chalkhills and children

音楽、サッカー、海外ドラマなどの情報や身の回りに
起きたことを淡々とつづるプログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

てくのぽっぷ!

2011-04-25 18:25:03 | 音楽

最近、月イチの更新になってしまい、もうほとんどの人が見向きもしなくなってきた我がブログですが、マイペースで更新していきます。暇なときにでも目を通していただければいいんじゃないですかね~。

今回は、「テクノポップ」

前に「ニューロマンティック」や「british invention」とかで書いたかもしれないですが、まあ、かなり前だから、かぶっても気にしない、気にしない~。

今でも。デルフォニックやマイアミホラーなど、テクノっぽい音やメロデイを持ったバンドが増えてきました。音楽の廻り合わせが一回りして戻ってきてるのかもしれません。

僕の記憶のなかで、1番印象に残ってるのが、もちろん、KING OF テクノのYMOです。

ハマったのは高校時代で、最初に「アフター・サービス」というライブ盤を聴きました。メロデイの創造性のすばらしさと、何よりもそ当時ですら、斬新な音づくりに感動しました。

そのあとは、キーボードやピアノが入った曲なら片っ端から聴くようになり、ギター中心のバンドにしばらく見向きもしなかったですね。だから、高校時代に流行ったバンドはだいたい後付けで聴いてるものが多いです。

 

YMO - Firecracker (Budokan 1980)

 

 

この曲は今でもよく聴いてます。特に細野が弾いてるパートはよくベースで指の練習がてらに繰り返し弾いていた記憶がありますね。

YMOには中国的なメロデイが多いな~と昔から思ってましたが、この曲もそのようですね。

跳ねるようなリズムは無機質なテクノサウンドをより踊れる音にしてます。クラブでもよくかかってました。

 

The Human League - (Keep Feeling) Fascination

 

御存じ、「ニューロマンティック」の項でもふれましたが、彼らも立派なテクノバンド。

過去にYMOのリミックスアルバムをつくったらしい。それほどテクノにはこだわりをもってるのか?ルックスのイメージが強いから、テクノっぽい感じがあんまりしないのがいいのかも。

 

Eurythmics Sweet Dreams

 

このユニットも最初はこんな感じのテクノポップでしたが、ジャンルを超えた、いわゆる「ユーリズミックス」というジャンルを確立しました。

これがファーストシングルなんだから、もう最初からすべてが出来上がってるようでしたね。僕は「リヴェンジ」から聴きだしたクチなので、この曲を聴いたときは当時のイメージとのギャップからあんまり好きになれなかったです。

 

Yazoo -- Only You

 

テクノというよりもエレクトロポップなんですが、とりあえず、仲間に入れときます。

この曲は、かなり後付けで聴いてます。なにかの映画の挿入歌に使われていてラブ・アクチュアリーだったかな?)、メロデイの優しさと、シンセの広がりに胸をうちました。

30歳を過ぎてから聴いたから、素直に音が入ってきたけど、高校時代だったら、まず聴かなかったでしょう。テンポがゆっくりすぎるしね~。

 

Talk Talk - It's My Life

 

これもテクノというよりもエレクトロに近いかも。だんだん、テクノから遠くなってきてますが、気にしない、気にしない。

この曲も後付け。ヴィサージの映像をyoutubeで観るときに関連動画であがってきてます。当時聴いてても必ずハマりそうなサウンドで、僕の好きな要素がかなりつまってる曲ですね。

 

jelly - capsule

 

なんかパフュームっぽいですが、このユニットのリーダーでもある中田ヤスタカはパフュームのプロデューサーなので、似てて当たり前ですね。

いわゆる「テクノポップの第2期」とも呼ばれていて、YMOのあとに続く次世代テクノとでもいいましょうか。僕は最初に聴いた印象は、テクノなピチカートファイブみたいな感じがしましたが、聴いてるうちにしっかりとしたクラブサウンドの上にテクノポップを上乗せした感じになってきました。

