尼崎の整体院です|「かいつう館の日々是整体」 腰痛など慢性の痛みは当院にお任せください^^

尼崎・武庫之荘の整体院です。腰痛・股関節・膝痛、首痛や頭痛など大得意。回数券を必要としない、通えない方のための整体です

僕、不純物だらけなんで(笑)

2007-10-28 23:20:46 | 健康 整体
今回は「手のちりちり(しびれ)」か、ストレス解除での首痛の話にしようか、と迷いながら以前のコメントを見ていたら、、そうそうこれを書いておかなきゃ、と。

あるお客さんの施術をしているときに
「いま、気を送ってるんですか?」と聞かれたので(最近のブログとは別の方ですよ)「いえ、自分じゃ感じないからわからないんです~」なんて返しながら。

その方も紹介で気の治療を受けられたそうなんですが、先生から「これ、感じるか、感じるか」と聞かれて、あいにくとその方も気には鈍感(自称)ということでせいぜい温かいかなあ、という程度で終わった、と。

そこはちょっと僕と違うスタンスなんです。僕は気とかエネルギーとか、って大いに信じるんですが(感じないから信じるんですよ?このレトリック、わかります?)それをお客さんが「感じるかどうか」じゃなくて「ラクになったかどうか」を聞くべきだと思うんです。つまり、先生が「気をだす人」なのか「癒す人」なのか、って話なんですよ。先生が感じようとお客さんが感じようと、どうでもいいですやん?ラクになって喜んでもらえたら、とね。


伝授系の気の治療法やヒーリングの一部に、
「私の体を通してこの人にエネルギーを、、、」というフレーズをココロで唱えながら手を当てる、という方法もあります。

よっくわかるんですけど。ひねくれた僕なんかは「私の体を通さずに直接この人にエネルギーをお与えください」って唱えちゃうところです。絶対、そのほうがピュアだから(笑ってるのは誰ですかっ 爆)。ただし、自分の手からエネルギーがでてるでしょ、と自慢できなくなりますけどね(直接、入っちゃったら 笑)。

で、、「いま、気を送ってるんですか」て聞かれるときは、気を感じないので送るもどうもありませんが。
だいたいそういうときは何をしてるかっていうと、、、これ本邦初公開っ、僕の頭のなかで考えうる、最大限の良いこと、を思い浮かべてます。それだけです、それがどんな効果をもたらしているのか、は神のみぞ知る(笑笑)。
コメント (5)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« もやもやするのは頭ばかりじ... | トップ | 告白すれば、実のところ »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
突っ込まさせて~ (*^-^*)/ (あのねのね)
2007-10-29 17:29:24
ここんとこ、すっご~っく気になります。

>僕の頭のなかで考えうる、最大限の良いこと

一体どんな良いことなのかしら?
例えば...

私の命を縮めてもあなたの身体が治りますように・・・とか?? 
私の命のエネルギーであなたの痛みが癒されますように・・・ ですか?

冗談はさておきまして、私もよくお客様に先生の手はすごく熱い、何か気でも使ってるんですかってね。

告白しますね。 じつは...
私も気功師でも何でもないので気なんて見えないしわかんないのです。(。_・)ドテッ
でも! 熱を感じられた訳ですから、そこでは物理的にエネルギーの交換や伝導、あるいはその関与が認められるわけなんです。
それが気であるのか、宇宙のエネルギーなのか、はたまた超次元エネルギーなのか私には知る由もありませんが。

でも、もしかしたら私の生体エネルギーにより相手の身体にも生体電流が流れて患部に作用しているのかも知れません。
ここで、私なりの勝手な推測というか自論を述べてみますね。非常に長くなっちゃってごめんなさい。私もこういうこと大好きなので...

生体電流とは、身体の中に流れている極微弱な電流のことで、痛みなどを感じたり筋肉を収縮させる神経電流、脳の脳波や心電図なども生体電流によるものです。
人間の身体は半導体ですので、同種の半導体同士(人と人)の接触により電流は流れやすいのですが、生体電流ではない外部の接触子により伝わる電流(低周波治療器などの治療器のもの)は、かなり大きな電圧をかけないと皮膚表面のバリアを突破できず、電流が流れにくいようです。
つまり、人と人の肌を通しての生体電流は流れやすいということです。つまり、とても低い電位でも電流が流れる。
どこか身体の悪い場所の電位は乱れていて、正常な身体との間には電位差が生じる。このことにより電流が流れます。(同じ電位では電流は流れません)
ですから、施術者は常に健康を維持して身体の調子が良い状態でなければいけないんだと思います。
あるいは訓練や鍛錬、数々の経験によって施術者は施術する手や指の表面電位を思考エネルギー(ってあるとして)などにより、一時的に高めることができるのかも知れません。
P=I・Eの法則より、電流値が大きいか、電圧値が大きければエネルギーは高まります。
この場合E(電圧)は施術者と被験者との電位差であり、I(電流)は施術者と被験者との間の抵抗値によって決まります。
ですから施術者の電位が高い方がエネルギーは大きくなり、施術効果?も高まるというわけです。

ほんとにコメントでこんな事書いていいのかどうかわかりませんが、長くなってごめんなさい。
自分のブログにでも書けば?って言われちゃいそう...

