鹿児島:経営コンサルタント/『会議力向上』で組織変革・経営改善をめざす『会議研かごしま』中小企業診断士・津田輝久

クリエイティブな『会議』で、
社員の能力とチームワーク向上を図り、経営目標の達成を目指します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

仕事を任せられないのは、経営者・上司のこころの問題?

2017-06-29 10:57:14 | 日記
経営コンサルタント・中小企業診断士・経営改善・社員研修

クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

自ら考え、動く組織作りが、企業とメンバーの成長につながります。

メンバーのチームワーク・能力が発揮される組織づくりを目指します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします

メルマガ登録はこちら
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつも、お読み頂きましてありがとうございます。

今回は、“仕事を任せる”がテーマです。

以前、勤務した会社(社員数30名位の会社)の経営者は
仕事を任せるということに抵抗のない方でした。

私が入社した当時、
経理は年単位で交代していました。

それではいけないと言うことになり私が入社。

会社の実印・通帳をすべて預けられ
入社の日から経理・総務の責任者に。


お客様との交渉も基本、担当者。

給料も各課の利益を元に
各課長が自分はもちろん
メンバーの給料を決めていました。

取引先の子息の結婚式に
当日になって
経営者の代わりに出席させられた社員もいます。

来賓としてのスピーチもあったらしいんですが
何も話せなくて大恥をかいたと
出席した社員が話していました。


いろいろ問題はあったんですが
任せられるということは
それに応えようとするため
やりがいを感じていました。

▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

仕事を任せられない経営者も多いです。

“仕事を任せる”という話をすると
反射的に
“任せられない”という返事が返ってきます。

理解できます。

そこで

今後の話、将来の話、事業承継の話をすると
“任せないといけない”
ということになってきます。

いつかは任せるときがきます。
正しくは
任せざるをえないときが。

そんな話をした後
会うたびに
“〇〇を任せた”という話を聞きます。

前より少しラクになったとも。

任せられない理由もいろいろあると思います。

まず

“任せる”と思うこと、決めることです。

任せるにあたって社員の能力が低ければ
教育をしたり、できるような仕組みをつくるといった
取り組みもできます。

事業を継続する限り
いつかはその時がきます。

仕事を任せられないのは
経営者・上司のこころの問題なのかもしれません。


最後まで、お読み頂きましてありがとうございます。


人を動かすヒントはコチラから

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽


※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします。

メルマガ登録はこちら

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※業種、内容等は、実際の企業のものとは一部異なります。


ホームページアドレス
コチラからお願いします


メルマガ登録はこちら

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 感情の起伏がはげしい社員へ... | トップ | 決まったことが実行されない... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事