アラフィフ×1ライターの日記

できるだけ穏やかに、健康に、年を重ねていきたい。

ここ数日多忙也

2010-07-27 17:15:09 | ライターの仕事など


ここ数日、取材した分の原稿書き複数に追われ、やや忙しない日々を送っております。



そういうときというのは、横道にそれたことをしたくなってしまうときでもあり。。。



最近取材で撮った写真なんかをアップしたりしているわけです。。。



暑くても、水が見えるところはなんだか好きです。。
癒やされるというか、ホッとするというか、涼しげな気分になれるというか。

夏だから、どこかに行くという訳でもなく、今は目の前の仕事を終わらせるのみ!!
苦しいことの後に楽しいことが待っている!
楽しいことを作るんだ!
あともう少し、ガンバレ自分!
コメント

夏らしい食べ物

2010-07-24 14:14:38 | 日記
毎日ほんとーに暑くて暑くて、冷蔵庫の中をチェックして余り野菜でピクルスを作りました。
なんせ超簡単ですから(笑)でも実はもうなくなりそうです(汗)
使ったのは玉ねぎ、プチトマト、キュウリ。あれば黄色いパプリカを入れたらもっとカラフルだったかも。
レシピ本(こんな簡単でも一応作り方をチェックしたw)には、冷蔵庫で1~3カ月は持つ、
と書いてあったけど、お酢に漬けてるからか結構長持ちするものなんですね。





こちらは見ての通り、かき氷ですが、ただのかき氷じゃありません。
だって、だって、1杯1040円のかき氷ですからーーーーーー

リゾート地のホテルラウンジで提供している自家製ジンジャーエール(1040円)を使ったかき氷。
取材の時間が空いてしまって、暑くて時間をつぶせず、物は試しと頼んじゃいました。
めっちゃゼータクなかき氷ですよ。。。
コメント (2)

闘い切った清々しい表情は美しい

2010-07-21 17:32:47 | ライターの仕事など
今日は取材で岡田監督の特別表彰を取材しました。
日本中が燃えに燃えたあの熱戦から早いものでひと月弱。

自国開催以外のW杯で16強という結果を出した岡田監督。
一時は厳しい批判にさらされ、見ているこちらがつらくなるような
厳しく険しい表情がよく見受けられただけに、W杯が一段落して見せた監督の
リラックスした穏やかな表情がとても印象的でした。



今年に入ってメジャーリーグ、Jリーグとたまたまスポーツ関連取材が回ってきますが、
特別スポーツに詳しいわけでもなんでもなく。
うちのダーリンはあげ○ン?(恥)
それにしても取材現場というのは緊張もありますがやっぱりいいです。

メディアが報じない(書けない?)裏話なども全部聞けるのも醍醐味。

清々しい表情、やりきったという表情は本当に美しいです。
ジャンルは違っても、いつもいつもとはいかなくても、
そういう仕事、そういう生き方ができたらなと思います。

ところで今夜は、またダーリン抜きで3人です。
会社の同僚の誕生日むりくり誘われ旅行(?)
お酒飲みすぎないように、夏風邪こじらせませんように
コメント

夏ですね

2010-07-18 17:16:56 | 日記


梅雨明けして、日差しも空も一気に夏本番!
地元では、市内各所から集まったお神輿が海に入るお祭り(神事?)が
明日深夜2時過ぎから早朝にかけて行われます。
去年はまだ越してきていなかったので、見ようと思えば見られるのですが、
時間が時間なもので、たぶん眠ってしまうと思います
テレビでは見たことあるし



話は変わって。
この前、すごく焼き鳥が食べたくなってスーパーに行ったのですがタイミングが合わず、
ならばうちで作っちゃえ、その方が断然安上がりだしということで、
ダーリンと共同作業(私切る人、ダーリン串に刺す人)でネギ間を作り、



焼いて食べたらめっちゃおいしかった
シンプルに塩、わさび塩でツンと利かせたり、甘辛のタレで食べたり。
作るのも楽しいし簡単だし、結構いいですね



連休はダーリンはずっと仕事、私はゆるく仕事して、一段落したのでベランダで一人家呑み(笑)

オーブントースターで焼いた鶏のムネ肉に、青梅を味噌に漬けこんで
トウキビの甘さを加えた青梅味噌(以前取材したデリで購入)をつけて食べてみたら
とってもおいしくて、なんだか嬉しくなっちゃいました。



部屋の中にムネ肉を焼いたにおいがするのか、私が食べているのが気になるのか、
ガラス越しに子どもたちのジィーーーーーっという視線を感じるものだから、
仕方ないなぁとオヤツ用に焼いたムネ肉を2~3切れ食べさせてあげたら、
あ~ら、すっかりご満悦

 

