鹿児島:経営コンサルタント/『会議力向上』で組織変革・経営改善をめざす『会議研かごしま』中小企業診断士・津田輝久

クリエイティブな『会議』で、
社員の能力とチームワーク向上を図り、経営目標の達成を目指します。

会社を良くする会議は、継続させることが大事!

2018-06-18 16:00:00 | 会議術
経営コンサルタント・中小企業診断士・経営改善・社員研修

クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

自ら考え、動く組織作りが、企業とメンバーの成長につながります。クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

メンバーのチームワーク・能力が発揮される組織づくりを目指します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします

メルマガ登録はこちら
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつも、お読み頂きありがとうございます。

先週、アメリカと北朝鮮の歴史的な首脳会談が
行われました。

会談の成果に対する評価は分かれるところですが
今後継続して会談が行われるかが重要です。

国家間の会談終了後
共同宣言、共同声明が出されます。

共同声明は参加した国の今後の希望
共同宣言は会談した結果決まった事
という風に理解していますが

よく

“今後〇〇については、引き続き協議することで
一致しました。”

という言葉をききます。

国家の要人同士が話合って
その程度の成果か、くらいに考えていました。

しかし

今後、引き続き協議することが大事であることを
痛感します。

継続して協議することが
成果につながるという気がします。

最初から
大きな成果を求めるからうまく行かない。

批判を恐れずに言うと

“拉致被害者を全員帰国させる”
というような。

大事なのは次の会談をいつ行うか
日程を明確にすることです。

話の落としどころは
お互い理解しているはずですから。

また

落としどころの相違があれば
相手に理解させられるし

理解されなければ
交渉が中断することになる。

要は

間を空けずに継続して
話合うことが重要であるということです。

△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△

国家間の話し合いは
そう簡単にいかないかもしれません。



少人数の職場においても
目的をもった話し合いがなされないのも現状です。

話し合い(会議)の重要性を理解しても
継続化ができない会社が多いです。

解決策は

・初回の会議終了後、次回の日程を決める
⇒継続して話合うことで合意する

・次のテーマを明確にする(テーマを多くしない)
⇒多すぎると何も決まらない

等が重要です。

巷では、働き方改革が叫ばれています。

“〇時以降、働いてはいけません”等
禁止事項のオンパレードです。

社内で話合いを持ち
チームの生産性を上げる工夫がなされていません。

そのためにも

最初は成果に乏しくても
継続した話し合い(会議)をすることが重要です。

参加者に自分の仕事について
話し手もらいましょう。

報告だけの会議はやめにして。


そのような組織づくりのためのお知らせがあります。

コチラからお願いします。


ご感想をお願いいたします。
kaigiken_kagoshima@po2.synapse.ne.jp


人を動かすヒントはコチラから

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽


※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします。

メルマガ登録はこちら

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※業種、内容等は、実際の企業のものとは一部異なります。


ホームページアドレス
コチラからお願いします。


メルマガ登録はこちら



ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
« 飼い犬(社員)は飼い主(経営者... | トップ | 社員の退職理由を、相手に求... »

コメントを投稿

会議術」カテゴリの最新記事