アラフィフ×1ライターの日記

できるだけ穏やかに、健康に、年を重ねていきたい。

ごく最近の仕事

2010-02-25 20:04:05 | ライターの仕事など
長引く風邪からようやく復活し、さまざまな仕事が回転しております。
ごく最近の取材について少し。

先日、生まれて初めて(一応本格的な)サッカースタジアムに行ってきました。
行くのも初めてなら観戦するのも初めて。
―と書いて、彼是26年前に通っていた高校が当時サッカーの強豪として知られており一度だけ観たことがあったと今思い出しました。



とはいえ私が通っていたころは次第に弱くなり始めており、
それでも高校サッカーの全国大会?だったのか予選だったのか、
全校挙げて(?)応援に行ったのでありました。

取材当日は、前日まで続いていたぐずついた空模様が嘘のような雲ひとつない晴天。
やっぱり私は晴れ女だわ、という確信をさらに強めたのでありました(笑)。



この日はあるJクラブ(といっても写真見ればすぐわかりそうなものですが^^;)の
昇格記念試合で、スポーツ音痴の私でも知っている元選手が勢ぞろい。
こちらの写真はウォーミングアップ中。
私はピッチの外50mは離れたところにいたでしょうか、
以前カナダやオーストラリアの野生動物取材のために購入した
200mmの望遠レンズが役立ち良かったです。

ちなみにとある元選手が周辺の道路渋滞で遅刻(笑)
ウォーミングアップ途中から合流していました。

中田さんが12年ぶりに古巣でプレーするとあって、
テレビ、新聞、出版社などそうそうたるメディアもロケバスで大勢終結。
ゴール裏のいい位置に立てるメディアとそれ以外のメディアに
立てわけがされているんですが、もちろん私は「それ以外」です(笑)。

一応スタジアムに専用席も用意して頂いていましたが、
ピッチ脇からの写真撮影をしていて一度も座らず、
12時過ぎに到着して、ウォーミングアップ、前半、後半、囲み取材、
インタビュールームでの会見取材と、夕方5時半近くまでほとんど立ちっぱなしでした。

でも、いろいろと勉強になります。
先月の日本人メジャーリーガー取材といい、
あまりこういうメジャーなメディアと一緒に取材することはなかったので。

当日の夜、テレビをつけると早速報道が。
翌朝の朝刊にもモノクロでしたが載っていました。

ちなみにその試合というのは、第一に昇格を祝う試合ということがあるのですが
(だから中田さんが仲間を集めて来てくれた)、
中田さんには1年前に設立した財団の活動の一環として、
先月起きたハイチ大地震の復興に想いを込めたチャリティー的な要素もあったのですが、
テレビも新聞も観る人・読む人が食いつきそうな場面・シーンに絞られ、
ハイチについてはなんの報道もありませんでした。

私は、比較的自由に幅広く書ける媒体のため
そのあたりのことも触れて書きましたが、メディアというのは
取材された側が本当に伝えたいことは必ずしも取り上げない、
何事においてもそうなのかもしれませんが、取り上げるのはほんのごく一部なんですよね。

それが当たり前なのかもしれませんが、私が携わるメディアは
比較的しっかりと書くことができて自分はこっちの方でよかった、と思ったりしました。




話変わって。
ドアツードアで往復6時間、隔月で通っている空港取材に行ってまいりました。
今回は、機内食の衛生管理に携わる方の取材です。

ちなみにこちらはファーストクラスの機内食です。
オードブルでしょうか、作っている途中ですがプリプリの美味しそうなエビがのってます。

ちなみにこの撮影のために、マスク、帽子、白衣を着て、手洗い、
靴の消毒、風による衣服の塵落とし、コロコロによるゴミ落としなど
厳重な入室前のあれこれを経てやっと中に入れます。

取材先の方が、こういう格好だと人の目しか見えないので
最初の頃は人を覚えるのが大変だったといっていました。
普通は顔全体や髪型などを見て覚えたり、認識したりしますが、
確かにこの格好じゃ誰が誰とすぐわかるまでにちょっと苦労しそうです(笑)
逆に私服で外を通りすぎても誰かわからないかもとおっしゃっていました(笑)




こちらの画像は、飛行機から下ろされた食器などを回収、
これから積む機内食を運ぶためにトラックを付ける場所。
細菌やゴミの混入を確実に防ぐために、隙間のないぴっちりした窓のような
四角い枠に接続して、つまり一度も外気にふれることなく積み下ろしの作業が行われるそうです。

機内食というと、美味しいに越したことはありませんが、
空の下の飲食店同様、食中毒を出してしまっては大変なことになります。
そのために影で安全と品質を守る人たちがいるんですね。

