尼崎の整体院です|「かいつう館の日々是整体」 腰痛など慢性の痛みは当院にお任せください^^

尼崎・武庫之荘の整体院です。腰痛・股関節・膝痛、首痛や頭痛など大得意。回数券を必要としない、通えない方のための整体です

東へ西へ

2005-08-29 13:22:59 | 健康 整体
名医も読んでるかいつうブログ。
人々の健康に寄与していない(笑)ほのぼのブログ。
この前は、コメントで機先を制されてしまったので、きょうは仕切りなおしじぇす。

こんな人がいたと思ってください。製造ラインで働いていて、指や手首を酷使する仕事についている女性がいた、と。で、ここ数年来、仕事で手先を使うと痛いんだ、と。

かいつう館に来られたが、いまいち、著効がでない。それで、施術をしながらお話を聞いてみると、仕事内容、人間関係も含め、会社に行きたくないんだ、と。



こんな人がいたと思ってください。年配の女性。趣味で卓球をやっている。そのせいもあってか、ここ数年来、両膝が痛いんだ、と。

かいつう館に来られたが、一回でかなり軽くなった、と。それで、施術をしながらお話を聞いてみると、痛いながらも好きだから、卓球を続けており、もっともっと卓球を楽しみたいんだ、と。



さてさて。僕はこんなことを考えてしまうのです。先に挙げた女性の方。僕の経験上、そんなに難しいケースではなかったのですが、どうもうまくいかないんですよね。で、心と体の立場に立って考えてみたんです。
手先の痛みが消える、ということは、バリバリ働けるぞーってことなんです。でも、バリバリ働きたくないんですよね?この職場では。そうであるならば、、、心や体にとって、痛みが無くなる事に何のメリットがあるんでしょうか?????痛みが取れる、やった、仕事できるぞ、いやいや、仕事したくないんだってば、痛みを取ったって、ハッピーな結末が待ってるわけじゃないんだから、、、。

これって、さしずめ新幹線なら、心は東京行き、体は博多行き、くらいのギャップがありませんか?どっちの指示が正しいの?どっちに行けばいいのよ、私。

もう一方。年齢的にも「年のせいですよ」「激しいスポーツで軟骨が減ってるんですよ」と言われかねない状況ですが、割に良くなってるんですよね。ところでこの人の場合は、心も体も同じ方向を向いてますよね。求める結果が、心にも体にもメリットがあるわけなんですから、、、。「おら、卓球なんかしたくねぇべ」とは言ってませんからね。

こういうことが、施術結果に反映するかどうかは、わかりません。でも、心も体も、結構正直だと個人的には思っているので、「治る事にメリットがなければ、誰が治ろうとするのか(いや、しない、ってか)」。

追伸 こう書いたからと言って、治らないすべての人は、これが原因だ、なんて思わないでくださいね。当たり前なんですが、AさんとBさんが同じ腰痛で来られても、まったく原因が違ったりします。Aさんに通用した技がBさんにはまったく効果を表さない、ってことも良くある事です。これが原因、と決めつけることのほうが、僕は怖いです。
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« なにが正しいんだか、、、 | トップ | 痛みの捉え方 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本人任せましょう (ジュン)
2005-08-29 19:26:30
哲学に踏み込みつつあるかいつうCANさんへ。

そんなこと考えても答えなんてでませんって。

単純に考えたらどうですか。

「どちらへ行くべきか」って、痛みをとることを最優先にすべきでしょう。

とりあえず患者さんが望んでいるのがそうなら。

それに「かいつう館」なんやし。

患者さんにとって最良の状態でないことに、「痛み」が警告を発していたとしても、本人は痛いんだから。

患者さんが「最良の状態」になるのは、結局は本人の自然治癒力というか自癒力に期待するしかないのでは、

ないでしょうか。

いろんな意味で、本人にとって一番いいことは、本人が選択するしかないもんなんではないでしょか。

それに気づくかどうかに、「お手伝い」はできるかもしれません。

西洋医学では、一部の例外を除き、「延命」が最も重要視されます。

つまり「死なせない」こと。

体中チューブだらけ(医者の間では「スパゲティ状態」という)になっても、とりあえず息をさせる。

ホスピス等の一部の例外を除いて、患者の選択肢はないに等しい。

現状では、患者さんがどうするか「選べる」選択肢をもった治療(施術)が望みうる最良の形ではないかな。

例の名医(迷医)さんも、「こんな私で患者さんを救えるのか」とか「何が患者さんにとって最もいいのか」自問自答するらしいですが。

とりあえずは目いっぱい笑顔で「大丈夫ですよ」と連発しとけば、とアドバイスしときました。

交通事故で血みどろの急患の患者さんに連発して、救急隊員から「まじめにやれ!」と怒鳴られたらしいが。

負けるな、名(迷)先生。



Unknown (かいつうCAN)
2005-08-30 16:15:38
ジュンちゃん、いつもコメントありがとう。哲学の棺桶に片足つっこんでるかいつうCANです。

つーか、答えなんか、、、でてるんでしょうね。それをこれから順を追って書いていく、かも。書かないかも(笑)なんにしても、時間が足らんわい。今日もブログはお休みだああ。
ごめんね (ジュンちゃん)
2005-08-31 15:11:32
ごめんなさいね、なんか、ブログの腰を折りまくっているようで。

難しいことは考えていないのですが、根が「いちびり」なもんで、ついつい反応してしまいます。
Unknown (かいつうCAN)
2005-09-01 12:02:09
折れマクってます(爆)。ジュンちゃんのコメントをコピペしてブログにしようかと思ってしまいました。

コメントを投稿

健康 整体」カテゴリの最新記事