アラフィフ×1ライターの日記

できるだけ穏やかに、健康に、年を重ねていきたい。

この一年を振り返る

2012-12-30 15:15:15 | 日記
気付けば2012年も今日を入れてあと2日、
人生の中で今年ほどいろいろあった年はなかったように思います。

2月
義理姉が亡くなる

3月
義理姉が施設入所の手続きをとり面倒を見ていた義両親を、
こちらでみるために施設を探し、月末に呼び寄せる。

4月以降
月に3~4回の義両親の施設通い始まる。
私用の軽車両Moco納車。

6月
ダーリン、16年ぶりに娘さんと再会(息子君も一緒)

7月
中旬、人生初の扁桃炎を発症、約1週間で治る。

8月
初旬に扁桃炎再発、医師の勧めもあり入院。
入院翌日、扁桃周囲膿瘍が認められ排膿手術。
1週間後の8月中旬に退院。

11日後、扁桃炎が再々発。
治療のため約1週間入院。
扁桃摘出術を受けることに決める。

9月
初旬、プリウスα納車。
19日から扁桃摘出術のため12日間入院。
ダーリン、面会皆勤賞。

10月
Mocoに代わってラパン納車。
下旬、施設に見舞いに行った数時間後に義父亡くなる。
義父の葬儀。

11月
3年続けてきたWeb仕事を辞める。

12月
義父の納骨。
26日の検査で頚椎椎間板ヘルニアと診断。
今日に至る。


今年は…、本当にいろいろあった年だったなぁ。
特に健康面で、ここまで痛みと闘った年はなかったなぁ。。
パン作りやノルディックウォーキングなど、楽しいと思えることに出会えたのはうれしいこと。
来年は、今年ほど激動のない落ち着いた年にしたいものです。
短めの海外旅行にも行けたら行きたい。
そのためには健康であること、それが不可欠。
喉は手術により入院までの炎症は起こさないはずなので、頚椎ヘルニア、、、これをなんとかしなくては。。。

ダーリンは今日で仕事納め、元旦は休みが回ってきたので年明けは2日から仕事です。
明日の大晦日は、大掃除の仕上げ窓ふき、ワンズの洗濯(笑)、お正月の買い物をして
義母に会いに行き、夜は「ガキ使」でも見ながらカニ鍋と年越しそば、という感じになりそうです。
コメント (2)

夫婦でMRI、その診断結果は・・・。

2012-12-27 11:47:02 | 日記


私は数日前から引きつるような腕の痛みと手指の痺れ、
ダーリンは数週間前から背中・肩の痛み、私と同じような腕の痛みを感じ
なかなか良くならないので、二人そろってMRIを撮れる病院に行ってきました。
夫婦そろってMRI検査を受けるなんて、そうそうないことですよね・・・(汗)

症状から、私は首を、ダーリンは病院の専門が脳外科であることからとりあえず脳を検査。
以前、原因不明の背部痛が続いたときに腹部のMRIを受けたことはありますが
今回のMRIは装置が違うのか、すっごく狭い空間に体半分が入る仕組みで、
検査前の問診に「閉所恐怖症ですか?」との問いがあったことに納得。

あれは、閉所恐怖症の人には耐えられない(はず)。
そうでない人にとっても胸が苦しく気分が悪くなりそうな、
一刻も早く抜け出しなくなるような、そういう圧迫感がありすぎるほどありました。
しかも検査時間は約30分と結構長い―。
この空間にそんなにいなきゃならないなんて結構拷問!?

