アラフィフ×1ライターの日記

できるだけ穏やかに、健康に、年を重ねていきたい。

今日も2ワンズと公園へ

2011-08-27 20:09:16 | 日記
雨かな?と思いましたがやんでいたので、草が濡れているとは思いましたが
次男の立ちたい!歩きたい!走りたい!という本能の刺激になればと
2ワンズを車に乗せてまた公園に行ってきました。

本日はセブンで買ったおでんとおにぎりがブランチです(笑)



とにかく広い公園で、里山一つ分のなだらかな起伏を生かして
そのまま公園にしたような場所、管理は県がしているみたいです。

長男とダーリンが先に芝生エリアに入りました。
次男は私が押すバギーを降りてから芝生に出るところです。

今日はほとんどビデオカメラで動画を撮っていたので写真はあまりなく(汗)



遊ばせ終わってバギーを押すダーリンの後ろ姿。
黄金伝説?とかに出てくる、よいこの濱田?みたいなタオル鉢巻が笑えます。



飛び出そうとするので、フードのカバーを途中まで閉めたら、、、、
歯を剥き出しにした次男のこの抵抗が笑えます!
茶色いのでチンパンジーに見えなくもない。



なんか、こういう姿を見ると、20年以上前、ダーリンは子どもたちのベビーカーを
こうして押したりしていたんだろうか、いたんだろうねぇ、と想像したりして。
最初は、ベビーカーみたいで恥ずかしいと言っていたのですが、
私も含めてだんだん慣れてきたようです。

そのダーリン、今日は会社の飲み会で
築80年だかの昭和の一軒家を改装してオープンした沖縄居酒屋に出かけて行きました。
シェルボタンが付いた黒いTシャツに、古着加工のジーンズ、
今日は私が去年の誕生日にプレゼントしたレザーの携帯ケース
(カラビナで腰から下げるタイプ)にスマホを入れて、鏡の前で
「なんかさぁ、あのドラマ(『華和家の三姉妹』のこと)に出てくる
カメラマンに似てない?」と言って笑わせます。

貫地谷しほり演じる桜子が同棲している「しょうちゃん」のことみたい。

「オジサンが何言ってんの、バッカじゃないのーーー」と口では言いつつ、
実は我が夫ながら、悔しいけどかっこいい・・・・と心の中で思ってました
でも本人に言うと調子に乗るので、「バッカじゃないのー」で送りだしましたけど

ダーリンが出かけた後は、真剣仕事モード。
家で仕事をしていると、相手が家にいるとなかなか、一人のときと違って集中するのが難しく、
夕方からお出かけしてくれたおかげで(?)結構はかどりました
さぁ、今日はこれでおしまいっと。
コメント (2)

2匹を連れて公園へ

2011-08-25 13:19:36 | 日記


伊豆高原旅行の記事アップの前に、昨日、家族でクルマで15分ほどの場所にある大きな公園に行ってきました。

旅行中に立ち寄った伊東マリンタウンという道の駅で、
小さな芝生の上に次男を立たせたら、不自由な体で必死で立ちあがろうとしたんです。
その姿に、自然の中に連れ出すことが最高のリハビリになるのじゃなかと感じたからです。

同じヘルニアから復活したMダックスの飼い主さんからも
「それはとても大切です!いいところに気づかれましたね!」とエールを頂き
ダーリンも仕事が午後からなので、早速行ってきたというわけです。



もう、2人とも久しぶりの広くてきれいな公園で、うれしくてうれしくて大はしゃぎ。
向こうにいるのは麦わら帽子に首タオル、野良仕事のようなスタイルのダーリンです(笑)



写真には撮れませんでしたが、チョコが草のにおいをくぅ~んと嗅いで、
近くの木の根元に前足で走って行って
片足を上げてチッコのような仕草をしたのにはびっくり。

もちろん、まだ立てないので片足上げてのチッコに成功したわけではないのですが、
自然の中に放たれることで、もともと備わっている本能が屋内にいるときよりも
強く、しかもはっきり出る、ということをすぐに実感できました。



