広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

家事ワークショップ開催報告

2017年10月29日 | ワークショップ



家事とは、 先人からの呪い である
家事とは、 身体表現(からだの延長) である


10月28日、私たちNPOコレクティブハウジング社はセミナー&ワークショップ
「“家事”していますか-男も女も“変われる!?”暮らし方」を開催しました。


主旨と流れの説明後、参加者どうし自己紹介も兼ねて
各人の「私にとって、家事とは_である」をシェア。




(↑ちなみにこれは、私が書いたもの。
負荷がかかる、面倒、疲れる、パワーがいる。
でも、心や体が鍛えられる、達成感がある
、という感じです)


次に、食事、掃除などの家事を共同で行ったり、
家事にかかわることを世帯以外の大人どうしが毎月の定例会などで話し合ったりする
ユニークな住まい、「コレクティブハウス」の取材VTRを鑑賞。

北欧が発祥のコレクティブハウスは、
建物内に共同のダイニング、庭などがある一方
各住居には、バス・トイレ・台所などの水回りを完備
居住者は、プライバシーが確保された居室がありながらも
共同スペースでゆるやかに交流ができます。

食事(主に夕食)を、およそ月1回当番でつくる「コモンミール」
当番での共用設備の掃除など
家事の一部を共同化して、みんなで支えあって住まう
合理的かつ、つながる暮らし方です。

鑑賞後は、実際に東京都多摩市のコレクティブハウスに住む2名から
ハウスで共同で行う家事、ハウス内のさらに各住居で行う家事についてなど
お話を伺いました。

まずAさんは、日本と外国の興味深い調査資料についてお話してくれました。

1日3回以上食事をつくっている
1日3回以上食器を洗っている

と答えた主婦は、日本人がダントツの「55.5%」(いずれも)!
かたやイギリス、アメリカほか欧米諸国は、1桁〜20%台。
日本人がいかに「家事をきちんとやらないといけない」という規範意識
やらないことへの後ろめたさに縛られているかが垣間見えました。

パートナー、お子さんとコレクティブハウスに住むAさんは、
「コモンミール」に挑戦したことで料理の腕を上げました。
Aさんの作るシンガポールライスは絶品!

以前は一軒家にお住まいだったBさんは、
集合住宅のコレクティブハウスに来て、家の仕事が減ったそう。
設備・器具の充実した食堂で、パンを焼くこともあります。

コレクティブハウスでの暮らし。人によっては家事が増えるかもしれない一方で
コモンミールや、やったことのない家事(網戸張りなど)を
みんなでワイワイガヤガヤやれるので、家事の心理的負担は軽減できているのでは
とも感じられました。




そして、ユニークな住まいの家事を見聞きしてからの、
再度「私にとっての家事とは」を参加者で語り合いました。

家事とは「日常」「身のしまつ」「ケア(世話)」「試練」「裁縫」
「生きること」など、さまざまな意見が出ました。


まとめ1:「家事とは、 先人からの呪い である

規範意識、性別役割分業、家事をきちんとやらないことへの後ろめたさ、
これまでの社会・人からの「こうあらねば」に縛られていることを
「呪い」と表現し「先人からの呪い」となりました。

まとめ2:「家事とは、 身体表現(からだの延長) である

その一方で「自分を身ぎれいに保つ」とか「自分や家族をケア(身の回りの世話)する」とか
「身のしまつ」とかいう言葉に出てくる「身」、つまり、からだ。
そして、「家事とは生きること」、「家事とは日常」と
自分の身とやはり切っても切り離せないものだ、ということが
みんなの雑談の中から浮かび上がり
「 身体表現(からだの延長) 」となりました。

*  *  *  *  *  *

今後の予定は決まっていませんが、
このワークショップ、メンバーや場所を変えて
もっと多くの方と、また語り合えたらな・・・と感じました。

また何か動きがあれば、このブログでお伝えしたいと思います。
みなさん、ありがとうございました。

(R)
コメント

家事ワークショップに行ったら「家事やれよ!」と説教される予感しかしない貴方へ

2017年10月04日 | ワークショップ
【「セミナー&ワークショップ “家事”していますか-男も女も“変われる!?”暮らし方」】
日常生活に欠かせない家事。
コレクティブハウスを参考に、老若男女が共に担うことで育む、暮らしの可能性を考えてみませんか?