首を撮影するためにプラスチックの首輪みたいのを装着、
体もベルトで固定され、不断にはあり得ない拘束?に結構びびる。
首の装具が下唇に少しひっかかって変なので、検査開始前に体を少し動かして
唇を下げたものの、かえってそっちの方がおさまりが悪くて後悔、
急いで元に戻す。

検査中、ドドドドド・・・・、ダダダダダ・・・・ずっと音がしていて(磁気の音??)
何も考えずにいるとやばい気がして、頭の中でずっと歌を歌いながら
お風呂上りにマッサージを受けているイメージをしてやり過ごした。
私の検査は、始めは4分と短めだったものの、そのあとは6分、7分、6分(だったかな)。
目を開けたら、この極めて狭い空間(顔から装置まで数センチしか離れていない)を認識して
思わず体を起こしてしまいそう&ギブアップを意味する手を挙げてしまいそうで
最初から最後まで目はずっと閉じていた。

なんとか検査終了。
少し待って医師に呼ばれ、二人そろって診察室へ―。
「まず奥さんからですが・・・、こちらの画像から・・・・頚椎ヘルニアですね」。
ガーーーーーーーーーーーーーン。

ちなみに私の首は「ストレートネック」で、肩こりや首痛、頭痛、腕のしびれ、肩が上がらないなどの症状が起きやすいのだそうで。
思い出しましたが、ストレートネックについてはちょうど一年前の冬、
指にしびれが表れて受診した整形外科で指摘されていたのでした。

そのときは「手根管症候群」「胸郭出口症候群」のどちらかだろうとの診断でしたが、
何度か通院して、しびれがあまり気にならなくなったのでそのままにしていて、
最近また少ししびれだしたので、寒い時期血行不良になることが原因かなぁぐらいに思っていたのですが、
ここ最近、去年にはなかった眠れないほどの腕の激痛を伴う手指のしびれを感じて検査して
「頚椎ヘルニア」との診断―。
もしかしたら去年からその兆候が出ていたのかもしれませんね・・・。

ネットで調べてみるとわかりますが、手や指のしびれの原因には原因不明を含めて
実にいろいろなものがあって、MRIなどを撮れば明確な診断が可能ですが、
はっきりコレが原因とするのは難しい場合も多いようです。

一般的に言われる多くの原因は「加齢」(!)
私の場合、猫背気味、PCやスマホを良く使うことなども関係していそうです。

あと、もしかするとですが、最近再開した車の運転で、スーパーの駐車場にバックでとめる際、
車止めに割と勢いよくぶつかってしまったことも関係している!?!?
(これは相方の指摘)

ちなみにその3日後、SCの駐車場で前向き駐車を促されてとめて
用事を済ませて帰る時、自分の車の前に何も止まっておらず、
前向きに止めたことをすっかり忘れてそのまま前に車を出してしまい、
やはり車止めにぶつかって自分でしたことなのに超びっくり!
数日続けて2度首に衝撃が加わったことも関係している、のかなぁ・・・。
ちなみに激痛が表れたのは、このびっくり事件(?)の2週間後ですが・・・。

末梢神経に働くビタミンB12、眠れないほどの痛みに効くという少し強めのクスリ「リリカ」を服用して様子を見ることになりました。

ちなみにダーリンは脳に異常は認められず、鎮痛効果のあるシップ「ロキソニンテープ」と筋肉の強張りを緩和する錠剤を服用して様子を見ることに。

健康だけが取り柄と思って人生過ごしてきましたが
ここのところイロイロ出てきて、寄る年には勝てないのかを実感。。
てか、駐車場のシッパイも関係しているとしたら、
自分のへっぽこ運転技術が引き起こしたともいえるのですが・・・(汗)

右手のしびれは仕事や日常生活で致命的!
ほんとはこうしてキーボード打ってるのも良くないんだろうけど!?
それを一切やめるのも仕事もあり難しい。

来年の診察予約まで薬はもらったものの、このまま年越しはきついなぁ(涙)。
ビタミンが効いてくれたらうれしい。

コメント (2)

ノルディックウォークで10km

2012-12-20 13:07:40 | 日記


昨日、2本のポールを地面に突いて歩くノルディックウォークで10km歩いてきました!
夏に、体験取材でほんの少しかじって、やってみたいなと思っていたのですが
度重なる扁桃炎でそれどころでなく、ようやく落ち着いたので
一人ですが思い切って申し込み、参加してよかった♪