草のにおいを確かめているのかな。
次男は草や枯れ葉のにおいが大好きだったので。



今にも自力で立つんじゃないかと思うほど、何度も何度も
よろけながら立とう、立とうと試みるのには驚きました。
表情もこんなにうれしそう。
草と土の上で自由に遊ばせる、それ自体が最高のリハビリ、と実感!
毎日来たら、本当に立って、歩けるようになるんじゃないかと感じました。



アスファルトは足がこすれてしまうので次男は抱っこで。
長男がちょこちょこ走って追いかけます。



散歩の帰り、バギーに乗った2人はご満悦の表情。
やっぱり自然の中で遊ぶのが楽しいんですね。

そして今日も公園に!と勇んでいたのですが生憎の雨で断念。。。
もっと近く、歩いていけるようなところにこんな公園があったらなーーーー(悔)。

帰宅後、廊下やリビングなど自宅のフローリングが、チョコたちにとった
らつるつる滑るアイスリンクのように思えてきて、ネット検索して
短めループのパイル地でできたペット用カーペット(消臭機能付きで洗えるもの)を注文しました。
これなら雨でも、今までよりいくらか足腰への負担が減らせるのではと思い。

あー、ほんとに毎日でも公園に連れて行けたらな~。
コメント

明日からワン連れ旅行

2011-08-20 20:27:18 | 日記
なんかお天気良くないみたいですが・・・
明日から2ワンを連れて伊豆方面に家族旅行に行ってまいります。

私、かなりの確率で晴れオンナなんですが、
度々天気予報をチェックしてますが、明日は弱雨、明後日は曇り時々雨、って感じなようです。

それにしてもワン連れ旅行は支度が大変、特に今回はヘルニア次男のための
あれこれ(オムツやら念のためのトイレシートやタオルetc)でいつもより荷物が多くなりそうです。

しかし、ワン連れって赤ちゃん(幼児?)連れに限りなく近いかもですね。
用意するものや持って行くものもそうですが、バギーも犬と赤ちゃんの違いはあれどバギーはバギー。

次男がヘルニアになって、思わぬことから私は突然お母さん。
というか、母親のようなことをすることが増えて、
バギーを買ったときなどダーリンに言われましたが、「次男のおかげでコロタン(私のこと)、
母親体験ができてそれはそれで楽しいんじゃない」と。

その時は、なんてこと言うんだと思ったのですが
いやはやなんとも、ほんとなら体験しない子育て的なことを実際にやってみて
(オムツ換えやバギーを押して外出など)、確かにダーリンの言うとおり、自分なりに
お母さん役を楽しんでいたりするんですよね

出産こそしないで終わりますが、こういう日々も結構貴重な体験になっているのは確かです
コメント

朝散歩

2011-08-18 16:40:11 | 日記
写真はないのですが。
ダーリンの出勤が遅い週なので、朝みんなで散歩しています。
といってもまだ2回だけですが

長男は歩かせて、次男はペットボトルを凍らせた保冷材を
タオルにくるんでコットに入れたバギーに乗せて、優雅にお散歩。

・・・といいつつ、優雅なのはほんとに次男だけ。
朝7時、8時でももうものすごい暑くて、
今日なぞは二人とも恥ずかしげもなく首からタオルを下げて歩きましたよ

しかもダーリンは、クリームイエローのリブのランニングに夏用デニムの短パン、
頭にはリボンで結ぶようなつばの大きな麦わら帽子、そしてビーサン。

ぶよぶよ、ぽよんぽよんの男の人だったら、もう恥ずかしくて見てらんない風な格好ですが
後ろからその姿を見ていて、こんな格好でもサマになってしまうダーリンてなに??と
ちょっと悔しく思いつつ(?)次男のバギーを押してました。

口は滅法ワルイし、むかつくこともしょっちゅう言うんですけど、
容姿が自分好みだと、それでいくらかは中和?緩和?されてしまう、
それが悔しかったりするのである。
それは自分が女ということなのか??

