アラフィフ×1ライターの日記

できるだけ穏やかに、健康に、年を重ねていきたい。

焼き鳥ほか最近の写真

2013-03-24 12:48:01 | 日記
愚痴めいた記事がずっと上の方にあるのも、なんとなく気持ちのいいものではないので
最近の出来事を撮った写真をアップしますー。



昨日、ダーリンが作ってくれた焼き鳥。
最近、仕事が早く終わる日は帰りにスーパーに寄って
材料を買って、焼き鳥を作るのにはまっているようです(笑)
タレは市販ですが、タレと塩2種類ちゃんと用意して。
切って、串に刺して焼いて味を付ける工程が楽しいみたい
その間、私は仕事に集中させてもらって、その日の予定が終わったら
お風呂入って、温めてくれた手作り焼き鳥とビールでプハーッと

今進行中の仕事で食べたものを少々。



ハワイ風揚げパン、マラサダ。



どら焼きソフト。
ソースは、みたらし団子のタレをイメージした甘辛醤油風味。
良く合います。



マイルドな中にスパイシーな味わいが隠れている欧風カレー。
大き目の野菜やお肉、ゆで卵もおいしい。



取材で鎌倉・長谷へ。
後ろ姿は同行したカメラマン氏。



境内の桜もきれいでした。
まだしばらく仕事の忙しさは続きます。
桜はもっぱら、家の近所を通る時に見るくらいですが、
つい足を止めたくなるのはやっぱり日本人なんですかねー。



ダイエットが必要なうちの長男。
フードにコンニャクを入れたりして工夫しています。
目標は、まずは600グラムの減量。
体が小さいから、ゆっくりと減らしていければと思っていますー。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

束の間の・・・。そして適当な人にはほとほと困る・・・。

2013-03-21 14:58:05 | ライターの仕事など
怒涛の13軒ラーメン記事が終わって、ホッとしたと思ったら
すぐまた別の仕事の依頼があり、「来月中旬以降にお願いしたい」とのことで、
比較的余裕があるなぁと思って引き受けました。

そしたら、訳わからないうちに、ぽつぽつと担当ページ等の連絡が入り、
早めに取材を進めて下さいと。

え??
3月6日の時点で、「来月中旬以降」と言ってましたよね??
それって、今月中旬以降のマチガイ???

しかも、連絡の中身が薄くて、ゆるくて、
媒体概要も企画書もなく、これでどうやって動けというのか・・・!!!

同じ人から別の仕事で打ち合わせで会う約束ができたので、会った時に
不足分の情報確認や質問をしようと思っていたら、
「来月3日までには全ての取材を終わらせて下さい」と言われ
は~~~~???

もうぐったり・・・。
ラーメンの仕事が落ち着いてから1週間もたってないのに、
もっと短い期間でまた10軒の取材(アポ入れから)。

くーーーーっ!!そうとわかっていたら考えたのに。

しかも、120ページ以上のガイドブックだから、ライターさん全員でカメラマンの争奪戦!!
カメラマンが足りない!捕まらない!!
アポ入れは、お店の都合、カメラマンの都合、自分の都合全部が合致しないと組めない。
自分の都合なんて、いつも最後の最後、ないも同然です。
いっつもこんなバタバタ、力仕事みたいなことやってたら。。
おのずとミスが出る。ミスも避けられないでしょう、あんなやり方やっていたら。。。

私に仕事の依頼をしたライターさん、
きっと「来月中旬以降で」と私に頼んだことを忘れている。。。

なんでもかんでも、適当なんです!
その「適当」に振り回されるこちらは、はっきりいってたまりません!!

今後は、そのライターさんからのお仕事は(引き受けるか)ちょっと考えることにします。

きっちり、ミスなく仕事をしたいし、してきた私からしたら
考えられない仕事の仕方・・・。
ホッとしたのも束の間、まだ始まったばかりの仕事だけど
既にほとほと、疲れました

ただ一つ、よかったと思えるのは、
昔よく一緒に仕事をしたカメラマンさんと連絡がとれたこと。
同じ会社で取締役をした者同士でしたが、私がその会社を辞めてからは
自分でカメラマンを手配する仕事をする機会が減り、
気付けば10年近く経っていて、今回、カメラマンさんが足りなくて、
安心して仕事をお願いできるその人に、勇気を持って連絡したのです。

