chalkhills and children

音楽、サッカー、海外ドラマなどの情報や身の回りに
起きたことを淡々とつづるプログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Duran Duran と美女たち

2009-02-12 21:05:25 | 音楽
久しぶりですが、今回はDuran Duranです。

Duran Duranは今までのブログでもかなり取り上げましたが、
今回はちょっとマイナーで、隠れた名曲のPVを紹介します。

たまたま、BSで彼らのライブを観てしまい、ちょっと懐かしさ
にひたりつつ、勢いで書いてます。

なにせ、Duran DuranのPVは基本的に、美女、もしくはモデルが
全面に出てるPVが多いです。

かの放送禁止で有名な「Girls on film」なんて、その典型ですね。
「Skin trade」なんか、当時、ジョンが付き合っていたモデルが
出演してたという噂がでてたくらい、彼らと美女とはきってもきれない
縁があります。

確かに、メンバー自体がほぼイケメンなので、映像栄えがいいとは
思います。僕も当時、ジョンが世界で1番かっこいい男だと
信じてたくらいですから・・・。

Duran Duran - Notorious


1986年発売。ちょうどアーケイディアとパワーステーションの活動を
終えてからのシングルです。普通にアンデイとロジャーがいませんね~。
このPVはかのスティーブ・ウィンウッドが、自分のPVをパクったとイチャモンつけてました。。ちなみにこれが問題のPV。

Steve Winwood - Higher Love


確かに似てるけど、このPVのはるか前にDuran Duran自体がこんなPV作ってます。

duran duran my own way


モデルと踊りながら歌うスタイルはこのころからDuran Duranの専売特許
なんですね~。アンディの化粧が少しキモい・・・。

The chauffeur


1978年作。デビューアルバムにはいってます。僕が中学
当時から思ってたのですが、なんとも不思議でシュールなPVですね。
バンドは登場せず、ひたすら、3人の女性が下着姿で踊ってる?だけなので、
もちろん、嫌いな曲リストに入ってました。

Duran Duran - Serious


1990年、「Libety」より。
このアルバムなんですが、僕的にはこの曲しかいいのが
ありませんでした。ちょうど、あの大復活アルバム「Weding album」の
前なので、なんか微妙に地味ですね。
でもジョンやニックの後ろに歌いながらたたずんでるモデルが
なにげにかわいい!やっぱりPVの美女センスは相変わらずバッチリ
です。

Duran Duran - Violence of Summer


これもちなみに「Libety」より。
あっ、「Serious」のほかにもいい曲ありましたね~。
これは曲うんぬんよりもやっぱりPVです。
出演してるモデルたちがまたエロかわいい!
ギターのウォーレンの筋肉美もすばらしいし。
撮り方がうまいのか、映像がかなりきれいです。

Electric Barbarella - duran duran


1997年、「MEDAZZALAND」より。
このアルバムも試聴して、この曲以外ほとんど聴けませんでした。
PVもサイモンとニックとウォーレンしか出ておらず(ジョンは一瞬脱退してた)
PV自体、ちょっと変態的なストーリーになってます。
視点を変えるとかなりエロい映像です。

Duran Duran - Falling Down (Single Version)


今回の新作です。
あのジャスティン・ティンバーブレイクがプロデュースした曲
で、サビのギターが叙情っぽくて僕は好きです。
すでにアンディはいなくなっており、ロジャーもいるかどうかも
このPVではわかりません。
ニックのふっくらぶりがちょっと引いちゃいます。
ジョンもなにげに老けました・・・。

おまけ

Duran Duran Friends Of Mine


1stアルバムより。
あの相当映像を駆使していたバンドなのに、このPVは少し地味です。
なぜか、フランツっぽい衣装とPVだと思ったのは僕だけかな?
30年前なので、みんな当然若いです。
2003年の来日公演(東京)で、最初にやった曲でした。
懐かしさに、みんな燃え上がってましたね~。



コメント