美味しさと安全は反比例してしまうものですが
少しでも両立させるため日々尽力している人たちがいる。

それまで未知であったスポーツ取材といい空港周辺の仕事といい、
興味深い仕事をさせて頂けて感謝です。
幸せだな、と思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

縁結び犬とバンクーバーオリンピックの話

2010-02-18 16:57:27 | 日記
久しぶりに晴れ間が覗き、遅い午後から長男・次男の散歩に出かけました。
たまにはしっかり歩かせて疲れさせないと、元気過ぎて困りますから

そういえば先日ダーリンが「この子たちは2人の縁結びだね」と言ってましたが、
考えてみればまさにそうかもしれません。
まだ会う前、ネット上のプロフィールにあった写真とは別人かと思うほど
去年の春に初めて会ったダーリンは、ほっそりスマートで(やつれてて?)、
それは仕事の休憩時間に自宅に戻って掃除、洗濯、長男・次男の散歩、ご飯などなど
毎日毎日やって体重も減り、ほとほと疲れ果て(?)、
「自宅でできる仕事を持っていて長男・次男に寂しい思いをさせない人」を探すために
婚活サイトにプロフィールを登録をしたという。

こう聞くと、相手の女性を好きかどうかというより、とにかく早く
お手伝いさんがほしかっただけじゃないの?と一緒に暮らし始めてから
ダーリンに意地悪く(?)質問したこともあるのですが(笑)、

「それもあるけどそれだけじゃないよ。その上で好みのタイプじゃなきゃいやだし、
おっ○いだって大きい方がいいし」ですと(汗)



こちらが我が家の縁結び犬(笑)
ちなみにこの写真、おそそをして叱られると思って布団の中に逃げ込んだ長男と
その前に立ちはだかって「お願いだからお兄ちゃんを叱らないで」と
訴えているような平和主義者でよくできた次男の図、です。

これじゃーどっちがアニキで弟かわかりませんね





ハナシ変わって、ただいまバンクーバーオリンピックの真っ最中。
注目競技のメダルがほとんど当て外れ?的な悲しい結果が連日続いているジャパンですが、
その中でも、華麗で迫力もある男子フィギュアスケートは個人的にも好きで楽しみな種目です。
画面に映っているのは昨日の男子SPで演技中の小塚崇彦くん。



高橋大輔、織田信成よりも順位は低かったのですが、個人的に
このモンチッチのようなかわいさの中に時折見せる男らしいキリリとしたところがたまらんのです(笑)

私がこの子がいいというと、ダーリン、イケメン&年下好きだからね~とからかうのですが
やっぱり出場選手3人の中で一番好みなんですよね(笑)すっかりオバサン(笑)

いずれにせよ明日のフリーも3人とも実力を出し切って頑張ってほしい。
フランスのジュベールがジャンプをミスして10位発進というのはとても残念ですけど
気を取り直してフリーでは最高の演技をして順位をあげられたらな、とも思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

バレンタインにビーニー

2010-02-16 15:22:11 | 日記
バレンタインの報告を少し。

始めはチョコレートだけにしようと思っていたのですが、
ダーリンが先日に会社で貰って来た義理チョコがあまりに豪華で
(中身は見ていませんが箱の大きさが私が用意したものと同じぐらいあって)、
えーこれじゃあなんか、差が付かないよ~と急きょプレゼントをつけようと思い立ち、
でも何がいいのか、インナーもフレグランスも前にプレゼントしちゃったし、
いまいちピンと来るものがなく困っていたら、たまたまダーリンが、
小雪の中取材に行く私に向かって
「まだまだ寒いし、ニットの帽子があったら帰りに見てきて」と。

よっし!贈り物はニットの帽子に決まり!

でも、駅ビルを見ても、女性のアパレル雑貨のお店しかなく、
しかも春ものに切り替わり、今必要なニット帽などはほとんどなし!

サティやヨーカドーじゃ、庶民的すぎ&ダーリンに似合いそうなおしゃれなものはなさそうで、
でも時間的にあちこち探す時間もない。

とりあえず取材に行くために初めての道を歩いていたら、ムラサキスポーツを発見。
取材帰りにのぞいてみると、スノボなんかのアイテムを扱うだけあって
ニットの帽子がた~っくさん。

ベーシックな黒やグレーなんかのよくある形の帽子が無難??と思いつつ、
おしゃれなダーリンにはちょっと物足りなくないか?と悩むこと数十分。

ちょっと若過ぎかなと思いつつ結局選んだのは、
濃紺の地に水色で波のようなギザギザがデザインされた、
ロングタイプのニット帽。

ニットの帽子のことを今時は「ビーニー」というみたいで。
私全然知らなかったんですけど(汗)

ダーリンにプレゼントしたら、どうやら「BILLABONG(ビラボン)」という
サーフィン&スキー&スノボなどのウェアや雑貨のブランドらしいです。
これも知らなかった(汗)

