尼崎の整体院です|「かいつう館の日々是整体」 腰痛など慢性の痛みは当院にお任せください^^

尼崎・武庫之荘の整体院です。腰痛・股関節・膝痛、首痛や頭痛など大得意。回数券を必要としない、通えない方のための整体です

よんのヘルメットと 顎関節症

2007-04-24 10:12:55 | 健康 整体
先日、和歌山に行ったときに、じいじとばあばにお土産をもらった。よんが、である。
乗れるパワーショベル。安全ヘルメット付きである(笑)。


お気に入りしたそのパワーショベルとヘルメット。
その組み合わせで写真をとると、いつもよんの口が大きく開いている。
ぽかーんと・・・。
それをこっちのばあばにからかいながら指摘されたよん。

「なんでいつも口をあけてるの?」
よん、真顔で即答。
「お口をあけたらヘルメットがおちてこないでしょ」

せ、、、正解であるっ。

口を大きく開けると、顔はやや上をむく。
上を向いているから下にはヘルメットはずりおちてこない。
そりゃそうなのだが、そういう風に説明できるあんたはすばらしいっ。
普通は「無意識」に口を開け閉めして調整することだからである。

ためしに、「思いっきり高いところ」を眺めて欲しい。
自然と口が開いたりする。

実はここには顎関節症のヒントもあったりする。
顔をあげると、下あごは奥に「ひっこむ」し、顔を下げると下あごは前に「出る」。
つまり、顔の向きでアゴの位置は変わる。顎関節症に関係あるのがおわかりだろうか。

よんの回答はなかなかに含蓄が深いのである。

え?なんでそのヘルメットをかぶってるよんの写真がないのか、って?
ぽかーんと開いた口が間抜け顔に見えるからである(爆)。


コメント