しもじゅんブログ

感じたことを、つれづれなるままに書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

耐性新型インフルエンザ

2009年07月03日 | Weblog
やはり進化しましたね。
A型自体、変化しやすい特質をもっているようですから、これからの対策が大変です。

 厚生労働省は2日、大阪府の新型インフルエンザ患者から検出されたウイルスで、治療薬タミフルに耐性を示す遺伝子変異が確認されたと発表した。新型インフルエンザのタミフル耐性ウイルスは、海外ではデンマークの患者から初めて見つかったと先月末に報告されたが、国内で見つかったのは初めて。患者は別の治療薬リレンザを服用して既に回復している。

 厚労省は「周囲への感染が確認されておらず、公衆衛生上の危険はないと考えられる」としている。

 大阪府は、6月18日に遺伝子変異を確認したにもかかわらず、2週間公表していなかった。府は「7月1日に厚生労働省に報告したところ、すぐ発表するように言われた」と説明している。

 府によると、耐性ウイルスが検出されたのは、大阪府豊中市に住む40代の女性教諭。

 厚労省などによると、女性教諭は5月17日に新型インフルエンザと確認された患者の濃厚接触者で、翌18日からタミフルを予防的に投与されていた。ところが5月24日に微熱を訴え、28日に新型インフルエンザと診断された。リレンザによる治療を受けて回復した。

 大阪府立公衆衛生研究所で女性教諭から検出されたウイルスを解析したところ、6月18日にタミフル耐性を示す遺伝子変異が見つかった。

(共同)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 少子化対策 | トップ | 北朝鮮 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

新型インフルエンザでタミフル耐性の異変遺伝子が見つかる (新型インフルエンザの知識と予防と対策)
新型インフル、日本でもタミフル耐性例 大阪の患者 厚生労働省は2日、新型の豚インフルエンザに感染した大阪府在住の患者から、抗ウイル...