広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

暮らしのサイズ

2017年10月27日 | 記事
その通りだなー。としみじみ思った記事がありました。
モノを手放したら不安が消えた——家電製品もガス台もなくなったら快適で幸せな日々が待っていた

なかなか、同じような生活は無理にしても、思いは同じです。
稲垣さんにとって、家事は生活そのものだということが伺えます。

「それに、自分自身の過去と現在を比べてみても、『家電があった時代』より今のほうが家事の負担感は減っているのだ。いやー、もしかして……。家電……全然家事を楽にしてないんじゃないの!?いやむしろ負担を増やしているんじゃないかという疑惑が!」(引用『寂しい生活』p.242)

家電をガンガン使ってバリバリ働く人。
家電を手放して会社も辞めちゃって自分の生活範囲を狭めていく人。
人生にはいろいろな選択肢がある。そして、家事の姿もそれぞれだ。

記事に書かれてある
「自分で整えられる暮らしのサイズは決まっている」
この言葉には、心から納得。
(M)

来る10月28日東京ウィメンズプラザフォーラムがあります。
NPO法人コレクティブハウジング社では、セミナー・ワークショップを行います。
当日来られても大丈夫とは思いますが、メールにてご連絡いただけると、嬉しいです。

詳しくはこちら↓

【「セミナー&ワークショップ “家事”していますか-男も女も“変われる!?”暮らし方」
日常生活に欠かせない家事。
コレクティブハウスを参考に、老若男女が共に担うことで育む、暮らしの可能性を考えてみませんか?

10/28(土)18時-20時半・東京ウィメンズプラザ第一会議室にて
(渋谷区神宮前5丁目53-67→地下鉄表参道駅徒歩7分)
参加費1,000円。お申込は、NPO法人コレクティブハウジング社
 [E-mail] 2017twpf@chc.or.jpまたは[電話]03-5906-5340へ
(①氏名[ふりがな]、②年代
※Facebookページ(「いいね!」&投稿のシェア歓迎!)
https://www.facebook.com/shadowworkWS/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 生産性イノベーションで到達... | トップ | 家事ワークショップ開催報告 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

記事」カテゴリの最新記事