10/28(土)18時-20時半・東京ウィメンズプラザ第一会議室にて
(渋谷区神宮前5丁目53-67→地下鉄表参道駅徒歩7分)
参加費1,000円。お申込は、NPO法人コレクティブハウジング社
 [E-mail] 2017twpf@chc.or.jpまたは[電話]03-5906-5340へ
(①氏名[ふりがな]、②年代、③保育[先着順]の希望の有無 をお伝えください)

★お申込は、こちら(Peatix)からもできます★

※Facebookページ(「いいね!」&投稿のシェア歓迎!)
https://www.facebook.com/shadowworkWS/



「このワークショップ、どんな”家事大好き人間”がやるんだろう?」と思った方もいらっしゃるようですが・・・

何を隠そう、司会進行役のR(私)は、ゴミ処理業者を2回呼んだ「片付けられない人」でした。
そんな私だからこそ「やれ」と言われるしんどさや、毎日巡ってくる家事へのプレッシャーが
痛いほどわかります。

家事を「減らす工夫」「やる楽しみ」という、両方のバランスをうまく取れたら
どんなに毎日がサラサラと流れていくだろう、と思うのです。



というわけで、説教できる立場には全くなく・・・
期待を裏切ってしまい、あいすみません。

(R)
コメント

”家事”していますか?

2017年09月17日 | ワークショップ
 10月28日(土)東京ウィメンズプラザにて平成29年度東京ウィメンズプラザフォーラムが開催されます。
 
 去年に引き続きNPO法人コレクティブハウジング社の参加が決定しました。
 今回のテーマは家事です。
 題して「"家事”していますか-男も女も"変われる?!”暮らし方」

 日々の暮らしのなかで避けることができない家事。
 コレクティブハウスでは、男も女も、すべての大人が家事を分担しています。
 家族や暮らしの仲間が快適で、気持ちよく暮らしていけるように心を配るはたらきのひとつです。

 様々な暮らし方をしてきた人たちが、自分のやり方で家事をしてみると、
 「そんなやり方もあるんだ!」と思いがけない気づきもあります。
 この気づきがきっかけで話し合いが始まり、新しいつながりが生まれます。

 家事って一体何なんでしょうか。あなたにとってはどんな存在ですか?
 ここであらためて"家事”ってどんなものか考えてみませんか。
 意外な発見があり、新しい視点が生まれ、家事にはまってしまうかもしれません。


 ◯プログラム◯

 ステップ1:参加者がそれぞれ「私にとって"家事"とは    である。」を考えます。
 ステップ2:コレクティブハウスではどんなふうに家事を大人全員で分担し、創造的工夫をしているかを
       居住者に語ってもらいます。
 ステップ3:グループで議論し、「私にとって"家事”とは   である。」をグループで一つにまとめ、
       全体で共有します。

 さて、セミナーの前と後で、私にとっての"家事"は変わるでしょうか?

 日時:10月28日(土)18:00~20:30
 会場:東京ウィメンズプラザ 第一会議室(地下鉄表参道徒歩7分)
 参加費:1000円
 定員:40名
 お問合せ・申込み:NPO法人コレクティブハウジング社
          氏名、年代、保育の有無の希望をご記入の上、E-mailでお申込みください。
          お問合せ 03-5906-5340 2017twpf@chc.or.jp
 ★お申込は、こちら(Peatix)からもできます★

 ワークショップ当日まで、家事についてブログを書いていきたいと思います。
  http://blog.goo.ne.jp/kaji-ws
 お楽しみに!!
コメント