鹿児島:経営コンサルタント/『会議力向上』で組織変革・経営改善をめざす『会議研かごしま』中小企業診断士・津田輝久

クリエイティブな『会議』で、
社員の能力とチームワーク向上を図り、経営目標の達成を目指します。

日大の“不正タックル問題”に学ぶ

2018-06-01 11:40:01 | リーダーシップ
経営コンサルタント・中小企業診断士・経営改善・社員研修

クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

自ら考え、動く組織作りが、企業とメンバーの成長につながります。クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

メンバーのチームワーク・能力が発揮される組織づくりを目指します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします

メルマガ登録はこちら
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつも、お読み頂きありがとうございます。

スッキリとした方向で解決しそうなのが
日大の「不正タックル問題」

当初、監督、コーチと学生間の“乖離”とい言葉で
大学側は解決しようとしました。

これが教育機関か、と思わせるくらいの
コメントでした。

監督と学生間というより
前監督(篠竹)と辞めた内田監督との指導方法の捉え方の“乖離”です。

厳しい指導方法の表面的なところしかみていない。
愛情面でのフォローを見ていない。引き継いでいない。

日大に限らず体育系の部活では
めずらしくありません。

私の娘の高校もそうでした。

試合に勝つことだけが目的。

練習試合にすらださない。
進学校なのに、大学のオープン・キャンパスにも参加させない。

愛情の片鱗も感じさせない。
これが教育の一環か、と思うくらいでした。

監督は勝つことだけしか考えない。
自分の評価は勝つことだけと考えている。

といった感じでした。

感じるのは

・リーダーの重要性(組織の命運を左右する)

・リーダー教育の重要性(学校には仕組みがない)

・組織(チーム)運営の現状がわかる仕組み

が重要に思いました。簡単なことではないですが。


△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△

会社でも、「部下育成」と言われるくらい
新入社員や若い社員に視点が行きがちです。

重要なのは幹部社員(リーダー)の育成です。

どうしても目に見える仕事に視点がいきます。
おのずと年齢の若い社員に目がいきます。

幹部社員にも育つ必要は大いにあります。
学ぶテーマは色々ありますが特に、正しいリーダーシップの取り方です。

幹部社員にこの視点が
欠けているような気がします。

幹部社員の一般社員との話し方、接し方
考え方、行動がメンバーに支持されるか

リーダーシップの在り方でチームが
正しい方向に進むかも重要ですが

チームの生産性に大きく関係しますし
若年者の離職にも関係します。

チームの様子は経営者が直接
一般社員と接することで分かります。

社員の個々の仕事・技術のレベルアップも
重要ですが

幹部社員のリーダーシップの在り方にも
目を配る必要があります。

日大のような“事件”が起こる前に。



そのような組織づくりのためのお知らせがあります。


コチラです。


最後まで、お読み頂きましてありがとうございます。


ご感想をお願いいたします。kaigiken_kagoshima@po2.synapse.ne.jp


人を動かすヒントはコチラから

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします。

メルマガ登録はこちら

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※業種、内容等は、実際の企業のものとは一部異なります。


ホームページアドレス
コチラからお願いします。


メルマガ登録はこちら



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「自分中心の考え」が障害と... | トップ | 飼い犬(社員)は飼い主(経営者... »

コメントを投稿

リーダーシップ」カテゴリの最新記事