介護タクシー青い鳥のつれづれ日記

東村山市を拠点に「本当に必要な移動サービス」を提供する介護タクシー青い鳥代表の裕さんのつれづれ日記です。

平成29年度終了

2018-04-01 11:21:24 | 介護タクシー
平成29年度が終了した。純利益だけをみるととても生活できるレベルではなかった。原因はわかっている。病院がらみの仕事を目的とした営業を一切やめたからだ。当然ながら自分を信頼して代行を出していただいた先輩からの業務もなくなった。育ててくれた先輩には申し訳ないが、自分の信念をまげるわけにはいかないのだ。
新年度がスタート。
今年度も青い鳥号のメイン業務は「外出支援」。生活は苦しいけど、大好きだった趣味も辞め、切り詰める。少し淋しい60代ではあるが、お金のためだけに生きることはしないのだ。
正しいと思われる方向で、自分にしかできない支援を継続するため、介護タクシー業務を続けていこう。
人間、明日は何が起きるかわからない。自分が死んだときに納得できる生き方をしていこう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

開業から4年が終了

2018-02-12 10:12:03 | 介護タクシー
介護タクシー青い鳥は開業5周年を迎えた。
うちに代行を依頼してくださる同業先輩諸氏に支えられ、なんとか辞めずにこれた。
開業当初、「3年やって食べれなかったら潔くやめよう」と考えていたがこの度還暦を迎え考え方が柔軟になってきた。
今更人に使われたくもなく、再就職も難しい歳になったし、「嫌な仕事はしない」、「自分のポリシーを曲げてまでも仕事を受けない」と考えると社会貢献度も高く、人に喜んでいただけるこの仕事はやりがいがあると改めて感じさせられる。
開業からのスタンス、「本当に必要とされる外出を支援する」は変更することなく、5年目のスタートを決めた。
1、病院業務を極力減らし、地元中心の外出支援、介護旅行をメインとする。
2、地域限定による買い物難民をサポートする買い物代行サービスを実施
3、介護タクシーならではの仕事を紹介すべく、リクライニング車イスやストレッチャー使用の乗務体験を無償提供する。

これでは十分な売り上げ、利益は望むべくもないが、所詮一人親方では一日の受注量にも限界があるし、70歳定年とすればあと10年間の業務だ。
65歳からはわずかな年金も入るし、見守りを兼ねた夕食の配膳業務も定額な収入である。
無理をせず、きちんと信頼関係が構築できる方、自分を必要としてくださる方を対象にほそぼそとやって行こう。
今年からは、自分が住む町の将来像を描き、高齢者や障がいを抱える方、そのご家族、低所得者でも安心して共生できる街づくりにも積極的に参加していこう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人生最終章の始まり

2018-01-28 11:48:45 | 人生
今日で50歳代が終わる。ちょっと簡単に振り返ってみると、10代・・チンパンジーとの同居から始まり、田舎での幼少時代、学校が遠かった。中学生、初恋といじめに悩む、悪さばかりの高校生、そして過去最高の青春時代の大学生。ここで生涯の友と伴侶に恵まれる。20代・・就職、子育て、引っ越し、島根県浜田市での釣り三昧の生活、初めての家族の危機。30代・・挫折し帰京、再就職、初めての医療関連企業でわき目も振らず仕事漬けの日々、たまには山歩き。40代・・労働組合業務と初の単身赴任、静岡、名古屋で生活、子育ての終了。そして50代・・父との別れ、二度目の帰京、退職、家族で初の沖縄旅行、本格的に野鳥、自然観察にはまる、起業の準備、介護タクシー業務の開始。
子供のころからお人好しでおおよそ金儲けの素質はゼロ、損な役回りしかめぐってこないという性格は一生もの、今後もお金には縁がない人生。趣味はやっぱり釣り、幼少時代のクチボソから始まり、釣り堀でのコイ、野池のマブナ、管理釣り場やダム湖のヘラブナ、海はもっぱら磯釣りでチヌがメイン、名古屋時代には憧れの三重県尾鷲での筏にも通った。
もう一つの趣味は山歩き、国内の名山歩きから入り、高山植物の撮影、バードウォッチングへ、自然環境保護運動もやり、毎月探鳥会に出かけた。
そして今、釣りも山歩きも全部やめて終活にむけて少しづつ片づけをはじめている。
さて、明日還暦を迎えこれからをどう生きるか。今は、ほかの人がやりたがらない「本当に必要な外出支援」を主軸に地域高齢者のサポート業務以外は考えていない。近い将来、自分が介護される時も来るかもしれない。昔で言えば「人生50年」は悪くはなかったと思い、今後は自分に正直に限りなく控えめに静かに時を過ごそうと思っている。まさか還暦を迎えるとは、いやはや人生はわからないものですな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東村山市限定 「買い物代行サービス」を開始

2018-01-18 11:07:41 | 介護タクシー
「買い物代行サービス」の概要です。

買い物代行サービス青い鳥

目的 東村山市内にお住いの買い物難民をサポートいたします。

対象者 原則、東村山市に在住する高齢者及び障がい者
(ご住所等、個人情報の登録が必要となります。)
(病院や施設に入居されている方もOKです。)

利用料金 週1回 4,000円からの定額制 月払い契約制
その月の最後のお買い物日に集金させて頂きます。(振込も可)

利用方法 ご自宅にお伺いいたしますので、買い物をする前日までに必要な商品をメモして頂きます。
翌日、指定されたスーパー等でお買い物(おおよその代金をお預かりします。)
当日、夕方までにご自宅へお届けいたします。
商品の代金を清算いたします。(レシートをお渡しいたします。)

オプション お買い物同行も承ります。
福祉車両による往復料金が発生いたします。(3、040円/30分)

注意事項 指定される場所によって駐車料金が必要になるところがあります。
原則、当日のキャンセルは不可
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

60歳台の始まり

2018-01-04 10:25:11 | 人生
今年は60歳台の始まり。大雑把に人生を振り返ると、10代、卓球と学生時代を堪能、20代、結婚と釣り三昧、30代、医療業界での仕事と登山にはまる、40代、バードウォッチングの日々、50代、退職と起業、すべての趣味を辞める。そして60代、終活と福祉活動が主体の時代となるであろう。若いころ、自分の60歳の姿は想像もできなかったし、まさか生きているとは。もういつ人生が終わってもいいのだが、実はこれからが長いのかな?何に希望を見出し、何を目的に生きればよいのかわからないね。人様に迷惑を掛けぬよう、せめて痴呆症にならないよう祈るばかりだ。人生って何だろうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加