結局、お店、カメラマンさんの都合が合わず、私からお仕事をお願いできずに終わりそうですが、
久しぶりに話ができて本当によかった。

大震災の影響で、立ち上げた会社は解散、仕事を回してくれていた会社も
移転したかなくなったかしたようです。
結局、保証はないけどフリーでお互いまた頑張っている。

にしても、そのカメラマンさんを、ゆるゆる仕事をしているライターさんに紹介してしまった。
足りなくて困っているというので&自分がお仕事頼めないので
そのカメラマンさんに対して申し訳ないと思い。

つくづく、私はどこまで〝いい人〟なのか。
適当なスケジュールでも(自分を犠牲にして?)引き受けて、
仕事がバリバリできるカメラマンすら紹介して人助けして・・・。
そういう意味で結構自己嫌悪に陥っています・・・・・。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

なんちゃってパン

2013-03-16 18:36:51 | 日記


家で初めてオーブンレンジのオーブン機能を使ってパン(らしきもの)を焼いてみました

教室ではメロンパンやあんパンなどを作りましたが、
あらかじめ材料が用意してあるところから始めたり、機械ごねだったり、
発酵機やパンに適した本格オーブンを使ったりと、整った環境でのパン作りで、
自宅で作ったと言えるのは全部お任せのホームベーカリー数回のみ。
まったくのゼロから、家にある道具・環境で一人で作るのは初めてでした

結果は、失敗ではないけど成功でもない、かなぁ
ちなみにこちら、一般的なパン作りの方法ではなく、発酵は電子レンジの力を借りて、
生地はかき混ぜただけでこねられていない、
作り始めから1時間足らずでできちゃうなんちゃって(?)パン。
発酵が十分でないのか、イーストが古かったのか、膨らみやパンらしいふっくらした感じが今一つで、
おいしさの点では絶賛とまではいきませんが、すぐできるのでややせっかちな私にはむいているかも(笑)

右はシンプルなプチパン、左は余っていたコーンミールを入れたので少し黄色い仕上がりです。

それにしてもパン作りは奥が深い。
慣れてしまえば、また違う感じ方をするかもしれないけれど。
パン自体の種類も豊富だし、発酵のやり方を含めて作り方もいろいろあるし。

ちなみにパン教室へは、去年から月に0~2回のペースで大手の教室に3回、
一昨日は、自宅から自転車で5分の個人宅の教室にも初参加。
いろいろ体験しています

個人宅で焼いたのは「シナモンプルーンパン」と「小豆と抹茶のパウンド型パン」。



こちらは「シナモンプルーンパン」。かごに乗せて粗熱を取ってるところ。



紅茶とともに、その場で焼き立てを一つ食べて、2つ持ち帰り。
シナモンの風味にプルーンの味と食感がアクセント。



こちらは「小豆と抹茶のパウンド型パン」。
抹茶入りの生地を三つ編みにしてパウンド型に入れて焼き2色の粉糖でアイシングして完成。
ちょっと甘いですが、色味的にも春らしいパンです。



近所には早咲きの桜。



花が少し小ぶりでソメイヨシノよりも色が濃いかも。



たわわに咲く姿も愛らしいです。

仕事がようやく落ち着いて、ゆっくり時間を使えてうれしいです。
パン作りに話が戻りますが、失敗を恐れて結局やらないという傾向がある私にしては
今回は結構頑張ったなーと思います(笑)
レンジメインで使ってる、発酵機能もない古いオーブンレンジでもちゃんと焼けるのか
一度は試してみないとと思っていたので、多少の焼きむらはあっても一応焼けることがわかってよかった。
ただし、一度に焼ける数は4個ぐらいなものですが

いろいろ知りたくなって、パン作りに関する本を3冊も購入しちゃいました。
すぐになんでも上手にはいかないでしょうが、焦らず、失敗を恐れず
少しずついろいろ作ってみたいなぁ。太りそうでコワイですけど
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ボランティア検討中、そして仕事のことなど。

2013-03-11 14:51:26 | ライターの仕事など
東日本大震災から2年。

テレビや新聞を見ていて、被災地や避難者の方々が
震災直後とはまた違った悩みやストレスに直面していることや、
被災地ではまだまだ人の手が足りていないことなどを知り、
当時は義援金を送ることくらいしかできなかったけれど、
改めて微々たる力でも何かできることはないか、役に立てることはないかと考え、
あるじゃないか!と思ったのがボランティア。

