鹿児島:経営コンサルタント/『会議力向上』で組織変革・経営改善をめざす『会議研かごしま』中小企業診断士・津田輝久

クリエイティブな『会議』で、
社員の能力とチームワーク向上を図り、経営目標の達成を目指します。

事業承継。後継者に本当に引き継がないといけないものは?

2018-05-15 06:25:26 | 事業承継
経営コンサルタント・中小企業診断士・経営改善・社員研修

クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

自ら考え、動く組織作りが、企業とメンバーの成長につながります。クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

メンバーのチームワーク・能力が発揮される組織づくりを目指します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします

メルマガ登録はこちら
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつも、お読み頂きありがとうございます。

多くの中小企業で事業承継の時期にきており
国の中小企業施策の充実も図られようとしています。

そこで、最近聞いた
譲る側(創業者等)の声を紹介したいと思います。

いづれもが
我が子を心配するものばかりでした。

・社員と積極的に関わろうとしない

・税務調査を受けたら後継者が数千万円の所得を隠していた

・社員の処遇等に人間味が感じられない

・現場に出ようとしない

・取引先を経済合理性のみで扱う   

・社員や取引先とのコミュニケーションを大事にしない

等です。

多くが創業者が大事にしてきたものを
後継者が引き継いでくれていないというものです。

経営上のテクニックというより
経営に対する思い、理念の範疇です。

後継者がうまくやっていけるかどうか
本当に心配されている方もいらっしゃいます。

△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△

例えば、納税意識についてですが
最初から、納税意識が高い人はいません。

会計事務所に勤務した経験上
創業者の多くがそうでした。

企業の成長にともなって
経営者自身も成長し

脱税が良くないこと
脱税が割に合わないことを理解されます。

永年の経験を通じて
創業者は理解しているのに

後継者も同じ失敗(脱税)を繰り返して
学ぶことが必要か、ということです。

納税に限らず、創業者がカネ(コスト)をかけて
学んだ色々なことがあります。

何か、考えないといけません。

ここで

経営に対する考え方、理念の承継が
必要になってきます。

考え方や理念が継承されないのは
本当の意味が理解されていないからです。

そして、伝えられていないからです。

・なぜ、社員を大事にするのか

・なぜ、現場が大事なのか 等

ただ単に、好き嫌いの問題として
後継者が考えている場合が多い気がします。

これらのことが長い目でみれば
経営にプラスになることが解っていません。

仕事上の技術というものは
見れば解ります。

しかし

考え方や理念は
お互い話さないと解りません、伝わりません。

株式や財産の承継は
専門家に依頼すれば解決します。

経営に対する考えや理念の承継は
創業者や先代の仕事です。

事業承継がうまくいくためには
後継者との真のコミュニケーションが大事です。



そのような組織づくりのためのお知らせがあります。


コチラです。


最後まで、お読み頂きましてありがとうございます。


ご感想をお願いいたします。kaigiken_kagoshima@po2.synapse.ne.jp


人を動かすヒントはコチラから

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします。

メルマガ登録はこちら

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※業種、内容等は、実際の企業のものとは一部異なります。


ホームページアドレス
コチラからお願いします。


メルマガ登録はこちら



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 業務品質向上のお手本・ネタ... | トップ | 「自分中心の考え」が障害と... »

コメントを投稿

事業承継」カテゴリの最新記事