尼崎の整体院です|「かいつう館の日々是整体」 腰痛など慢性の痛みは当院にお任せください^^

尼崎・武庫之荘の整体院です。腰痛・股関節・膝痛、首痛や頭痛など大得意。回数券を必要としない、通えない方のための整体です

矯正は強制かも

2007-07-21 23:54:08 | 健康 整体
最高の褒め言葉を言っていただきました。
「不思議な体験をさせていただきました」って(笑)。

今は医学も整体もカイロも鍼灸も気功もどんどん進化していますので「直る」のは不思議でもなんでもなかったりしますが、そこに至るプロセスが「不思議」なんですかね(苦笑)。種明かしするとあまりにも簡単すぎて笑っていただけますが(爆)。

でね。
そこへ至るプロセスの背後にあるのが、「人体観・疾病観」というものなのですよ。

たとえば、「腰が悪い」「骨盤が『歪んで』いる」と見てしまえば、「悪いところを矯正、直さざるを得なくなる」んです。

そこには、こちらが正しい方向にもっていく、という力が必要です。
だもんで、医療にしろ、カイロや整体にしろ、そういう見方をしてしまうと「正しい方向にもっていく力が必要なので、『良くなるには痛みが必要だ』という概念が発生するんだと思うんですよ。一足飛びに「正」へもっていくわけだから。

でも、この状態を現状でのベターだと見れば、「悪いところはなくなる(見てないわけだから)」ので、不正から正へと無理にでもねじ向けるような力は必要なくなります。

ベターからベストへちょっと向けてやるだけで済むので「痛くないけど痛みが取れる」という整体ができあがるんです。たぶん(苦笑)。


一例
腰痛の人に「これからは腹筋を鍛えるように」とアドバイスされる方がおられますよね?
でも、腰痛の人って、腰の筋肉、硬いでしょ?お腹もカチカチになってますよ?
つまり、腰痛患者さんは「鍛えなくても、腹筋も背筋も硬くなってる」んですよ。

「腰が硬いですねー、悪いですねー」じゃなくて、コルセットをするまでもなく「作っちゃう」んです、硬くして。
硬いと動けなくなるでしょ?それ以上、腰の状態は「悪化」しようがないですよね。動かせないんだから。
つまり、腰痛患者さんは「腰やお腹が硬い」のは「ベター」な選択じゃないの?
と「見ていく」のです。

そこには、「悪い」という「もの」がないのでコチラはなにも力を入れて「強制」的に「矯正」する必要はなくなる、と。
むしろ「そこまで頑張ってたのね、腰さん、お腹さん」という感じです。

こう書くと別に不思議でもなんでもなくなりますね?
え?なくなってない??

コメント   この記事についてブログを書く
« 膝痛でも膝は悪くない? | トップ | 坐骨神経痛もどき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康 整体」カテゴリの最新記事