年代も近しい人が多く、私以外にも一人参加の方が数人、
全員でも10数人という程よい人数で、鎌倉・逗子を元気いっぱい歩いてきました~。



逗子市小坪にある、日本屈指の高級住宅地に隣接する披露山公園で
傾く夕日や江の島、相模湾を一望。

仕事でほんの少し体験していたので、2回目となる今回は、
同じ側の手足が動いてしまうこともなく(笑)、思ったよりずっと距離が長かったので
いつの間にかポールの突き方や、そもそもポールを突くということが
自然にできるようになった気がします。



ゴール後は、スタッフが予約しておいてくれた行列のできる日本そば屋さんのお座敷で
ビールと天ぷら、香り高くコシのあるおそばを満喫。
天ぷらは、富山湾でしか揚がらないという白いエビのかき揚げや太くて大きなエビ、
程よい歯応えのごぼうなど、どれも美味しかった~。
私はやっぱり、(焼き鳥でもそうですが)塩で頂く天ぷらが好きです(天つゆも好きですが)。



おそばは、結構な量で出てきたのでびっくり!
メニューでは辛み大根と悩みましたが、ごまだれをチョイスしました。

この日はダーリンが仕事が休みで、安心して出かけられました。
ダーリンはダーリンで、義母の施設に行った帰りに日帰り温泉&全身マッサージを満喫して、
「今日はカツが食べたい気分」と専門店のひれカツetcを私の分までたくさん買って、
私が伝授したお気に入りのスイーツショップ「VEGE FRU SWEETS KAICHI」
ウイークリーで地元SCに出店中との情報を受けて
定番人気の「フルーツロールケーキ」と「極上マロンロール」を買ってきてくれました。




ここのロールケーキ、バター不使用でヘルシー、熱海の温泉を生地に練りこんであり
ふっわふわでさっぱりした甘さがやみつきになります(笑)
栗も大好きだから、初マロンロールも食べるの楽しみ♪
コメント (2)

御歳暮に信濃牛

2012-12-18 14:32:05 | 日記


長野在住の義理妹夫妻から先日、御歳暮にリンゴで育った信濃牛が届きました。
きれいなサシが入ったすき焼き用のお肉で、タレも付いています。

ちなみに写真は、すき焼き用に既にお肉を鍋に投入した後に撮ったもの。
桐箱の淵から少し下がった位置にお肉があるのでわかるかもですが
届いたときは箱の木の淵が見えないくらいお肉が盛られていた(笑)

早速届いたその日の晩にすき焼きを楽しみましたが、
結構何重にもお肉が入っていて、一度にはとても食べきれず。。



そこで、牛丼ランチにアレンジしてみました。う~ん、なんて贅沢な牛丼だこと♪
美味しくてお腹いっぱいがっつり食べて、なんか太った・・・(苦笑)??
体重計に乗りたくない気持ち。。。
今日は計るのやめとこう(汗)
コメント (4)

地元酒造会社でヴィブラフォン

2012-12-17 16:36:26 | 日記

雨が降った土曜日、仕事関係のお誘いで地元の酒蔵が主催したヴィブラフォンのコンサートに出かけてきました。
会場となったのは、桶場(おけば)と呼ばれていた酒を造る桶を修理したりしていたスペース。
現在は、ギャラリーとして使われていますが、ご覧の通り天井が高いので音も良く響きそうです。


演奏者は、この酒蔵の地元出身で現在はドイツで演奏活動をされているアーティスト。
まだ若く、20代後半か30才くらいな感じでした。

ヴィブラフォンは鉄琴のことですが、鍵盤の上に、響きがユニークになるというお風呂の栓のチェーンのようなものやアルミ箔、逆に音を響かせずに短く止めるための布などを置くなどして演奏。
改めて、音というのは「響き」「何かと何かの共鳴」なんだ、と感じられたひと時でした。

オリジナルの曲は、鳥や森の中の小鹿、水の流れなど頭に浮かぶ映像からイメージしたもので、
そういった情景を思い浮かべながら聴くのもいいものですね。
コメント (2)

