住職日記

皆満寺 住職 永尾圭吾です。
いろんな情報を気ままにアップしていきます。

選ばず、嫌わず、見捨てず

2010-06-23 23:30:36 | 日記
今日は南部小会の講習会がありました。

南部小会とは、当寺の所属する名古屋教区第2組、南部の組です。


毎年、その南部寺院12ヶ寺で会場を持ち回り、年に一回学習会を催します。

今日はその学習会でした。

講師は教化センター主幹の荒山 淳先生。

講題は「本願に帰す」でした。

しかし、良い学習会だった・・・・


「今日の学習会は良かったねえ」

って感想の出る学習会は良くない・・・・なんてことも言われますが、そんなことはなく、ホントに良かった。荒山先生の人柄に依るところが大きいのでしょうが、良かった。やっぱ良いモンは良いんですよ。


先生と話が良いと、講義が終わってからの会食しながらの談義がホントに良い。

できれば僕も一緒に呑みながら話したかったですが、さすがにお通夜が控えていては呑むわけにもいかず、酒抜きってのが少々きつかったですが・・・

で、講義の最後に題名の言葉「選ばず、嫌わず、見捨てず」をいただきました。

この言葉は、僕らがお互いを尊重して出会っていくために必要なこととして、竹中智秀先生が述べられた言葉だそうです。

そうなのに僕らのやってることと言ったら、

「選んで、選り好みして、見捨てる」切り捨てていってますもんね。

そう言う僕らの在り方を


雑(行)って言うんですね。

親鸞聖人は、そういった雑行を捨てて、本願に帰すと仰ったと・・・・・


選んで、選り好みして・・・・耳が痛い。

反論できないですね。


親鸞聖人はさらに


選択本願は浄土真宗なり・・・・と仰っておられるんですね。


やっぱり、選び取るのは僕らではないんだと知らされますね。

だって僕らは雑行を選んでしまいますもんね。
コメント