ただ、リミックスになるとテクノポップよりもミニマルテクノになっちゃうから、あんまり好きになれませんね。

 

Thomas Dolby - Urges

 

なんかかなりマニアックな曲順になっちゃいましたが、最後はトーマス・ドルビー。

僕のブログにもよくとりあげてます。これもテクノポップといってもいいでしょう。彼は坂本龍一ともコラボレーションしており、YMOグループの一員といえるでしょう。

ちなみに、この曲は最初のシングルであのXTCのアンディ・パートリッジと共同プロデュースした曲なのです。アンデイらしさが全くないので、なんとなく?でしたが、気に入ってしまえばもうどうでもいいんです。

これはおまけで・・・。

XTC - This Is Pop

 

これも立派なテクノポップ。当時は「テクノ・パンク」といわれてました。

キーボードを弾いてるバリー・アンドリュースの破壊的なサウンドに、XTCを聴き始めた当時は思いっきりハマりまくりました。ベースで耳コピもしましたしね~。

アンデイも坂本龍一や矢野顕子とも交流があり、坂本や矢野のアルバムにギターで参加するなど、テクノポップとは違うところでつながってましたね。

 

こうして、つらづらと書いてきましたが、本当はあんまりテクノポップに詳しくありません。どちらかといえばシンセポップに近い方が好きなのです。

まあ、ジャンルはいつでも広範囲にとらえるものだから、どっちでも同じだといえば同じなんですが、クラブミュージックにあるテクノはほとんど聴きません。眠くなるんですよね~。

今後は、タワレコやitunesなどでアンテナをはりめぐらし、また新たなジャンルの音楽をお届けできればいいかな~と思っております。でも、もう1カ月以上もCD買ってません。

これは僕にとっては異常事態です。本当に早くなんとかしないと・・・。あとは、MTVでも観て探すしかないね~。

コメント (2)

J-pop最高!

2010-12-22 17:45:36 | 音楽
ひさしぶりに音楽ブログです。

僕が初めてJ-popを聴いたのは、中学時代。
1番、音楽感性の鋭かった時期ですね~。

この当時は洋楽もほぼ同時に聴いていたので、
今みたいに、何聴けばいいのかな~みたいな悩みもありませんでした。

やっぱり、マニアな僕なのでb、聴いてたJ-popもやっぱりマニア。
まあ、有名なところだとレベッカ、ボウイー、バービーボーイズとか・・・。

今でこそメジャーな彼らですが、僕が聴き始めた当時はまだまだマイナーで、
僕のまわりの友達ぐらいしか知ってる人がいませんでした。

今みたいに携帯やパソコンが普及してなかった時代なので、ほぼ唯一の
情報源がテレビでした。

もちろん、まだスカパーもWOWOWもなかった(?)ころなので、音楽専門チャンネル
観たいなものもありません。

関西だと「ミュージックトマト」という、アーティストのPVだけをひたすら
流す番組がありまして、そこで、レベッカやバービーボーイズを知ったので、
かなりひつこく観ていた記憶があります。

そのころは、自分だけが知ってるバンドなんだという、少しひねくれた考え方
をしていて(実際はほとんどの人が知っていたんだけど)、
ますます、マニアックなバンドを探して聴くようになり、気がつけば
周りの誰とも話が合わなくなってきました。

今みたいに(このフレーズが多いね~)、MIXIもなかった時代なので、
僕の気持ちがわかる仲間たちを探すこともできませんでした。

ライブハウスやコンサート会場とかで知り合うという手もありましたが、
人見知りがハンパないので、話すことなんて当然無理。

それでも、大学にはいるころには、周りに合わせようという気持ちが強くなって
いたので(協調性のあらわれ?)、音楽の聴き方やとらえかたも前よりも
マシになってきました。

