アラフィフ×1ライターの日記

できるだけ穏やかに、健康に、年を重ねていきたい。

仕事の話

2008-05-16 18:28:41 | ライターの仕事など
仕事の入りが順調だ。
って収入は順調じゃないのだけど
月間のフリペでメインライターとして定着しつつあるのと、
同じ制作会社の別媒体からオファーがかかっていること(以前も何度かあったがスケジュールが合わず受けられずにいた)、
訳あって疎遠になっていた某大手エネルギー企業の仕事を引き受けている制作会社から1年半ぶりに連絡をくれ、グループ企業の会社案内の仕事が入ってきたり。

それと、一度目の仕事振りを見てもらわないとなんともいえないけれど、
隔月刊で某公共施設を守る方々のインタビュー取材も、
仕事のクオリティに問題がなければ次回以降も頼まれる気配が濃厚だ。
依頼人からは、初回の依頼時で既に次回以降もできればお願いといわれたのだけど、やっぱり一度納品した仕事(原稿と写真)を見てもらわないと「いいですよ!」と返事をした後でがっくし・・・ってなったらいやだから、
「初回納品を見てもらって問題なければぜひお願いします!」と謙虚過ぎかな?そう伝えたのでありました。

隔月といえば、ブライダル情報のフリペも確実に隔月で入ってくる。
流用や一部修正ぐらいなら自宅で済んじゃいそうですが。

しかしさっきの某公共施設の取材、撮影が屋内になるケースが多い感じで、
しかも“働く人”を撮るので、これまでの旅物取材とは勝手が違うんである。

フラッシュをたくとえらい不自然になるので使わないほうが自然なんだけど、
手ぶれしやすくなる。三脚を使用するほどではない気もするのですが、こういう場合感度を上げて対処すればいいのかしらん??
写真をちゃんとやったことがないから、屋内&人物は不安なんであります―。
別付けのストロボを買って、天井とかにバウンスさせればいいのかなぁ。
カメラマンの人に聞いたら、モノにもよるがストロボって3万ぐらいはするそうな。

PCもメモリ?HDDの空き容量が足りなくて、もっとパワーアップさせきゃいけないし、おまけにCD-ROMの調子がおかしいし、全くどうしたもんでしょね。。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 長かった―。 | トップ | 多忙也。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ライターの仕事など」カテゴリの最新記事