尼崎の整体院です|「かいつう館の日々是整体」 腰痛など慢性の痛みは当院にお任せください^^

尼崎・武庫之荘の整体院です。腰痛・股関節・膝痛、首痛や頭痛など大得意。回数券を必要としない、通えない方のための整体です

息が止まるかと その2

2005-10-24 09:54:45 | 健康 整体


栄養の話は、ちょっとおいといて。

ストレスで狭心症そっくりの発作がおこった、って話をひとつ前に書きましたよね。

で、思い出したことがあったんです。なにに載っていたか忘れたので、与太話の可能性もあるんですが(ブログなんてなかった時代なので、いちいち文献なんかを控えておく習慣がなかったのじゃ)。

多重人格者(日本では認められてないんだっけ?)のケースで、人格の一人が、糖尿を患ってるのね。そう、この「彼」が表にでてくるときだけは、きっちり糖尿の症状や数値的なもの、が表れるんだって。

もちろん、多重人格者の例では、糖尿じゃない「ペルソナ」がでてくるときは、健康体なわけですよ。数値的にもね。


奇跡的な治癒、てありますやん。特殊なケースで、ね。うちの母さんのケースでは、「奇跡的に・劇的に」悪くなったという例ですよね。この、心的作用を逆に使えれば、奇跡的治癒、も有り得るような気がしてきませんか?

起こり得ない病気が発症するなら、起こり得ない改善が、て。

ここらへんに、宗教にみる「奇跡」だとか、カリスマ性をもった人による「奇跡」だとかのヒントがあるのかも知れませんね。

ぶっちゃけた話、治ればなんでもいいんですよ。医学的であろうと、胡散臭かろうと。
そういう奇跡的・特殊な、ケースの研究でもしたら、奇跡的治癒の法則化や普遍化ができないかなあ。

コメント   この記事についてブログを書く
« シリーズ 栄養 | トップ | 知識VS叡智は自力と他力で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康 整体」カテゴリの最新記事