SeaHawkのblogへようこそ♪



~異国日本での生活綴り~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

◇◆グローバル展開企業の経営理念◆◇-川崎重工業

2011年09月07日 | 企業の経営理念

◆川崎重工業株式会社 

【会社概要】

・創業:1896年10月15日

・本社: 東京本社/神戸本社

・資本金:104,340百万円(2011年3月31日現在)

・従業員数:

<連結> 32,706人(2011年3月期)
<単体> 14,617人(2011年3月期)

・海外展開:中国、台湾、デリー、モスクワなどの海外事務所。

        生産拠点、国内18か所、海外18か所(連結ベース)

【事業内容】

・川崎重工は、国内外の100に及ぶ関連企業とともに“技術の企業集団”川崎重工グループを形成しています。

・事業分野:航空宇宙、鉄道車両、造船、エネルギー設備、産業機械、環境・リサイクル、インフラ整備、

 レジャー&汎用製品などの製造。

【経営理念】

・ グループミッション:『世界の人々の豊かな生活と地球環境の未来に貢献する』

グループ理念:川崎重工業は、広範な領域における高度な総合技術力によって、地球環境との調和を図りながら、

           豊かで美しい未来社会の形成に向けて、新たな価値を創造します。


この記事をはてなブックマークに追加

勉強会の心得

2011年09月02日 | 経営日記

毎月開催している「一念発起」という勉強会がある。
3ヶ月一度塾長が来られるが、今日は塾長が来られる日である。

事業再生をメインに手掛けている塾長の話、いろんな事例と
最新のビジネスアイディアを取り上げるので面白い。

今日の勉強会では3つのことが印象強く残った。

◆社長として「そこそこ」の言葉使わない
ベンチャー企業の社長は、「そこそこ」で満足するのではなく、
常に自ら最前線に立って、日々創意工夫しながら前に進まなければならない。
社長としても苦手な分野もあるが、一つ一つ乗り越えることによって成長し、
事業も大きくなること。自分ができないことを社員に押し付けるから、
社員の反発や不満が起こる。
「そこそこ」で満足しているなら、成功の経営者にはなれない!

◆「商売人」と「事業家」の違い
事業家は「志」と「儲ける仕組みを持ってビジネスする」この2点である。
志を持たなければ、芯がぶれやすい、事業拡大するには限界がある。
そのため、何のために事業をしているのかを明確に持っているべき。

◆「チャンスとは人間が持ってくるもん」
義理、恩義を通せる経営者であるのか、そうでない経営者であるのかによって、
10年間の経営者になれるのか、あるいは一生の経営者になれるかが変わる。
成功する人には、助けてくれる多くの人が周辺に集まる。

多くの成功者に共通するのはありがたさ、他人への感謝の気持ちを大切にもっていること。

恩義を知らない人間が顧客のニーズをわかるはずがない!

 


この記事をはてなブックマークに追加