尼崎の整体院です|「かいつう館の日々是整体」 腰痛など慢性の痛みは当院にお任せください^^

尼崎・武庫之荘の整体院です。腰痛・股関節・膝痛、首痛や頭痛など大得意。回数券を必要としない、通えない方のための整体です

産後の骨盤を考えるときに

2011-12-22 07:00:00 | 健康 整体
とくに腰が痛いというわけではないけれど、産後なので骨盤の状態をみてほしい、というお客さんが来られました。
(来られたときは、ずっと立ってると腰よりも下のほうに痛みがでる、というのを思い出してくださいました)

赤ちゃんは生後4ヶ月。ダンナさんが付き添いで一緒に来てくださっていて、待合室でずっとみてくれていました。赤ちゃんがぐずると寒い中を外にでてあやしたり、、、90分ずっと頑張ってくださってありがとうございます!
施術前に赤ちゃんのおしめを替えてもらってからゆっくり施術に入っていきました。
うちは、赤ちゃん連れオッケーとか言ってますが、託児施設があるわけでもなく(汗)。
ダンナさんがこうやっておられないときは室内に赤ちゃんも入ってもらって、みながら施術していくだけです。
それでも「赤ちゃん連れてきてもいいですよ」というのは、(この方はどちらのご両親も東京なので)預けるところがない親としてはとても大きいですよ、と言ってくださいました。こちらこそ、お役に立てたら嬉しいですよ~。



ママさんの身体をさわってみた感じでは骨盤という骨がどう、というより筋肉のダメージの残り方が、左右に差があり、そっちだろうな、と思います。
よく腹をほぐすということを書いているかと思うのですが、このママさんは明らかに右側だけお腹が痛いとおっしゃっておられました。


ちょっと考えてみてほしいのですが、骨盤が歪んでるのを無視できない要因ととらえるなら、こういう筋肉のアンバランスもちゃんと見て行ってあげてほしいと思うんです。

出産という大事業に想いを馳せるなら、出産で骨盤が歪む、という捉え方よりも、出産で筋肉にダメージが残る、と考えたほうがはるかに順当だと思うんですね。

出産というのがなんの苦痛も肉体的なしんどさもともなわず、成されるものであるならば、赤ちゃんが産道を通ってくるときに骨盤が開いてどうのこうので、というのは十分に考えられると思いますよ。だけど、、、
そんな「楽」なもんじゃないですよね。じゃあ、その楽じゃない部分が、産後の症状につながっている、と考えるのは不自然じゃないですよね?

骨盤の位置をどうにかしようと思うよりも、筋肉の状態をできるだけ左右前後に柔軟な状態にもっていってあげるほうが、お客さんの訴えてる症状ははるかに楽になるようですよ。骨盤がいい状態にあってもガッチガチの筋肉であれば、身体はあんまり楽にならないんじゃないかなあ、とも思いますし~。



今日もありがとう。

年内は29日が最終営業日となります。

コメント