って、ちょっとくだらない内容の更新でした
コメント (4)

16年ぶりの再会

2011-08-12 13:44:01 | 日記
一昨日、ダーリンが16年ぶりに息子クンと再会しました。
離婚したとき、息子クンは4歳。

別れるときに公正証書を作り、成人するまで養育費を払うこと、
母親は子供を父親に会わせることなどを取り決めたものの、
ダーリンが子供たちに会いたいと何度か連絡しても
「子供たちは会いたくないと言っている」と元奥さんから言われ続け
いつの頃からかもう会うのは諦め、それでも責任は果たすと
二人の子供が成人するまで養育費を払い続けたのでした。

「会いたくない」というのは、本当に子供たちがそう思って言った言葉なのか、
元奥さんが会わせたくないことの口実なのかはわかりませんが、
自分から会いたいと言うことはないと、半ば会うことを諦め
二度と会うことはないかもしれないと思ってきたダーリンに
奇跡が起こったのです

3日前の夜、くつろいでリビングでテレビを見ていたら
ダーリンのスマホにメールが届き、職場の仲の良い同僚かね?なんて
思いながらメールを開くと、なんとその息子クンからで。
会いたいと思っていますという短いメール。

ダーリン、戸惑いながらも返信し、携帯で少し話をして
次の日(一昨日)16年ぶりに再会したのです。

とにかく16年ぶりの再会なんだから
親子水入らずでゆっくりいろんな話をしておいでよ、と私は言ったのですが
なんと、うちに連れてくるというではないですか(!)
私のことは言ってあるからと(!)

その日、1本取材が入っていましたが終われば帰宅するわけで、
ちょっとドキドキでしたが(ダーリンも息子クンもみんなドキドキです)、
無事に再会。

身長はダーリンと同じ176センチくらい、大学のサークルでヨットをしているらしく
顔も腕も日焼けで真っ黒(ちなみにダーリンも地黒)、
腕や手の大きさ、長めの指などそっくりで、
あぁ、やっぱりDNAがちゃんと受け継がれていたんだなぁ・・・と
思わずそのことを口にしたら、ダーリン的にはすごく嬉しかったみたいです。

私が家に着いた時は、すでにダーリンが買ってきたおつまみとビールで
いろんな、それこそ本当にいろいろな話に花を咲かせているようでした。

息子クンも大人になって、未成年のうちは母親への気兼ねもあったようで
連絡は控えていたそうですが、二十歳になったら父親に会いたいと思っていたそうです。

キッチンでつまみを作りながら私もちょこっと話に参加させてもらったりして
とても楽しい時間を過ごせました。

ダーリンは、息子クンから連絡をとってきてくれた勇気や、
一緒にお酒を飲めたこと、恋愛話ができたことなどが
半ばそういうことはないだろうと諦めてただけに、とても嬉しかったようです。

息子クンも多感な年ごろになり、母親や友達、先輩には言えないようなことを
同じ男である父親に聞いてもらいたい、
相談に乗ってほしいと思うことがたくさん出てきたんですね。
(母親への不満も口にしていました)

息子クンが所属するサークルのHPを私も知っていたので
もう一度見てみたら、自己紹介で「天津丼が好き」と書いてあるのを見つけ、
何もできないけど好物なら作ってあげようかな、と思いまして
実は天津丼を作るのは初めてなのですがレシピを見ながら作ってみました。



写真はそのときのものではありませんが、余りで自分用に作った、いわば再現版の天津丼です。
カニカマのほかに、カニほぐし身の缶詰もとき卵に加えて作りました。
味はほんとにおしくできたのですが、
彩り用のグリーンピースを買うのを忘れてしまい、それがちょっぴり後悔

息子クン、味がすごくいいですおいしいですとうれしいコメントで
完食してくれほっとしました。

離れて暮らし、その間まったく交流を持てなかった16年という空白を
一気に埋めることはできないけれど、こうして会えたことは自分にとっては本当に特別の出来事―と
感慨ぶかけに語っていたダーリン。

私も本当にうれしいです。
バス停まで送った別れ際に「またいつでも遊びにこいよ、いつでも連絡しろよ」と
息子クンに声をかけていたダーリン、やっぱり父親なんだな、
この再会に一緒にいさせてもらえて、よかった、と思ったのでありました。



コメント (2)