やっぱりカラオケ行くようになったら、マニアなんて言ってられないもんね~。

サザンやミスチルをムチャクチャ歌ってた当時が懐かしい・・・。

アラフォー連中とカラオケに行くと決まってボウイーかルナシーか
TMネットワーク(TMNでいいのか?)とかを曲入れするので、
モノマネをいれながらシャウトしてる自分が恥ずかしい・・・。

2~3年前にバイト仲間と一緒にカラオケに行った時、みんな知ってるものだと
思って入れた氷室の「KISS ME」をみんな初めて聴いたという顔をしてました。

ジェネレーションギャップか・・・、そんなに氷室はマイナーなのかな~?


REBECCA 「フレンズ」 PV


このPVを見た瞬間に、レンタルレコード屋にチャリ飛ばして借りに行きました。
それほど衝撃的だった曲です。
メンバーのファッションが時代を感じさせますね~。
当時のNOKKOはマドンナに憧れていて、ファッシヨンから歌詞から生き方まで
ほとんどマドンナづくめでした。ソロになってからは、マドンナとは全く
違う路線になりましたが・・・。


BOOWY - わがままジュリエット(PV)


中2のとき、友達に薦められて聴いたのがこの曲。
すごくシュールなPVなので、友達といろいろあーだこーだと言い合っていた
こと思いだします(なんであの女の子か包帯まいているんだとか・・)。
このときの氷室の髪型をマネしてました。休憩時間になるとトイレに
行って髪型チェックしてたりとか・・・、なんともほほえましかったですな~。


BO遵KWY-ミス・ミステリー・レディ(Visual Vision)


この映像のライブビデオもってました。
カラオケでも本当のボウイマニアがいるときにしか歌いませんでした。また、
このライブそのままマネして歌っていたので、今考えるとかなり気持ち
悪いですね。


VENUS KOMEKOME CLUB


これも米米クラブで初めて観たPV.
このまえからも聴いていたのですが、このPVは死ぬほど観ていたので、
観てるとこの当時にタイムスリップしますね~。
このときはボーカルのカールスモーキー石井が日本で1番ハンサムな
アーティストだと信じてました。

Shake Hip!


大学時代にかなりの頻度で歌い狂い、踊り狂った曲。
この当時の僕を知ってる人なら、この曲を聴いて僕を思い出さない人は
いないでしょう。ライブも2回ほど行きましたが、まだそのころは
派手な仕掛けや演出もなく、チケットもとりやすかったです。
ボウイーもそうですが、今でいう伝説のライブに行けたことが
自慢にもなってますね~。


バービーボーイズ - なんだったんだ?7DAYS



これも初めて観たPV.
前述のミュージックトマトという番組で知りましたが、
男女のツインボーカルという形に衝撃を受けて、
これもすぐに借りに行きましたね~。
今でもI-PODにはいってます。


PSY.S - レモンの勇気 [PV]


知る人ぞ知る最強ポップユニット。
この曲は当時人気のあった漫画「TO-Y」のアニメ版の主題歌でもあります。
アラフォーのオタク連中なら知ってるでしょう。。
このユニットのリーダーでもある松浦雅也(このPVでギター弾いてる人)
は、今ではゲーム音楽の先生みたいな人になっていて、あの「ハラッパラッパー」
の音楽も彼が担当してます。「ハラッパラッパー」もみんな知らないだろうな~。


TM NETWORK / Come On Let's Dance



この曲も最初のイントロの転調にびっくりしました。
メロディーも今まで聴いた感覚じゃなく、はじめてのダンスサウンドに
相当ハマってました。当時はシーケンサーとか知らなかったので、
溢れる音の多さに感動しましたね。


永遠のパスポート


この映像のライブ観に行きました。
当時は大学4年で、就活の面接帰りに観に行ったので、スーツ姿だったことを
覚えています。
最後のアンコール曲が「seven days war」だったので僕のまわりの観客が
すごいブーイングをしてました。僕もしましたが・・・。



まだまだあるんですが、今回はこの辺で。
このころ聞いていたアーティストやバンドたちは今でもしっかりと聴いています。音のアレンジは確かに古くなっていますが、センスやメロディーはまだまだいまの音楽にも
負けてませんよね~。








コメント (2)

ビルボードライブ!