最近のおでかけ

2012-12-17 16:20:48 | 日記
12月になって、いろいろ予定が続き、風邪が治りそうでなかなか治らず
今もまさにぶり返し中で記事更新がままならずでしたが、最近のおでかけを少しずつ。


駅舎が完成した東京駅向かいの丸の内で、久しぶりに友人とランチ。


私の好きな場所、丸の内ブリックスクエア。写真だけ見ているとまるでイギリスのようですね。


色とりどりのバラに囲まれた素敵なツリーもありました。


お昼にいただいたのは、鶏専門店の和風ハンバーグランチ。
平たく言えば大きなつくね(笑)?ふわふわで美味しかったです。


通りを歩くと、銀杏並木の黄葉が見事で、太陽の光が当たって本当にきれい。
タクシーの黒いボディに映る銀杏の黄色がまた美しくて、こんな写真を撮ってみました。
車体にビルが写りこんだ、偶然のゼブラ模様も面白い♪

ちょっとお高いですが、ジョエル・ロブションでいくつか美味しそうなパンを買って帰りました。
コメント

ディズニー行ってきました(3)

2012-12-09 17:23:20 | 日記
アトラクションは、ちびっ子たちと一部別行動の時間に「スペースマウンテン」「キャプテンEO」
「グランドサーキットレースウェイ」「カリブの海賊」「ホーンテッドマンション」を。
アドベンチャーランドやウエスタンランド、クリッターカントリーなど
広すぎて&くたびれてまったく回れないエリアもありました。。

レポートの最後は、地震の後に観たエレクトリカルパレード。
手持ちカメラで動くフロートを撮影するのは至難の業。。。
それでも頑張って挑戦しましたぁー。

























30年ぶりのディズニーランドは・・・、思ったよりも楽しめました♪
真冬にしては風もなく、お天気にも恵まれてよかった♪

全然おかしな感想ですが、若い人しか働いていないのかと思ったら、
アトラクション入口のスタッフやレストランで、自分よりきっと年上なキャストも見かけて
若い人ばかりじゃないんだ、とか思いました(笑)

行く前は、ほんとにまったく何にも調べてないし知らない状態だったので、
寒くない時期に、今度は少し調べて、回れなかったエリアや食べてみたいものなど想定して
回ってみるのもいいなと思いました。
行くなら日帰りじゃなく、またどこかのホテルに泊まりたいかも。
直営じゃなくてもいいので。朝食バイキングとか、結構充実していてよかったし。

とりあえず、四十路のシー&ランドはこんな感じでしたとさ☆

コメント (3)

ディズニー行ってきました(2)

2012-12-09 17:10:53 | 日記


ディズニーシーに到着です。アフターシックスパスポートのEチケットで入園しました。




ちょっとブレてますが、記念写真を撮ってもらいました。




手持ち撮影につき、夜は厳しいですが、デジタルイルミネーションのツリーがきれいでしたよ。




乗り物はちびっ子がほんとにちびっ子なので、
激しいのには乗らず「海底2万マイル」と「キャラバンカルーセル」を。
それでも最年長3歳男の子、どちらも怖がってました・・・(苦笑)そもそも夜は苦手なのかも。
花火も見たんですが、3歳男の子、花火が怖いらしく始まるや否や、お家に帰るーーーーと大泣き(苦笑)
地元の花火が割と自宅近くであるらしく、どうやらその音や振動が怖くてたまらないそうなんです。
何歳になったら怖くなくなるんだろうね♪、彼女ができて花火大会に行きたいと言われたら
頑張って行くよね、なんて将来のことを想像してしまいました。




翌朝、客室のカーテンを開けるとリゾートラインが見えました。
目覚ましを7時半にセットしておいたのに、大失敗!!
前日の疲れが大きいところに、スマホのアラームをマナーモードのバイブレーションにしていて、
さらにすぐ手が届かないところに置いたのが災いし、トイレに行きたくて起きてみたらもう8時43分!
義理妹家族と9時に朝食の約束をしていたものだから、大急ぎ!大慌てで歯を磨いて支度して
なんとか約束通りに合流、朝食(笑)




