住職日記

皆満寺 住職 永尾圭吾です。
いろんな情報を気ままにアップしていきます。

お七夜

2010-02-28 23:25:38 | 日記
今日でいよいよ2月も終わり、明日から3月・・・2月はホントに早いですね。

今日、2月28日は、次女が生まれて7日目・・・お七夜といって命名の日にちという習慣があるそうです。

なんか、7 に絡んだ習慣って多いですね・・・

名前って自分が名告るものですが、自分で付けられないものですよね。

名を名告るってとても重要なことで、生涯を左右しかねないものだとも思います。

しかし、その名前そのものによって左右されるようなものではないと思ってます。

ですから、字画なんて全然気にしませんし、その手の本も、字の参考にする程度で、全く当てにしてません。

その点、真宗の教えに出遇って、余計なことに惑わされずに済んで、良かったと思えることですね。

では、名前って何か?

僕が聞いたのは、

「俺はここにいるぞー」って

「俺はこういうもんだ」って、自分の存在に責任を明らかにするものなんだと・・・

なんだかとっても難しいですが・・・

ですから、名を名告るってのは、人生を左右するくらいのことだとも言えますもんね。

だから、名付けはいい加減には出来ません。

なんやかんや、悩みましたが、

「茉弥」に決めました。

お釈迦様の母親の名前に倣って・・・けど、同じ字では・・・

で、茉の字を選びました。

色々迷ったのですが、茉莉花ってジャスミンのことを言うのですね。

花の名前なので・・・

阿弥陀経の経文じゃないですが、

池中蓮華 大如車輪 青色青光 黄色黄光 赤色赤光 白色白光 微妙香潔

ということで、ジャスミンは蓮ではありませんが、同じ花・・・ということで・・・


明日、出生届を出しにいこうと思います。

コメント

気づかなかった・・・

2010-02-25 10:16:00 | 日記
2月22日は聖徳太子のご命日でした・・・

先輩からお祝いのメールをもらって気づきました。

聖徳太子に関しては実在しなかったとか、神格化(これは大いにあると思いますが)されていたりと、疑わしいことばかりクローズアップされていますが、

僕はとても大事な方であると思っています。

世間虚仮、唯仏是真

聖徳太子のお言葉だと伝わる言葉です。

日本が国として歩き出した頃に、確かに、仏教の本質を見出され、帰依三宝を勧められた方がおられたんだと思います。

その方を聖徳太子と呼ぶのだと思います。

実在云々は、大事なことなのでしょうが、それ以上に、聖徳太子のなしたこととして伝わっていることを確かに声高らかに宣言された方がおられた・・・そのことが大事だと思います。

そういう意味で、太子はおられたのだと思います。


しかし、我が娘の誕生日が太子のご命日・・・大変なご縁を頂いたものです。
コメント

だからなおさら

2010-02-23 02:34:14 | 日記
岡崎だったですか?

冷凍された生後間もない乳児の遺体のニュース…胸が痛みます。

ホントなぜ後をたたないのでしょう?

先日も虐待で亡くなった幼児の事件の裁判員裁判がありましたが…

一一光明なのに…

物凄い光のはずなのに…

目を瞑ってしまったんでは見えないし、闇が目を覆っていたら見えないんだなぁ…
コメント

追記

2010-02-23 02:25:43 | 日記
しかし、生まれてくるのってホントに命懸けなんですね。

出てきたとき、臍の緒が首に巻きついていたのを見た時は軽く焦りました。

当たり前に生まれてきたなんて傲慢な思いは軽く吹っ飛びますね。

やはり、生命は不思議なんですね。

思議すべからず…思いが及ばない、思い通りにならないことですね。

真城先生の話に出てきて印象に残っているのですが、

私が私になる確率は、7兆分の一らしい…


まさに奇跡。

目の前に現れ出た奇跡。

僕の先輩は、奧さんと抱き合って喜んで、思わず手を合わせたんだそうです。

仏様であると……

無数の阿弥陀の一つが目の前に現れ出たと、涙が出たんだそうです。

僕はそこまで感じられませんでしたが、輝いて見えました。

一一光明だったんですね。今気が付きました。
コメント (2)

一日遅れですが

2010-02-23 02:03:43 | 日記
今回も久々の更新になりました。

昨日は平成22年2月22日…2並びのぞろ目なので、記念切符やら、入場券やらが話題に上がってましたね。

国民性なのか、この手の話題はやはりニュースになりますし、盛り上がります。

しかし、昨日は僕にとっては、さらに意味のある一日になりました。

2時6分、3人目となる次女が無事に生まれました。もうちょっとで2時22分だったので、正直、ちょっと惜しかったですが、昼前から頑張ってくれた、かみさんに後約15分頑張れって気にはなりません。よう頑張ってくれました。感謝感激ですね。

3人目にして初めて立ち会いました。立ち会いに関しては、いろんなことを言いますが、僕は男ならするべきやと思いました。

男はなんも出来ませんもんね。子供も必死で出てくる、母親は必死で産もうとしてるのに。

なら、せめて、傍にいて、落ち着かせる…それくらいはしないかんです。

男だけ傍観者でいて良いわけがないですよ。

生まれ出てくる生命の責任があるとおもいますもん。

もちろん、そうできた環境あってのことなので、みんながみんなってわけにはいきませんが、出来れば、するべきと思うし、出来て良かったと思います。

しかし、生命の誕生に立ち会うと、

生まれてくれてありがとう

産んでくれてありがとう


ってかんじます。


そして、


生まれてきた我が子を見て、

今、いのちがあなたを生きている んだって思いました。
コメント (2)