海の近くに住んでいることもあり、
以前ダーリンもサーフィンをしていたので知っていたみたいです。

ちなみにこちらがラッピングの写真。
若い子向け(?)のショップだけにラッピングも若いです(笑)





そしてこちらがチョコレートの写真。
左が某大手メーカーの義理チョコで、右が私が用意した地元スイーツショップの手作りチョコ。
トリュフと中身が柔らかいプラリネのセットになっています。



食べてみると…やっぱり、違いはありました(!)
私が買ったチョコの方が、一つ一つ繊細で細やかな工夫がある感じ。
といっても、立派には違いない義理チョコでしたが(汗)

とりあえず、そんな感じのバレンタインでした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

おしりが…

2010-02-12 12:11:10 | 日記


こちらの写真は、長男次男が私の仕事用チェアを占領している様子です(^^;)
私が座るところがほとんどないのがおわかりになるかと思います。
密着していると温かいのはいいんですが、
それよりなにより私の大きいお尻がはみ出てしまって座れないんですけど…(汗)

よくみたら、ダーリンがこの前買ってきてくれた座布団(クッション?)が、
長男次男の体の色と同じ色の市松模様だったんだわぁ、なんてほのぼの関心して(笑)
今日も寒いです!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

残念ですが(-_-;)

2010-02-07 14:12:50 | 日記
ふだんすこぶる頑丈、健康な私ですが、ダーリンと一つの掛け布団で二人寝していて
布団の奪い合いに敗れ(笑)、どうやら風邪をひいてしまいました。

風邪5日目の今日はかなり良くなりましたが、実は昨日は何年かぶりという同年代の女4人の鍋パーティーの日。

先月日程が決まってからこの日をとても楽しみにしてきて、
行きたい気持ちはとても大きく、身支度を始めないと約束に間に合わない時間ぎりぎりまで行くべきか行かざるべきか悩んでいましたが、ダーリンからも「顔色も良くないし、無理して行って数時間楽しく過ごしても、この後の仕事だって寝込んだら大変だし、元気な時に会う方がいいと思うよ」の言葉に、やっぱそうだよね・・・と参加を断念。

ちなみにこの4人の内訳というのが

・4年前に結婚し昨年MUJIの家を建てた同業者Yさん
・広告代理店勤務のバツイチ営業ウーマンOちゃん
・都内在住フリーライターをやめて千葉の実家に戻って会社員ライターをしているTちゃん
・バツイチ現在新生活の私

かつては温泉旅行に出かけたりしたものですが、
結婚したり仕事が多忙だったりで、どうしてるかなと思いつつここ数年はとんと疎遠に。
そんななか、久しぶりの企画で、結婚生活を一度体験して失敗し、また新たな生活を始めた自分にとって、同じバツイチOちゃん、結婚5年目のYさんらといろいろ話したいことが結構あったので、本当に楽しみにしてたんです(涙)

欠席連絡のついでに、次回の企画(温泉旅行でも)をみんなで決めておいてね~と伝言しておきました。

正直いえばダーリンとつきあうようになってから、
ダサダサだった自分が結構垢ぬけたので(?)、
そんな自分を古い友達に見てもらって気づいてもらいたかった、という女心もあったりして―

うちのダーリンは、その辺にいる40代男性より身だしなみやおしゃれにとても気を使うタイプで、私の着る服のシルエットや組み合わせ、ヘアスタイル、髪の色などなど付き合い始めのころ(今でも?)よくアドバイスされたりして、少しずつオバサンぽくなくなってきたように思うのですが、ほんの数カ月前の自分の写真を何気なく見て、自分でもすごくダサくてオバサンなのに我ながら驚いた出来事があり、ダーリンの言ってることはこういうことか・・・、確かにドンくさいオバサンだったよーーーと納得したりして。

はいているボトムの太さ、シルエットがこれは酷いと思う姿で・・・。
しっかし、よくダーリンも我慢してたよね・・・。
って我慢できないから私にアドバイスするんだろうけど(笑)

そういえばずいぶん前に「○○(私の名前)改造計画」するからね、とダーリンは宣言していたのでした。

前の結婚生活では、「おいしい」「まずい」も、「それいいね」「それよくないよ」etcetc、とにかくなにも言わない人だったので、気づきようも変えようも変わりようもなかったのかもしれません。

自分のダーリンがまわりの人より素敵なのはうれしい。
ダーリンにしても自分の彼女が少しでも素敵な方がうれしいよね。

歳はとってもやぼったいオバさんにならないようにしたい~。
年上の女性で素敵だなと思うのは、今なら萬田久子かなぁ。
女性としての艶っぽさ、かわいらしさ、品がいっぺんに備わっている気がするので。
同性から見てもまぶしいです、とても。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加