尼崎の整体院です|「かいつう館の日々是整体」 腰痛など慢性の痛みは当院にお任せください^^

尼崎・武庫之荘の整体院です。腰痛・股関節・膝痛、首痛や頭痛など大得意。回数券を必要としない、通えない方のための整体です

足を組むクセをいろいろ考えてみる

2006-08-25 10:16:00 | 健康 整体
さて、「足を組むと楽」なのは、いくつかの見方があると、僕は考えています。

一つ目は、骨盤なり背骨なりが歪んでいて、「歪んでいるから、まっすぐが辛いのだ」という考え方。
ただ、これだと、足を組むと骨盤が歪む、という論法が成り立ちません。すでに歪んでいるのですから、ね?
だから、これの原因論は、おかしい。
もっとも、さらに歪む、歪むのが治らない、という言い方なら間違いではありませんが。

うがった見方(こういうの、好きなんですが。僕は。笑)をすれば、足を組むことでなにかを守っている、これ以上被害が大きくならないようにおしとどめている。
そういう可能性もあると想像したりなんかもします。

これとはまったく別の考え方もあります。

たとえば、足を組んでなお且つ背筋をぴんとのばすことは不可能です。
これは逆に見れば、「足を組んでいるときは、背筋はゆるんでいる」という状態なんです。
じゃあ、背中をぴんと伸ばすと?案外、足がぱかっと開いている人がいるのに気がつきませんか?電車の中とかで。

なぜ足を組むか?背中の緊張状態をゆるめるため。という見方もできるのです。
そのかわり、、、組んでる足の感覚を捉えてみてください。

ぎゅううっと締まってる感じがすると思います。これは、背中の代わりに下半身が緊張状態にあるんだと思うんですよ。
だから、、、今度背中を伸ばすと、足の緊張が抜けて、パカッとしまりがなくなっちゃう。

交互に緊張を緩めあってるような気がしませんか?

だから、足も上半身も、ともに軽い緊張状態にあるか、軽いリラックス状態にあれば、「どっちかを」極度に緊張させたりゆるめたりする必要はないのかな、と。
そういうことは今、考えているところです。

(でもね、そういうベストな状態で、デスクワークはたぶん、出来ないですよ。笑)

写真は、地蔵盆にあそぶよん。今日で2歳になりました~。
このまえ、女の子用の服とよんに絵本をくれた、○○さん、どうもありがとうー。助かりますううう(くれた、と書きましたが、くれ、と言ったんだな、僕が。あは)

コメント   この記事についてブログを書く
« 原因の、原因。 | トップ | 今日はこういう日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康 整体」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事