まどろみながら午睡へと落ちて行きましたとさ。

コメント

建築・意匠をテーマに宿取材

2010-07-15 14:02:22 | ライターの仕事など
建築や意匠に特徴のある、とある温泉地の宿数軒に取材に行ってまいりました。
取材で足を踏み入れたことのある宿もありましたが
建築・意匠をテーマに見て回ったことはなく、なかなか興味深い経験でした。




正直、資料があれば取材に行かずとも“それなりに”原稿を書くことはできますが、
やはり現場に行くのと資料だけでは、受ける印象も原稿もかなり違ってくるはずです。

私が取材で最も大切に考えていることは、「感じ方」や「印象」。
実際にその空間に足を運んで、佇んでみて、説明やうんちくをおさえながら
自分が何をどう感じたかをプラスすることで、その文章を読んだ人が
そこに行ってみたくなるような、何かを盛り込めればと思っています。


ちなみに昨日回った3軒で自分なりにまとめたキーワードは

・同じ宿は二度と再び造れない全てがアンティークの宿
・オーナーの遊び心が形になった“サプライズ”が随所に散りばめられた宿
・角(カド)のない柔らかなフォルムとリズミカルな色遣いで別世界に誘う宿

これらは原稿作成する際のキーワードでもあります。

ちなみに上の画像は、明治初期に完成した3階建て擬洋風建築の貴賓室天井に描かれた絵画。
1人2枚ずつ24人が48枚の絵を描いたそうで、絵の主題や色遣いなど実にさまざまで圧巻の一語。
流麗な三条実美の書「紅塵飛不到」も掛けられています。




こちらは柱と襖のカタチにご注目。
ヤマザクラの一本柱と襖が隙間なく閉まるように、襖を柱のカーブに合わせて削って造られているのです。
大工仕事の緻密さとでもいいましょうか、ここまでするのねと感心するばかりです。
ちなみに柱の左側は、真っすくな角材が組まれており襖も直線でした。



こちらは「外国人専用宿」として発展した宿の一室。
仕切り壁のアーチやシャンデリアなど洋風な雰囲気の中に、
欄間やお寺でよくみられるような「火灯(花頭)窓」が取り入れられた斬新?
というかユニークというか、なんとも不思議なお部屋です。




こちらは、オーナーの遊び心=ゲストへのサプライズで造られた彫り物。
猿と蛇のにらみ合いが彫られています。猿の後ろに実は食べ物があるそうで、
それで取り合いになっているとか。
近寄って見るとわかりますが、猿の毛並みや蛇の鱗が実に細かく表現されているのが驚きです。



これは何を意図して撮ったの?と思われるかもしれませんが、
見ての通りガラスです。昔はガラスも手作りの時代。
ガラスの厚みや表面の凸凹などが、ガラス越しの景色を見ることでとてもよくわかります。
向かいの建物の窓や屋根など、直線が歪んでいるのを見ると、このガラスの質感が感じられます。





こちらは30年以上前に建てられた、あるホテルの階段です。階段一段・一段、手すりの形とライン、
階段全体の形などなど、角張ったところが全くないんです。
手すりの片側の板のデザインもおしゃれです。

これだけで芸術作品のような、どこか海外の美術館の一部のようにも感じました。




こちらは上記と同じホテルのレストラン内部。
ブルーの椅子に良く合う、波のようなおしゃれな絨毯のデザインがこれまた素敵です。




そのレストランの吹き抜けの天井には、どこかヨーロッパでしょうか、
3人の貴婦人のような女性の顔をモチーフにデザインされたシャンデリアが。
羽飾りも凝ってます。ちょっとラリック風にも見えなくもない?





もともとボールルーム(ダンスホール)として造られたホールの朱色の絨毯。
模様はレストランの絨毯と同じデザイナーのものでしょう(同じではないけれど一目でわかる)。
絨毯からいきなり白い壁になるのではなく、ポルトガルを思わせるような
青と白の波打つタイルを何段も。なんか凝ってますよねー。




ラス1。これは建築ではないのですけど、
撮影で入らせてもらったお部屋のテーブルの上にコレ置かれているのに気付き、
思わず撮りたくなってしまったテルテル坊主。
雨が降りそうなときはスタッフ手作りのテルテル坊主をメッセージとともに
こうして置いておくのだそうです。
最近めっきり見ないので、妙に新鮮&懐かしい気持ちを思い出させてくれました。

そんなこんなで1日3軒回りPart1は終了。

もう少し軽い感じで取材でできるテーマのときは、1日5か所、7か所こなすこともありますが、
今回は比較的深いテーマで&1つの宿で10か所近く取材するので、
あまり多く見過ぎると集中力が低下してくるんですよね・・・。
そういう意味で今回は1日3軒までが限界かも(汗)


そんなこんなで来週、Part2の宿3軒+美術館1軒を取材して参ります。
雨降らないといいけど!
コメント

食べるラー油初体験

2010-07-11 12:48:33 | 日記
3人で「川」の字になって寝た翌朝、「そろそろ現地出発して帰ります。お土産買ったからね」とダーリンからメール連絡。

