介護タクシー青い鳥のつれづれ日記

東村山市を拠点に「本当に必要な移動サービス」を提供する介護タクシー青い鳥代表の裕さんのつれづれ日記です。

長かったね

2021-03-24 15:54:03 | 私の想い
年明け1月8日発出された緊急事態宣言が3月21日に解除された。長かったですなぁ。でも解除のタイミングも基準もめちゃくちゃ。
自粛疲れで2週間前に一度延長されてから人出は増える一方。解除されてもされなくてももう打つ手がない政府だった。
協力金をもらえた飲食業はまだしも、肝心の医療従事者にはなにもなく、もちろんおいら介護タクシーも何もなし。
この間の売り上げは対前年比50%ほど。幸い3月は病院関係の仕事のみ少し戻ったよ。
今年は異常に暖かく、早くも桜も満開だけど、お花見できるほど感染者は減っていないし変異株も確実に増えていく。
毎日多くの方が亡くなっているのに、花見だ外呑みだ、旅行だと出かける奴の気がしれないわ。
でもちゃっかりお花見ドライブの宣伝をしたが、予約はありません。
コメント

見守り活動

2021-03-10 12:50:00 | 防災
昨年からコロナ過の中で地域の見守り活動に参加してきたが、もう一年たつのになんも活動できずにいる。2か月に一度は会議を開き、交流会を計画するもそのたびにコロナの新患が増えたり、緊急事態宣言が出たりでとまってしまう。本当なら、こんな時期だからこそ安否確認が絶対必要なのにまったく関われないことが歯がゆい。
聞けば社会福祉協議会や包括支援センターの活動も停滞気味だし、ましてや民間の活動は完全にストップ状態。自分一人ならどんな状況でも動けるが、組織となればそうはいかない。また3月21日まで緊急事態宣言が延長された。
コメント

あれから1年

2021-02-17 22:38:13 | 介護タクシー
思い出した。去年の今頃、3か月かけて練りに練った構想のまとめに奮闘していた。発表日は3月1日、何としても間に合わせねばならないと必死になっていた。
無事に発表を終えた次の日に公共の施設は閉鎖され、集会等の活動は一切自粛になった。
あれから1年たったのだな。この一年は毎日コロナのニュースに怯えていたな。
「いつでも、どこでも、安価に使える新たな公共交通」という構想を活動の中心にすえ、いくつかの自治体での説明会を実施、市長にも面談し話を聞いて頂いた。
しかし何も進めていない。一人では難しいので仲間を募り、NPO法人を設立し、市からの業務委託を目論んではいたが、あえなく挫折。
2回目の緊急事態宣言も発令され、解除もひと月伸び、新規感染者が減少しはじめても先行きはまったく見えない。
この事業を最後の大仕事と位置付けたものの、どうやってもモチベーションは下がる一方だ。
あきらめることはないけれど、これ以上活動を続けると逆に多くの方に迷惑がかかりそう。
地元地域の見守り活動を中心に、チャンスがあれば説明会を開催するぐらいで、今はコロナの終息を待つ以外なし。ようやくワクチンの接種も始まった。
コメント

誕生日

2021-01-28 11:14:13 | 人生
ちょっと愚痴をこぼす。今日で62年の人生が終了。つまり明日63回目の誕生日。
こんなに長く生きるはずではなかった。なんてみな、この歳になると想うのかしら。
貯金なし、楽しみなし、女っけなし。あるのは趣味もかなわないほどの腰痛。
あと何年生きるのかなあ。何を楽しみに生きればいいのだろう。コロナ真っ最中だし。
コメント

新年を迎えて

2021-01-18 12:00:14 | 人生
令和3年の年が明けてはや半月が過ぎた。
昨年の大みそかに東京のコロナ感染者が1300名を超え、明けて正月には2,000名を超え、とうとう2回目の緊急事態宣言が発令された。
当然年明けの業務は0。今年は配食業務がないので5年ぶりに元旦を家で過ごした。
毎年年頭には今年一年の考えをまとめるのだが、今年は何もする気がせず、ふて寝して過ごした。
さて今年はいかがな年となるか。昨年末で配食の仕事を引退したため、収入は大幅に減るだろうが、地元ディサービスの送迎業務を契約したので
多少は賄えるだろう。本業は壊滅状態なのでまったくあてにはならないが、細々と継続するしかないだろう。車両メンテの経費がでればよしとしようか。
63歳目前である。体や目の衰えもあることだし、そろそろ本格的に終活すべきなのだろう。母も義母もすっかり手のかかる老女になってしまった。
せめて家族がコロナに感染せず、元気でいられることのみが希望である。年金受け取れる65歳まであと2年となった。
コメント