なんにせよ、いかなるエネルギー療法であれ何であれ全て物理的に科学的説明ができるはずです。
いまは謎で、神秘的と思われることも未来では当たり前ということは歴史を振り返ればわかりますもんね。
Unknown (かいつう)
2007-10-29 23:16:08
私の命を縮めてもあなたの身体が治りますように・・・とか?? 
私の命のエネルギーであなたの痛みが癒されますように・・・ ですか?

まさか(笑)そんなしんどいこと、考えませんってー。私のこともあなたのことも、考えてないかも(爆)。

僕のお店に来てくれた方には良くお話するんですが、知り合いに僕が良く遠隔治療をお願いするんです。電話で、、、。
だからある種のヒーラーは「接触なし」に「なにかを交流?」させ得ますよね。

しかもその方は、たまに電話で僕自身に患部に手を当てさせたりもします。つまり、体調の悪い者自身の手を使って改善させることもなし得るようです。

といって別にあのねのねさんを否定しているわけではありません。要は、エネルギーとやらは、つかみどころがない、て感じなんですよ。もしかしたら量子論みたいに観察者が「生体エネルギー」だと思ったらそう振る舞い、「気」であると思えばそのように、「宇宙パワー」だと捉えればそういうふうに、変幻自在なものなのかも知れないですよね。


そのヒーラーさんは良く僕にこう言います。
「私はなんもしてないから。あなたが勝手に治っただけだから」と。
一見、エネルギーの低いはずの患者をして、まだ内在する力を引き出しうる、ということかも知れません。つまり、「低く」ないのだ、と。。。

そしてまた。
どんなに高いパワーを持つ能力者がいた、として。高いほうから低いほうへ流れる、としても。
「人には、あえて治されない自由もあるはずなんです」。

そのヒーラーさんは続けます。
「能力やパワーがあっても、人の宝を奪ってはいけない。経験という宝を」と。

ある人も書いていました。「あの瀕死の体験がなかったら、ヒーラーにはなっていなかった」と。つまり、そのヒーラーさんにとっては死ぬ直前まで行った病気の経験が、「今では」宝になっているわけです。病気、低いエネルギー状態の日々、があってこその「今」という人も現実に存在する。

長くなってしまいました。
エネルギーはとらえどころがなく、他者になんらかの影響を与えうるが、高低や強弱ではないなにか(患者さん本人にとっての大事ななにか)が、治療結果に大きな影響を及ぼすのではないか。
と。。。
遠隔治療もありです (あのねのね)
2007-10-30 00:00:06
先のコメント書いてから、書き忘れたのでもう一つ書こうと思ったんですけど、くどいので止めたんです。

治療やヒーリングに用いられるエネルギーは1種類ではないと思っています。
遠隔治療の場合は明らかに生体電流とか生体エネルギーではないですね。
これはまだ現在の科学では解明されていない、でも間違いなく「ある」ならば物理的エネルギーの一種でしょう。霊的エネルギーでさえ物理的に証明されると信じています。

私の場合のエネルギーについては多分前述のものではないかと書いたんです。
非接触で行う治療の場合は全く別の種類のものでしょうね。
例えば、精神感応波による精神的エネルギーとか...(←勝手に名付けました。)

ま、何であれそう言うのもありってことです。
Unknown (かいつう)
2007-10-30 11:07:11
うーん、僕は、正直わからないですけど。
でも、接触も非接触もいっしょかも知れませんぜ?

今度、あのねのねさんも一回やってみてください。
手を当てて、、、の結果と、手を5ミリ浮かして、、、の結果と。たとえ5ミリでも接触してなければ、結果はがらりとかわるのか?たぶん、あのねのねさんならいっしょだと思いまっせ。

じゃあ、5ミリの距離と、地球の裏側への遠隔と違いはあるのか?って話です。


それと、物理的に証明されたら信じてる僕としても快哉を叫びたいところですが。別に物理的に証明されなくてもいいか、と半分は諦めています。

霊的エネルギーでさえ物理的に証明されると信じています

これはつまるところ「生命」を物理的に証明するようなもんです。生命は「ある」のであって、それを物理的に定義づけて証明しうるか、する必要があるか、てな話になってきて。。。。

それよりも、物理的に証明できないことが「ある」と認めたほうが今を生きてる僕らには役立つのかなーとか。

正直言うと (あのねのね)
2007-10-30 23:13:50
じつは、私も非接触での施術でも結果が出ています。
施術の体制の都合上、完全に非接触ではないのですが、皮膚には接触してません。
お客様の衣服とその上に掛けた厚手のタオルの上にただ手を載せた状態(決して押したり押さえたりせず)でも結果は出ます。
空中に手を浮かせた状態(手かざし)でじっと制止すると何か怪しい施術に見えそうで。。。(;^_^A アセアセ…
でも、親しい患者さんに行ったことありますがやはり接触同様に効果は認められました。

ただ、腰方形筋については私の場合皮膚との密着に軽い押圧をプラスの方が良いようです。
たぶん、修行が足りないのでしょうけど。

あと施術中は患部の筋肉の緊張が緩み、筋肉の毛細血管の血流が良くなる状態を思い描いてます。

まあ、話せば色々あるんですけどできるだけ速やかに、できれば1回で症状を緩和させたいと言う気持ちは同じです。
いつか梅田さんとお会いして色々ご教授お願いしたいと思います。 その前に私の身体を楽にして欲しいなぁ~ 

コメントを投稿

健康 整体」カテゴリの最新記事

トラックバック

ヒーリングstyle (ヒーリングstyle)
ヒーリングに関するサイトです。 よろしければ見に来てください。