客室の備品も可愛かったです。
オリジナルグッズは結構なお値段ですが販売もしてるんですね。




ランドへはホテル駐車場を出て車で。
例のシャトルバスが来ていたので、もう一度撮影。ナンバーを見たら前日夜と同じでした。
ちなみにマフラーもミッキー型です(笑)




もうおばちゃんなので(笑)!?自分が写っている写真はあんまりないんですが、
ワールドバザールの大きなツリーがきれいなので1枚撮ってもらいました。

コメント

ディズニー行ってきました(1)

2012-12-09 17:06:28 | 日記
木曜・金曜で人生初のディズニーシーと約30年ぶり(?)のディズニーランドに行ってきました。

ディズニーランドでパレード待ちをしていた12月7日17:19、
自分を含め周辺にいる人たちのスマホ・携帯に緊急地震速報が一斉に入り
結構な揺れが長く続くという出来事に遭遇。
パレード中止?とも思いましたが、特別なアナウンスなどはなく、ほどなくパレード開始。
夢の国のうきうき気分が地震でちょっと下がりましたが、無事に楽しむことができましたー。。



千葉の霊園から一路、浦安を目指しいよいよ近づいてきたところ。




今回、長野から0歳・1歳・3歳のちびっ子を持つ義理妹夫婦が来たこともあり、
初日の夜にシーを、翌日ランドを楽しむ計画で、
ディズニーリゾートオフィシャルホテルである「東京ベイ舞浜ホテル」に1泊。
写真はクリスマスの飾りが施された吹き抜けのダイニング。大人でも気分が盛り上がります。




客室は禁煙フロアの8階です。
ツリーやクリスマス雑貨が飾ってあったりベッドメイクなどもクリスマス仕様になっています。
部屋からランドとシー、両方見えるお部屋でした。



モノレール?なのでしょうか、パークを循環する
ディズニーリゾートラインの乗り場に連れて行ってくれる無料シャトルバスに初乗車。
中ドアがミッキーのシルエット。かわいいですねぇ。




吊革もミッキー型、シートもミッキーがはいてるつりズボンのボタンみたいなデザインで、後方には人形も。
車体前方にはクリスマスリースが付いていたり、屋根の上にミッキーがいたりと
細部まで何かと楽しませてくれます。




テールランプとウインカーもご覧の通り♪




バスを降りたらリゾートラインに乗車。窓がミッキー型。
吊革もやっぱりミッキー。普通のモノレールとは違って、商品ディスプレイがしてあったり
初めてなのできょろきょろしちゃいましたよ。

コメント

伊豆の思い出、届く

2012-12-05 16:50:15 | 日記

今日、宅配便の方がピンポン。
何かな?と思ったら、先月、東伊豆で体験した
手びねりの陶芸作品の焼き上がりのお届けでした。

一般的な窯では、陶芸家さんや体験者の作品がある程度集まって
タイミングがいいときに焼くそうで、作品が届くまで2~3か月かかるそうですが、
私たちがおじゃました窯は小さな窯で、1か月が目安とのことでしたが
予定より10日早く届きました。

ダーリンに届いたことを知らせるメールをして、
そうだ!写真を添付して送ろうと段ボールを開けたら、
ダーリンから電話で「もう開けちゃった??帰ったら一緒に開けようかと思って♪」と。
「あー、たった今開けてみちゃったよ」(笑)ということで送ってあげたのが上の写真。

マグカップは私ので、ご飯茶碗はダーリン作。
私は不器用でほとんど陶芸家の方が肝心な部分をやってくれたんですけど(汗)
いい思い出になりました

明日はいよいよ義父の納骨+義理妹さん家族と1泊ディズニーです。
なんか、すごい寒いらしいんですけど、大丈夫かなー
長男・次男は先月に続いて2泊3日のお泊りですよ~。
コメント (4)