尼崎の整体院です|「かいつう館の日々是整体」 腰痛など慢性の痛みは当院にお任せください^^

尼崎・武庫之荘の整体院です。腰痛・股関節・膝痛、首痛や頭痛など大得意。回数券を必要としない、通えない方のための整体です

体重をかけると、腰が痛い

2013-03-02 07:00:00 | 健康 整体
横座りをしていて、そこから向きを変えるときに腰にビキッと・・・という方が2年ぶりくらいに来てくださいました~。
相変わらず、ごぶさた~、の会話が日常化しつつあるかいつう館です(苦笑)。

今は、前に曲げるときが痛いのと、立ったときに右に体重をかけると腰ガ痛いのと。ということでした。

左腰に体重をかけるのは平気です。
まあ、体が歪んでるんでしょうね、というのは簡単です。
だけど、体重を乗せると痛い、という意味は、体重を乗せなければ痛くない、という意味でもあります。

屁理屈ですが、ベッドに寝た状態で「立った状態で右腰に体重をのせた状態」と同じ形にしてもらうと、痛みはでません。
当たり前・・・ですよね?当たり前な感じがしますよね?
でも、痛いときと同じ「カタチ」にしてるんですよ???

つまり、右腰に体重を乗せた「カタチ」に痛みは左右されていないのでは?という考え方もできるんだと。
裏を返すと、右腰に「体重を乗せた」こと自体に痛みが左右されているんじゃないか、という考え方もできると思うんですね。



どうしても「歪み」や「カタチ」から入ると、そのカタチの「意味」をつい忘れてしまうことがあります。だって「見たら明らかに歪んでいる」んですもんね。


歪んでいても、痛くない。
そこに体重がかかることで痛くなる。
とすれば、歪みに腰痛の原因があるのか、体重を受けている部分に腰痛の原因があるのか。
この文章からだと、どっちに思えてきます?
こんなふうに情報を文章で並べていくと、見落としがちなことも浮き彫りになってきます。

こういうお客さんばかりじゃないので、歪みが腰痛の原因ではない、と断言するわけではありませんけど、ね。

今日もありがとう。
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 真夜中のスピリチュアル整体小噺 | トップ | 頭痛が取れて良かったよかった♪ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

健康 整体」カテゴリの最新記事