして金曜は休暇だった状態だった。わたすが大丈夫なのかと問うても大丈夫と答えるが、日ごろなんともないと思ってる人ほどコロリと倒れるてしまうものだわ。わたすの用心深かさに、わたすは、絶対長生きする、とまで言われたことがある。ま、死ぬときは死ぬけど、望んでる以上の長生きは誰しもしたいやね。

ここんとこよく、鉄道で人身事故が起きてるけど界隈では、ばかもめが真っ先に飛び込むのだろか。

人間なにがあるか、わからんもんさ。わたすも還暦を越えてもなお、貯金箱をガラガラ鳴らしては町内会に迷惑をかけていて、ここへ来て膀胱炎による寝小便は、ようやく治癒したのだが、心臓がペコペコと鳴りはじめたのであったのだった。

あせ あせ なんかなー。株でも、うまくいかんしなぁ~。

左巻きヒステリ (世に倦む日日)
2018-12-29 12:28:11
NHKのニュースで、中東の投資家が株を売っていると言っていた。クリスマスにこれほどの暴落は初めてだと。根が深い。トランプが米中経済戦争をやめない限り、ダウは下げ続ける。自縄自縛。下落を止めたいなら、孟晩舟を釈放することだ。
革命児トランプ (世に倦む日日)
2018-12-29 12:51:25
アメリカは民主主義のお手本の国、というのが日本の常識ですけれど、政治の実態は全く違いますね。FRB議長まで勝手に解任しようとしている。国務長官も、国防長官も、司法長官も。まさに強権独裁。米国は変わってしまったと思います。米国の力が落ちている証拠だ。
巨人大鵬たまご焼き (古腹)
2018-12-29 14:00:37
「圧縮バットのせいでワンちゃんの記録がかすんで見える」などと豊田泰光は豪語していますが、そうでもなさそうです。

まず、王貞治が使っていた時期、圧縮バットを使っていたのは王貞治だけではなかったということ。
そして、55本打った年、王貞治は圧縮バットを使っていないということ。
更に、圧縮バットというのは扱いが難しく、バッティング技術を習得した人でないと飛ばせるバットではなかったということです。

この「圧縮バット全盛期」は、現在のようにアオダモが全盛ではなく、ヤチダモという木を原料としていました。
このヤチダモは樹脂を注入しやすいので圧縮バットの生産にはもってこいだったのですが、圧縮バットが禁止されると、折れやすい致命的な欠点が浮き彫りになり、粘りがあるアオダモが主流となっていきます。
圧縮バットのほうが飛距離が出るとして愛用されたのですが、本当に圧縮バットのほうが飛距離が出たのか、今となっては不明です。
球場の狭さは別として、バット生産の技術は今のほうが格段にアップしています。それ以上に、選手にバットが合う、合わないが一番の問題なわけですから、この手の議題はきりがなく続いています。
職人だった落合などは、メーカーが落合タイプとして作った20本以上のバットから選ぶわけですが、同じように作っていたのに、落合が使ったのは2本程度だったそうです。それぐらい微妙なものです。

合法、違法という考え方から行けば、圧縮バットは合法ですが、ソーサが使ったコルクバットは違法です。
コルクを詰めたから飛ぶのかどうかは知りませんし、それぐらいで格段に飛距離がアップするほどバッティングは簡単ではないのですが、当時としては圧縮バットは多くの日本人選手が愛用していたのです。
オイ 今井 (PGM)
2018-12-29 22:39:14
> >ここんとこよく、鉄道で人身事故が起きてるけど界隈では、ばかもめが真っ先に飛び込むのだろか。


オイ 今井。

おめは塚原かもめが列車に飛び込むとでも思っているのがな??

鉄道から1000万円くらいの損害賠償金を請求されるぞ!!