2010-06-10 23:07:41 | 音楽
もう昨日の話になりますが、大阪の某ビルボードライブにて
レベル42の来日ライブがありました。

中学生のころからの大ファンだった僕はもちろん、観戦しに行きました。
18時くらいから、会場に入りましたが、もう緊張しっぱなしでした。

僕が舞台に立つわけではないのですが、なにせ、もう僕が生きてる
間には絶対来日しそうにないくらいに、マイナーなバンドなので、
彼らに出会えた時の感動はもう言葉に表せないくらい。

ちょうど80年代が彼らの全盛期で、アメリカのチャートにも
ちょくちょく顔をだしてるくらいの中堅的な人気バンドでした。

90年代に入ってからはメンバーの脱退や、ソロ活動などでバンド自体の存在が
薄くなり、最近になってようやくアルバムが発売され、まだまだ健在なところを
アピールしてました。

僕のレベル42への深い愛は以前にこのブログでも暑く語っていますが
http://blog.goo.ne.jp/kaka0524/e/3b62307f7142014b66c3b72d0db44d4a

実際にライブで体感した感動と衝撃は、とてもじゃないが文章で語れるものではありません。マークがステージに上がるときにはある種のオーラが出ていました。

彼は最高のエンターテイナーなので、観客を盛り上げることも忘れてはいませんでした。

わずか2時間程度のライブでしたが、彼らをはじめて聴いた24年まえに思いっきり
タイムスリップしたような気持ちになりました。

まるで夢の中にいるような感覚・・・まあ、一種の現実逃避に近い感覚とでも
いいましょうか・・・。

ここ最近、いろんなことで行き詰っていたので、ストレス解消の効果もありましたね。

来年も来たいとか言ってましたが、信じていいのかな~?
今度は、ホールとかでやってほしい。あとマークのベースソロも
もっと長く聴きたかった!

ちなみに、僕はほとんど彼の指の動きしか見てませんでした。
だって、むちゃくちゃ速いスラップなんだも~ん。

Level 42 - Dream Crazy


まさかこの曲をやるとは・・・。
アルバムにも入ってない、知る日とぞ知る名曲で、
サックスとベースのハモリが最高です。ちなみに、まともにこの曲を聴いた
のが10年ぶりくらいでした。

LEVEL 42 - KANSAS CITY MILKMAN (RETROGLIDE TOUR 2006)


これも、あんまりライブでやりません。
今回発売されたライブDVDにもはいってませんでした。
ミディアムテンポの曲なので、観客も微妙な感じでノッてましたね。

LEVEL 42 - LEAVING ME NOW (RETROGLIDE TOUR 2006)


本当はこの曲をやってほしかった・・・。
バラードは「It's over」という曲が選ばれていたんですけどね~。
この曲は浪人時代に歌詞を和訳して、英文の意訳の練習用によく聴いていたので、
内容も歌詞もいまだにスラスラでてきます。とてもせつない歌詞ですよ。

LEVEL 42 - INTRO AND DIVE INTO THE SUN (RETROGLIDE TOUR 2006)


そういえば、今回のライブは新作のアルバムからは1曲もやらなかったな~。
なんでだろ?マークのファンサービスかしら?せめて、この曲はやってほしかった。
この全編コーラスのユニゾンがなんとなくかっこいい!


Giovanca - Drop It (official video)


最近、というか昨日聴いてハマった曲です。
ちょうど、ライブが始まる前に、今後ビルボードライブに出演するアーティストの
PVが流れてまして、彼女のPVが流れた瞬間に聴き入ってしまいました。
この、軽快なリズムとテンポはなぜか懐かしい。
ボーカルの声も僕の好み。よく聴いてると土岐麻子っぽく聴こえるのは気のせい・・?

