尼崎の整体院です|「かいつう館の日々是整体」 腰痛など慢性の痛みは当院にお任せください^^

尼崎・武庫之荘の整体院です。腰痛・股関節・膝痛、首痛や頭痛など大得意。回数券を必要としない、通えない方のための整体です

股関節のハマりが生まれつき 論

2020-10-25 08:14:30 | 腰痛整体編

数年前から股関節も痛くなるときがあって、検査では「生まれたときから股関節のはまりが浅い」ことを指摘されたことがあるんですって。

赤ちゃんのときになにかを嵌められてたことを親から聞いたことがある、そうです。

どんなときでも、「痛いとき」と「痛くないとき」の両方を聞いていきます。

「動き始めは痛かったりする」けど「動いてるうちに忘れてしまい」、自宅に帰ってホッとしてから痛みが出てきたり。
ということがあるそうです。

で、股関節のハマりが浅いとしたときに
その事実が
動き始めが痛くて
動いてるうちに痛くなくなる
ことを説明しているかどうか
を僕は考えてみます。

股関節のハマりが浅いのは画像に写るくらいですから
科学的(再現性があり、客観性もあって)なのは否定できません。
あとはそれと症状とリンクしてるかどうかを検証するプロセスがいると思うんです。
この方の場合だと
「ハマりが浅い」と「動くと楽になる」ことを等式で結べるか、です。

口語体で書くと
「股関節のハマりが生まれつき浅いときってさあ、、、動いてると楽になるんだよねーっ」
と聞いて、疑問に思わないかどうか。

だから
「痛くないときはどういうときか」
をお客様にお聞きするのはとても大事なプロセスだと僕は思うんです。

生まれつきだから仕方がない という思いでさえもひっくり返すことができたりするからです。

(もっとも、このお客様自身が、「痛みがでてきたのはここ数年なので、生まれつきどうのこうのは関係なさそうです」とおっしゃっておられました^^)

股関節痛でお悩みの方、生まれつきだから仕方がないという方、良かったら一度、お声をかけてくださいね❤


今日もありがとう。
06-4962-3487
https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000217701/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加