それよっか塚原かもめは、近い将来 自宅のボロアパートで首つり自殺するべな!!(爆)

死んだら、死んだものからカネを取ることは出来まへん。払う1000万円があるくらいなら、飛び込みまへん。死んだ者が勝ちですがな。請求されるかも知れない子供はたまったものじゃなからにゃ。
物欲俗物栗きんとん (今井政幸)
2018-12-29 23:45:12
さっきまでちと離れたスーパーで栗きんとんを商っておった。栗きんとんには、去年は失敗したもんな。正月のおせち料理は、歳の初めのお祝いに、一年の息災無事を祈って半ば強引な駄洒落で出来ている。だから、実際、おせちを食べたところで一年か^_^無事ってことはないけど、それでも1年が無事であるよう祈願する気持ちは誰にでもある。わたすの場合は、たくさんのお金が入ってくるのを祈願するのだけど、それだと食べるのはなんといっても栗きんとんだ。無論、去年の暮れには、しっかと買って食べた。んが、今年正月が明けて、栗きんとんをそのスーパーに買い出しに行ったら、もう、無い。
なんでだ。客は食べたいぞ、栗きんとんを。スーパーは、年が明けるとさっさと、おせち料理を店内から撤収するのねん。
ったく。だから、わたすは、食べたい栗きんとんが年明けそうそう食べられなかったのだったのだった。
で、で。

ふんで、今年こそはと思い切り、さきほど、近場の栗きんとん屋で、買ってきました、取り敢えず2つ3つ。高いのと安いのの2つと中ぐらいのを1つ。明日、明後日とそこは21時半まで営業するそうな。なので、31日夜21時半までには、わたす、もう2箱の栗きんとんを買ってくるのだ。栗金団をたべて激動株価を乗り切らねば。

きっと来年の株は下がるかもね。なので、下がった株は買いだい。

ふんで、わたすはわたすは、今日から吉野家の定食では味噌汁を豚汁に変更する。吉野家の豚汁は、美味い。明日は、吉野家の豚汁を食べてこよっと。
反韓半日 (今井政幸)
2018-12-30 00:04:36
例のレーダー照射についてののだが、韓国軍報道官の映像公開への反論を聞くと、韓国は上か下まで状況判断、状況理解が出来てないとつくづくと思う。
決定的証拠になってないというのなら、撃墜用ではないカメラを向けて撮ったその映像を韓国軍が、決定的証拠として公開しなければならない。
というかもうすべて証拠は上がっている。
この後に及んでもなお韓国軍がジタバタするのは、責任を追及されるのを怖れてだろうが、ぶっちゃけ文大統領政権はすぐにでも壊滅する。
映画好きのわたすが勝手に安倍が官邸指導で映像公開に踏み切ったわけを妄想すると、24日にも徴用工裁判で勝訴した差し押さえるとした韓国弁護団の行動に対し、日本資産を差し押さえたなら直ちに、日本にある韓国資産を差し押さえると言ったことが、発言通り、即差し押さえるとのデモンストレーションかと理解する。
この安倍の決意は堅い。
なので韓国軍報道官は、本当は、慎重に言葉を選んで、日本が韓国に攻撃してこないよう細心の注意を払うべきだった。
ま、軍人が政治を知らないのは罪ではないが、結果、文政権を壊滅する手助けをしてるだけ。
軍事的になら、韓国が、日本の哨戒機にミサイルを撃ち込んだら、自衛隊は、韓国国内を攻撃することはないが、日本の安全保障を担っているアメリカ軍が、韓国国内を攻撃する。
ったく、無知の報道官に釈明させる韓国って、ガキ以下だ。
話が分かってないというのは、こうゆうお粗末さを曝け出してしまうわさ。
韓国に未来はないね。
好韓反韓 (世に倦む日日)
2018-12-30 01:03:47
今回の下落がどれほど急で大きなものかが分かる。火曜日の東京も凄まじい下落になるだろう。しかし、不思議なことに誰も騒いでない。マスコミもネットも、ゴーンの話とレーダー照射の話だけ。ニュースにならない。
今日は、叔父さんちに行って (今井政幸)
2018-12-30 16:40:01
叔母さんの作ったおせち料理を貰って来た。
お返しに、叔母さんが良く行く横浜高島屋で使える全国百貨店共通券1万円分を渡したけど。

で、叔父さんが来年の株価の見通しをわたすに聞くから、来年の日経平均株化は、15000円だろうと答えたら、がっかりしておった。

いまの状況で株価はさがることはあっても上がることはないやね。

リーマンショクで、平均7000円以下になってから、これまで右肩上がりに上がってきたから、これからは株価は下がる。誰のせいでもない。投資とはそういうものだ。上がったら下がって、下がったら上がる。

なので、来年、株価が下がりに下がる来年年末が株の買い時じゃろか。

株は安い時に買わねば。

あせ あせ ああ滅入った滅入った。

コメントを投稿

■日常的なあまりに日常的な弁証法」カテゴリの最新記事