そしてお土産の写真がこちら。
・温泉まんじゅう
・笹かまぼこ(実際は10個ぐらい)
・わさび塩
・静岡おでん
・揚げ餅
・食べるラー油



静岡おでんと食べるラー油を食べるのは初めてです。
おでんは、鰹節と青ノリが混ざったふりかけみたいなものが付いていて、
不思議なお味ですが想像よりおいしかったです。



そして食べるラー油、桃屋のものではありませんが
たぶん味はかなり似ているのかなーと。
液体っぽいのかと思って蓋をあけ、冷奴にかけてみようとスプーンを瓶に入れて掬おうとしたら、
ジョリッ!!と結構固い感触がしてびっくり(油分が分離していただけなのですね)。

先にネギをこんもり盛ったのですが、その上から覆い隠すように食べるラー油をトッピング。
パンチが利いた辛みとニンニクチップの香ばしい香りが相まって、これは量を意識して使わないとバンバン使って後でどっぷり太ってしまいそうな気もしてアブナイない感じ(!)




さて、ダーリンが帰宅する前、リビングのベランダよりに佇んでいた長男の頭上を、
風を受けたカーテンがゆらゆらと。
マザーテレサ出現??と期待してどうなるかしらと見ていたら、





あっという間に長男が
白いベールの向こうに行ってしまいましたとさ(笑)
コメント

一夜のナイト(騎士)

2010-07-09 15:25:33 | 日記


今日~明日、伊豆の温泉に泊まりで職場旅行のダーリン。
午後早く仕事を終えて戻ってきて、着替えて一泊分の荷物を持って再び出かけて行きました。
留守にするけどよろしくね、と玄関で行ってきますのをして(笑)
あの~、子どもたちが見てますよ

そのこどもたち、ダーリンから「私を守るナイト(騎士)」(笑)として任命されているのですけれど、
なんだかんだ眠ってばかり or オヤツをねだる or 仕事で必要な電話をし始めると
会話ができないほどワンワン吠えまくる―と、
守るどころか世話ばかりやかせてるんですけど……




こんな風に幸せいっぱい、安心しきって寝ていたり



こんな風に、もし人間が同じ格好のまねをしたら
体の骨がバラバラになっちゃうんじゃ…と思うような姿で寝ていたり



オトコのシンボルを見せながら、あられもない姿で寝ていたり…。
次男が圧迫されて隅っこに縮こまってますよ

どんよりした日は気分もどんよりしがちだなぁ。
早く梅雨があけてくれないかなぁ。
去年の関東の梅雨明けは7月14日だったらしいですが
今年は梅雨入りが遅かった分、開けるのも20日前後と遅い模様。

ダーリン抜きの親子3人、今夜は一緒に寝ましょうかねぇ。
コメント (2)

ダーリンは今月

2010-07-06 10:01:53 | 日記
ダーリンは今週は職場の慰安旅行、
第4週はどうやらダーリンのことが好きみたいな独身の同僚から
誕生日の温泉旅行にむりくり(?)誘われて(って参加人数は複数名です!)、
2回も温泉泊まりの予定が入っています。

ここにきて約1年、
私が仕事や実家に用事で出かけて泊まったことはありましたが、
ダーリンが留守にするのは初めてです。

とうことはイコール、
丸一日以上ダーリン不在で子どもたちと私の3人で過ごすのは初めてということで。

なんだかちょっといないことが不思議&寂しい気もしなくもないのですが
ダーリンが安心して泊まりに出て親睦を深められるのはいいことだし、
しっかり留守を守ることにしましょう

しっかし、私もどこか出かけたくなってしまうー。。

コメント

24年ぶり!?

2010-07-01 21:41:11 | ライターの仕事など


今日は暑~い1日でした。
高校卒業後程なくコンサートに一度行って以来、24年ぶりの生TUBE。
まさか仕事でまたTUBEに会えるとは思ってもいませんでした。

メンバーは1965年&1966年生まれ。
ほとんど同い年のバンドです。

歳を重ねればどうしても、誰だって体型や髪などに表れるのが自然な中で、
ギターの春畑さんは体型も見た目も全然変わってないなーという印象で驚きでした。

そうダーリンに報告したら、「俺と同じじゃない」って自画自賛!?
しかし、とにかく暑かった。

グアムに4日いても日焼けしないで済んだのに、なんで地元でヒリヒリ日焼け??
ちゃんと日焼け止めをぬって行ったのですが、汗で流れてしまったのか、
2時間弱ビーチにいただけでなんだかひりひり・・・。

R40にしたら、暑くても長袖にすべきだったかと反省しましたが
時すでに遅し、です・・・。

あ~TUBE、なんか青春が蘇るな~、
という1日でした。
コメント