神奈川工科大学/災害支援関連ブログ

2011年4月開始の「東日本大震災被災者支援ブログ」を名称変更し、さらに広い支援活動に関する実践、教育、研究を掲載します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

災害時の地域貢献に関するミーティング開始

2018-03-24 11:22:06 | 研究・啓発

2015年に、当大学に看護学科、臨床工学科が設置されました。
そこで、工学と医療関係が協力して災害時においていかなる貢献ができるか、検討を開始しました。
その年の6月に第一回の会合をもち、その主旨として「昨今、自然災害が多くなり、大学の所在する地域に大規模な被災があった場合、大学機能としてどのようなことができるか検討するため、まずは看護、医療、福祉工学系に関わる観点から、そしてまた、大学の施設設備の観点から検討する」ということで、副学長をはじめ、関係する学部、学科長があつまりました。

当大学の備蓄品の概況、当大学と地元自治体の避難訓練の内容、そして意見交換として「学内に関すること」「地域に関すること」などをソフト面、ハード面を洗い出すことから始めました。

その後、今日まで情報交換を関わりある教職員を広げながら実施してきました。地域連携災害ケア研究センターが発足するまでの経緯は、また、次の機会にさせていただきます。


支援ブログ管理者
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 当大学に地域連携災害ケア研... | トップ | 卒業研究で災害時の教員のあ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

研究・啓発」カテゴリの最新記事