鹿児島:経営コンサルタント/『会議力向上』で組織変革・経営改善をめざす『会議研かごしま』中小企業診断士・津田輝久

クリエイティブな『会議』で、
社員の能力とチームワーク向上を図り、経営目標の達成を目指します。

責任者になったら、人が変わった?

2018-04-02 10:19:58 | 人材育成
経営コンサルタント・中小企業診断士・経営改善・社員研修

クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

自ら考え、動く組織作りが、企業とメンバーの成長につながります。クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

メンバーのチームワーク・能力が発揮される組織づくりを目指します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします

メルマガ登録はこちら
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつも、お読み頂きありがとうございます。

今回は、とてもローカルな話です。

新年度になり、いろいろな団体で
歓迎会や総会が行われます。

地域消防団の話なんですが

組織としては、一番の下部組織である分団の
新年度総会に昨日、出席しました。

私も20年近く、消防団やそれに関する団体に所属し
ボランティア活動を行っています。

その分団は、団員数30名の組織ですが
その長である分団長が話していました。

“地位というのは人を変えるんですね”と

その分団長、中学、高校、社会人と
他人に話せるような素行ではなかったといいます。

消防団にはいってもそうです。
先輩団員に思うことズバズバいっていたそうです。

入団後10数年経ち
その元気?を買われ分団長に。

そこで考えたそうです。

組織をまとめるためには
今までの言動、行動ではいけないと。

また

付き合う相手が今までの分団員に加えて
消防局や地域の責任者等に広がったことも

改心させる?理由だったそうです。

具体的には

・分団長としてふさわしい言動・行動をとる

・一人ひとりの団員と話す機会を増やす

・団員の性格等を考慮した役職をつける 等

チームワークが発揮できる組織づくりに
勤めたそうです。

その結果

今まで多かった退団者もいなくなったり

優良分団に選ばれたり

操方大会(操方技術等を競う)でも上位に
入賞するようになったそうです。

学生時代を知る人からも
“昔のおまえではない”

と言われるそうです。


△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△

会社でも

会社を、他人を批判ばかりするうちは
普通の社員です。

管理者ではありません。批判する視点は大事です
問題に気付く能力があるということですから。

重要なのは
どのようにメンバーを導くか、です。

技術的な能力の高さも重要ですが
人をまとめる能力が重要です。

地域でも会社でも。

その能力がないばかりに
閑職に追いやられたり

雇用期間を延長されない人がいます。
本人は、もっと働きたいのに。

会社としても

採用して、技術面をある程度習得したら
管理者としての教育も実施すべきです。

小さな会社には
この視点が欠けているような気がします。

経験年数はあるが
職人の集まりのような会社です。

・管理者としての考えを教える

・管理者だけの会議に参加させる

・責任者にする

等、です。

管理者としての考えができる人の多さが
会社や組織の強さにつながります。


そのような組織づくりのためのお知らせがあります。


コチラです。


最後まで、お読み頂きましてありがとうございます。


ご感想をお願いいたします。kaigiken_kagoshima@po2.synapse.ne.jp


人を動かすヒントはコチラから

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします。

メルマガ登録はこちら

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※業種、内容等は、実際の企業のものとは一部異なります。


ホームページアドレス
コチラからお願いします。


メルマガ登録はこちら



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 功は社員に譲れ? | トップ | 感情的になるから、経営者の... »

コメントを投稿

人材育成」カテゴリの最新記事