申込はこれからですが、申し込もうかと思っているボランティア活動を見つけました。
ダーリンもワンズもいるので泊まりは難しいので、日帰りでできる活動です。
都内から往復バスで行くもので、うちから行くとなると始発電車に乗ることになり
朝がかなり早いのですが、一度くらい、1日くらい復興支援のために
時間を割くことはなんでもないことに思えるので。


そしてここからは仕事の話。
前にも書いたと思いますが、去年の秋にずっと続けてきたWebの仕事を辞めました。
いろいろな意味で大きなやりがいもあったし、できることなら辞めたくなかったので、
自分から編集部に辞めると言って受理された後、しばらく気持ち的には凹んで、
1月くらいまでは結構時間もできて、
外で本業とは全く関係のない仕事をしようかと実際探し始めて面接受けたりしていました。

でもその後、2月に入って新しい仕事が増え始め、その仕事をしたことで
さらにまた新しい仕事を頼まれて、先々まで予約(?)が入り、
さらに、去年暮れから何回か参加した講座の主催者企業とのご縁で、
「お仕事をお願いしたいので一度社まで来て頂けませんか」と声をかけてもらったり。


今になってみると、ひとつ仕事を辞めたことで新たな世界が広がることもあるんだなーと。
その仕事をずっと続けていたら、おそらく、
やりたいことをしてみよう♪と軽いフットワークで行動してはいなかったかもしれず、
辞めてすぐにはわからなくても、後々になって
辞めたことにも意味があったと思えることってあるんですね。

40代後半になって、そして今年になって仕事の面でこういう展開になるとは
想像していなかっただけに、正直なんだかうれしい気持ちです。
新規の仕事は初めは不安なことや緊張も多いけれど、
私を信頼してくれる人に応えるためにも、さらに頑張ろうと思います。











コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

まだまだ多忙

2013-03-07 08:52:19 | ライターの仕事など


こちら昨日の夕焼け。
だいぶ陽が延びてきて、急に暖かくなってきました。

仕事忙しく、忙しく、忙しい。
フリーになって、どうだろう。
こんなに書いて、書いて、書いてってことあったかしら(汗)

この忙しさ、Webの定期仕事で知り合ったライターさんが
黒子(彼女の代役<笑>)の仕事も含めて私に次々仕事をふってくれることも大きいし、
1年以上仕事を断り続けてきた友人の編プロの仕事を超久々に再開したことも大きい。

友人のところの仕事は、エンドレスで修正が来るストレスにさいなまれることが多く、
もう二度と受けないと決めていたけど、
依頼の内容がこれまでの仕事と異なること、内容的にも興味が持てるものであったので
とりあえず一本受けたら、
できればこれも、あれもと追加仕事もやってきて、
エンドレスにならない仕事なのでなんとかやっている。

その会社は私と同い年の社長、編集実務を行うMちゃんともう1人、
雑務を一手に受けていたスタッフがいたのですが
体調不良でやめてスタッフの子がしまったらしく、雑務・実務はMちゃんに。
だからでしょうか、Mちゃんのかなり強気でとんがった性格が
あまりの忙しさに助っ人がいなくては仕事が回らず、
以前に比べ少し?かなり?丸くなった気がして、それもなんとかやれている理由。

社長は小学生の子供が1人いて、基本的に自宅で仕事をするスタンスのため
事務所には必要なときしか来ません。
Mちゃんも、これまでスタッフと2人だったのに1人になるって
静かだし、愚痴や何気ない会話をする相手が誰もいなくなって
少し変わったのかもしれません。

事務所も、社長の自宅最寄駅の近くに移転したそうで、
Mちゃんの通勤時間もこれまで1時間から1時間半になったそう。
それでも物理的・精神的に社長とも近くなり頑張っている模様です。

私もできない無理、したくない無理をするつもりはないけれど
様子を見つつ、できることはしていってもいいかな、と少し気持ちが変わってきている。

春夏秋冬の季刊の仕事が4本に増え、このままの勢いで行くと
年収的に扶養範囲を超えてしまうかもしれない。
でも、自分でいろいろ払って損にならないまでには相当働かないといけないしで
それも少し躊躇する。

様子を見ながら考えよう。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加