犬用バギー到着です

2011-08-11 14:02:48 | 我が家のMダックス


先日、たまたまタイミング良く例の犬用バギーのメーカーがファミリーセールをすることをネットで知り
猛暑の中、久々に都内(代々木公園)まで出掛けてきました。

価格が価格なので、とりあえず実物を見て、現地の割引率によって購入を検討するつもりで。
そして、販売店やネットでも一切値引きをしない商品が、なんと2万円引きで置いてあり
色もブラック×オリーブのシックな色合い。
ブラック×ブラック、ブラック×クランベリー(赤ピンクっぽい色)もありましたが、
私とダーリンとが使うことを考えると、この色がベストだと思いまして、
これはやはり、必要なもので、勇気を出して現金払いでご購入です(汗)

この日、まだ明るいうちに仕事が終わったダーリン、
説明書も見ないでちゃちゃっ!と組み立ててくれました。
こういうのに強いのはさすが男子って感じで助かります



サイズは大中小の3種あったのですが、2匹で乗るには中か大、
中でも入れなくないのですが、ぎゅうぎゅう状態が想像され、
くっつきあっているのは好きな2匹ですが、
寝そべれないより寝そべれた方がいいので「大」を選びまして、
届いて載せてみたらやっぱり「大」で正解です。




こちらが全形。人間の赤ちゃん用のベビーバギーをメーンとするメーカーが、
ペット用の需要に応える形で開発した経緯があるため、カートの部分はベビーバギーのものをそのまま使用。
なので使いませんが「足置き」があるんですね。

両サイドにはペットボトルサイズの小物入れ、ペットが入るコット部分は着脱式で中には内ポケット1つ、
飛び出し防止のリードフックが2つ。

折りたたみ式のカートは自立型です。
コット上部は今は空いていますが、ドーム型に閉じることができ、飛び出しにくいように蛇腹になっていて
左右の留め具で今の写真のような状態にしておくことができます。

ちなみに赤ちゃん・ペット・荷物用の3通りの使い方に対応するためコンセプトは「3in1」。
まぁ実際ベビーバギーとしては使うことはないでしょうが(爆)。

3輪の車輪はエアタイヤなので、乗り心地は悪くないと思うんですが^^;
玄関前で少し動かしてみましたが、とにかく動きが滑らか。
くるくる小回りが利いて、とにかく動かしやすいです。

本格的に使うのはこれからですが、いいお買い物ができたと自負しております^^;
コメント

退院から早1週間

2011-08-05 11:40:48 | 我が家のMダックス
今日で退院からまる1週間。
焦っちゃいけないとわかっていても、依然立てず、排泄もトイレではできず―。

子供たちを預けてはどこにも行けないし、
みんなリフレッシュが必要なので、とってもお安い(←今の経済状態では重要)伊豆高原のわんこと泊まれるペンションを予約しました。

そこにはペットが入れる温泉がありまして、次男を温泉に入れてあげたいのでそこに決めました。

次男のヘルニアが発症してから、頭の片隅で考えているのはペット用バギー。
歩けなくても外に連れ出してあげたいし、バギーがあれば入れる施設も多く行動範囲も広がるだろうし。

どうせなら2匹一緒に入れるサイズの方が何かと便利だろう。
安価なプラスチックの四輪でなく、空気が入ったタイヤを採用した三輪の方が
断然動きがスムーズで、衝撃も吸収しかなり乗り心地がいいらしい。

それで見つかったとあるバギー、お値段が5万以上という高価なもの。
それだけに作りもしっかりしていて、ユーザーの評価も高い。

買ってあげようか、どうしようか、考え中です



長男にとっても「相棒」のいる、いつもの日常が戻ってきています。



もう、おんなじ恰好をするのがおかしいです!
まるで2色のでっかい箸置き。



仕事中、足元にいる2匹はこんな様子です。
次男、おむつを挟んだマナーベルトをしています。

スマホで撮った写真も少々。



ステテコ履いたダーリンの膝枕でご満悦の長男^^;



じぃっと瞳を見つめる長男、オトコ好きみたい(笑)



なんだかんだ仲良しで、



次男が椎間板ヘルニアになった今、世話は以前にも増して大変ですが
そんな日々の中でも私を和ませる子どもたちですよ。
コメント (2)