尼崎の整体院です|「かいつう館の日々是整体」 腰痛など慢性の痛みは当院にお任せください^^

尼崎・武庫之荘の整体院です。腰痛・股関節・膝痛、首痛や頭痛など大得意。回数券を必要としない、通えない方のための整体です

たかが腱鞘炎

2006-07-23 12:33:33 | 健康 整体


割と得意な症状なんですが、それでも一回あたりに要する時間はかかっています。
また、少しは違和感が残る、という状態で終了せざるを得ないこともあります。
たかが手首の痛み、たかが腱鞘炎、なのにね。

そのたかが手首の痛みなんですが、アチコチと関連しあっているのが良くわかります。
例えば、右手首が痛いとして、左肩や左腕を施術すると軽減することがあります。
また、腰の筋肉で一気にラクになる人も多いです。

考えてみれば、「手首だけを使って」なにかをする、ことのほうがムツカシイ。
いや、手首から肘だけを使うのでも、肩までを使うのでも、ムツカシイもんはむつかしい。

それは全身を使うもんだからです。包丁を使うとしても、肩まで使えれば、上半身や腰はまったく使用せずに
包丁を扱えるか?まず、むりですよね。右手で包丁を使うとして、左手はぶらぶらさせておけるか?ありえないですよね。

赤ちゃんを抱っこするのでも、腕の力だけでできるか?腰の力も使いますよね。

腕や手首が非力であれば、当然、もっと大きなパワーを持っている腰や腹の筋肉を使うはずです。

現に、腰を押さえながら手首を動かしてもらうと、そのヒビキが腰まで伝わってくるのが良く分かります。
つまり、たかが手首を使うのに、腰まで使ってる、てことなんです。

だから、それがわかってないと、手首になんらかの処置をし続けるしかなくなっちゃうんです。
それがわかると、たかが手首に全身を見る必要がでてくるので、時間がかかるんですけれどもね(苦笑)。
コメント   この記事についてブログを書く
« 昨日はどうも。。。 | トップ | 原因か?症状か? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康 整体」カテゴリの最新記事