尼崎の整体院です|「かいつう館の日々是整体」 腰痛など慢性の痛みは当院にお任せください^^

尼崎・武庫之荘の整体院です。腰痛・股関節・膝痛、首痛や頭痛など大得意。回数券を必要としない、通えない方のための整体です

幻の桃子

2005-07-24 11:48:56 | 健康 整体
大好きな桃の季節になりました。

もともと和歌山出身の僕は果物が大好き。また、田舎に農家の親戚がいるのでいつも、なんやかんやと頂いてます。みかん、ネーブル、いちご、ぶどう、すいか、もも、はっさく(嫁さんははっさくとかグレープフルーツとかの苦すっぱ系が好きみたいね)、が手に入るのだ。

こういう環境だと普段着感覚なので、お上品になりようがない。「桃毛対策」をされる方もいらっしゃるようですが、和歌山県人はもっとがさつ。桃を一個手に持って、シンクにいく。水道の水を流しながら手で毛の表面を撫でまわす。軽く洗い流したらそこでツー、と皮をむいて一個まるごとかぶりつきます。ぼたぼたおちますが、そこは流しなのでオッケー。だいたい、こんな感じ。固い八朔やネーブルもむりやり指をつっこんで力づくでむいちゃいます。食べなれているので、房をくるりん、と剥くのも上手いもんですが、今は房ごと食べちゃいます。健康にいいかな、と思って。嫁さんの実家ではきっちり剥いて、一口サイズに切ってくれるので最初はびっくりしましたけど(あのやわらかい桃も)

で、子供がおなかにできた当初は、申年だったので仮称「猿江」と呼んでました。だんだん目立つようになってからは「猿江」はちょっとなあ、ということになって「桃子」にしたんです。もちろん、僕の大好物だからです。嫁さんは梅田桃子は木偏ばっかりで変や、というとりましたが、結婚したら姓も変わるし、ええやん、といっていたのです。

その性別が逆子だったこともあり、産まれる数週間前まで判らず、オトコだと判ってから慌てて名前を考え直したのだ。さすがに「政児(まさじ。まさーじ。マッサージ。ばんざーい。)」はすぐに却下されたが。そんなこんなで「桃子」は幻となったが、僕は今日も桃にかぶりついてます。

追伸 桃子あらため「陽平」は、もっちゃりした食感はいやらしく、ばななとか桃とかを口にいれられるとなんとも言えないいやーは表情をします。そ、それでも和歌山県人の子供かっ。めっ。
コメント   この記事についてブログを書く
« おうちのことども 今度はク... | トップ | ニューブログ、スタート。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康 整体」カテゴリの最新記事