The Bird And The Bee - Again And Again



前回のブログでも紹介したアーティストです。
この曲もなんかステレオラブっぽくて好きですね。
セイント・エティエンヌにも似てるので、僕がハマる要素がそろってます。
こんな感じが僕は好きなのです。

Blanc. - past present future


以前にも紹介したMONKEY MAJIK のメイナードのソロプロジェクトです。
新作とはいっても去年に出たので、ちょっと古いのですが、
たまたま、検索してたら、blanc.にぶつかり、気が付けばitunesでダウンロード
してました。MONKEY MAJIK はほとんど聴きませんが、blanc.は2枚ともアルバム
もってます。このタヒチ88っぽい声がきになるのです。


ひさしぶりに観たライブ。自分でも信じられないくらいに盛り上がってしまった
のが、不思議で面白かったです。

次は何観ようか?そういえば、7月にビルボードライブでオレンジペコー
がアコースティックライブをやるらしい。

こいつはぜひとも観に行かないとな~。





コメント

聴きたいものがない!

2010-06-01 17:37:54 | 音楽
先週、久しぶりに、三宮にある某HMVに行ってきました。

もちろん、最近のハウス事情と新作のチェックが主目的で、
まあ、気に入れば買っちゃおう~といきこんでいたのですが・・・。

これが、全くない!

いいな~と思うものも、買おうかな~と迷うものもなかったです。

これは僕にとってはかなりの大事件。
なにせ、一時期はひと月あたり10000円ほどのCDを買ってたのに、
全く食指すら動かすCDがなかったなんて・・・。

僕の音楽センスはもう古いのか?もしくは、最近の音楽事情がよくないのか。
どっちにしても、昔から音楽を聴いてると、新らたなメロディーやリズムを
探すのが難しく(もしくは面倒くさく)なってきてます。

テレビやFMとかで新しいミュージシャンちかの曲を聴いても、「なんか前に
聴いたことあるな~」と思ってしまうことがあり、その昔聴いたミュージシャン
を思い出すのに時間がかかって、結局、まともに耳を傾けて聴くことも
できなくなってきてます。

このままだと、昔の曲しか知らない時代遅れのオヤジになってしまう・・・。

まあ、そこまで大袈裟ではありませんが、確実に新曲買いが進んでいません。
ハウスの世界でも着実に世代交代が進んでいて、最近だとエレクトロが主流に
なっており、かのDJ MAKAIも最新のアルバムではすっきりとラテンハウスから転身
しており、昔からのファンを激怒させてます。

まっ、あんまりよろしくなかったんですよね~。

僕はラテンで生音ハウスが好きだから、最近の主流についていけなくなってきてます。
なかなか好きなメロディーやリズムというのは簡単には換えることができないから、
前から持ってるCDを聴き続けるしかないんです・・・。

だが、もうすぐ、スタジオアパートメントの新作が出るので、少しは期待してます。
彼らが僕の聴きたくない方向にいってないことを望む!

ちなみに、今回ワイドショーでも有名になったあの沢尻エリカ嬢の新曲ですが、
そのスタジオアパートメントがプロジュースしたそうです。

確かに曲はいいんです。正直、itunesであったらダウンロードするでしょう。
あの半ケツが有名になってしまったので、曲のクオリティとかは一切無視されて
しまったのもしょうがないですね。

あとは、地道にタワレコやHMVとかで試聴して、新たな音を発掘しなくては
いけないな~。ニュー・オーダーやバーシアなんか聴いてる場合じゃない!

それでも、今日はもうすぐ来日するレベル42のライブ盤を聴きこみます。
やっぱ、マークのスラップは最高だぜ!

