川名ますみ句集

花冠同人川名ますみのブログ句集

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2008-11-24 17:22:34 | Weblog
  序

 川名ますみさんは、ピアニストとして活躍されていたが、病気療養の生活に入り、俳句を始められた。句歴は四年で、その間の俳句は病床のものである。

  つばくろの声に患者ら空仰ぐ
  春光に縁取られつつ白衣過ぐ
  歯ブラシを朝涼の明るきへ立て
  療苑を貫き越えぬ黒揚羽
  満月へ両手を広げ照らされむ

 これらの句には、病者とは思えない明るさがあり、意志の強さがある。病床にあっても、芸術家としての内面の強さを持ち続けていることを嬉しく思う。こうした俳句への姿勢は、ますみさんが物事を絶えず真っ正面から見ていることで、また、観察の対象を自分の目の高さで見ているからである。

  道ひろく春山絶えず正面に
  小鳥来てわが目の高さそこに置く

 そして、何かを絶えず求め続けているので、それが新鮮で、読み手をはっとさせてくれる。読み手に励ましを与えてくれる俳句である。

  雲の峯追うて何かを見逃せり
  雪礫空に返したくて放る
  残る鴨みずから生みし輪の芯に

 ますみさんの句の新鮮さは、もの珍しさにあるのではなく、日常のどこにでもあって、誰もが見ているものに作者自身の発見があることで、作者自身の驚きが新鮮なのである。療養生活の限られた中にあっても、心は自由で、閉ざされたところがない。

  もう風は爽やかだから出ておいで
  えのころの芯にぎっしり実の青き
  ラムネ飲むきれいに響くところまで
  プールから花のタオルの中に入る

 長年の療養生活は、なにかと辛いものがあろうが、父母との自宅での生活に喜びがあり、安心がある。

  少しずつ父はカトレア咲かせおり
  空見よと扉を叩く母秋立つ日
  真っ白なショールの届き誕生日

 川名ますみさんの代表句としては、次の三句を採り上げる。

  ものすべて光らせ来たる木の芽風
  脱稿をこの日と決めし一葉忌
  水のいろ火のいろ街に秋燈

 本句集は、ブログ句集として世に出た。多くの方々に読んでいただければと願い、これらの明るく若々しい句が元気な人々にも励ましを与えてくれるに違いない。

   平成20年11月
                             高 橋 信 之
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 目次 | トップ |   

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事