Heard It On the Radio - The Bird and The Bee


それでも、とりあえずは買っちゃいました。こういった単純なテクノポップ
に弱いのです。だからといって。パフュームやカプセルは聴かないですね。
なんでだろ?

Anan Ryoko - All Day, All Night, Always Feat. Ak


これはかなり前に買いました。
この曲のボーカル、どこかで聴いた声だな~と思って検索したら、
なんとAK.あのスタジオアパートメントの「beautiful sunrise」
という曲のボーカルなんですね。ちなみにこんな曲。

Studio Apartment - Beautiful Sunrise


エリカ嬢の曲も彼女が歌ったらかなり感じがかわりそうですよね。
こういった透明感のある声に惹かれます。

Lady Gaga - Telephone (Official Clean Version) ft. Beyonc醇P


ランチ時によく行くカフェでしょっちゅうかかっていて
気がつけばハマりまくりになりました。
マドンナっぽいんですが、彼女よりも過激です。
下着姿でのダンスシーンなんか、昔観たMadison Avenueのライブによく似てます。
もう映像が残ってないから紹介できないのが残念ですが・・・。
いわゆるTバックで踊ってるんです。












コメント

最近の気になったモノ

2010-01-25 18:25:31 | 音楽
新年1発めですが、もう25日です。

なかなか忙しく、最近はジムにも通いだしたので、
ブログを書く暇も、読む暇もないくらいです。

さすがに僕のメタボ化が深刻に進行しており、
LよりもLLでないと服がキツイという現状を知ったとき、
もうこれはやるしかない!と思い立ってのジム通い。

まだまだ1週間くらいですが、1.5キロほど痩せました。
まあ、気持ですけどね~。

目標は大きく見積もって10キロ減。
代表の岡田監督もW杯ベスト4というとんでもない
目標を掲げていることだし、僕も目指しますよ!

ところで、最近気になったモノ・・・まあ、音楽ですが、
まだ買ってないんですが、何回も試聴して悩んでます。
こいつです。

Delphic - Counterpoint



80年代を少しでもかじってるおっさん、おばさんなら懐かしすぎる
テクノポップ。
キーボードを必要以上にリフレインさせて、ドラムでかぶせる。
どこかで聴いたことの音なのに、誰なのかがでてこないです。
OMDに近い気がするんですが、こんなにハードじゃないし、
どちらかというと、underworldよりですね。
また試聴してきます。

Kenichiro Nishihara - Nebulosa (Album Mix)


実際は結構前に発売されてましたが、タワレコでなにげ試聴してたら(そういえば試聴しまくりですね。じつは暇人なのかも~)、これがおしゃれで、かっこいい。

ジャズをベースにヒップホップやハウスサウンドにのせて、遊びまくってるのが
印象的ですね。ピアノがメインなので、音が柔らかくなりがちですが、
かなりエッジをきかせてます。

実はこのアルバムの2ndがもう発売されてましたが、僕にとってはちょっと・・・でした。
なかなか連続してあたりアルバムはつくれないかもね~。

Base Ball Bear - Changes



普段、あんまり聴くジャンルではないんですが、たまたま観たwowowのライブで、
おや?聴いたことあるメロデイだな~と思ったので、すぐにPCにて検索しました。
やっぱり、ボーカルの彼(小出祐介といいます)が、大のXTCファンで、
ライブのSEも彼らの曲を流してるとか。
 
曲も小出くんが書いてるので、自然とXTCのようなねじれポップができあがるんでしょうね。ちなみに、彼は、XTCの「Brack sea」というアルバム名をちゃっかり
曲に使ってます。XTC好きじゃないと気付かないだろうな~。


このところ、音楽よりもファッションにお金をかけてるみたいで、
台所が火の車です(笑)。やっぱ、CD代よりも洋服代のほうが
よけいにかかるから、なかなかワードローブがふえません。

だが、昔よりかはかなりおしゃれになってるハズ!
ていうか、なってると言われたい・・・。






コメント (2)